2011/05/19 20:42
今日は初夏らしい快晴に誘われて、小学生や幼稚園の社会科見学のようなコースを走った。
走行ルート
走行ルート

丹沢あんぱんでお馴染みのオギノパン、すっかり観光牧場化している服部牧場、なかなかスケールの大きな宮が瀬ダム
円いコースなので同じ道を通らない。それはサイクリングルートとして個人的にとても大切なことだ。
一方で峠は好きな方なのに、多くのサイクリストが好むヤビツはどうも好きになれない。
したがってパス(洒落ではありません)。

自宅から自宅までのドアツードアがおよそ90キロの反時計回りコースだ。
相模川を渡ると基本的に上りだが、適度なアップダウンが織り込まれ、コース全体が濃い緑に縁取られて実に気持ちがいい。

オギノパンの丹沢あんぱんは友達にお勧めして喜ばれた一品だ。
(尤も購入するのはここではなく、たいてい相模湖駅前の販売店だ)
パン工場にはバイクラックが用意されているだけあって、平日なのに二人のローディーがいた。
その二人はそれぞれ先に出たので、写真のバイクラックには僕の自転車だけだ。
オギノパン
オギノパン

服部牧場はとても広く、ウシやウマばかりでなくいろいろな動物がいる。
ヒツジやヤギはもとより、シマウマまでいるのにはびっくりだ。
レストランや土産物販売所まであり、牧場定番のジェラートやソフトクリームの販売にも抜かりがない。
このあたりではすっかり観光名所の趣だ。
今日も幼稚園や小学校の遠足の園児や児童がたくさんいた。
服部牧場1
服部牧場1
服部牧場2
服部牧場2
服部牧場3
服部牧場3

見学者が多いので、牧場の動物たちは人馴れしていて、かなり強引に食べ物をせがむ。
子ヤギ2匹に絡まれて、前に進めない場面もあったり…
子ヤギ
足元にまとわりつく子ヤギ

宮が瀬は何度も訪れたところだが、ダム見学はしたことがない。
大勢でサイクリングに来ると、どうしても走るのが主眼になるので止むを得ない。
宮が瀬ダムは近くで見るとなかなかスケールの大きなダムで、先日訪れた有間ダムは比べ物にならない。
ダムの形式が異なるので単純に比較はできないが…
宮が瀬ダム1
宮が瀬ダム1
宮が瀬ダム2
宮が瀬ダム2
宮が瀬ダム3
宮が瀬ダム3
宮が瀬ダム4
宮が瀬ダム4
スポンサーサイト

2 Comments

  • 大和のイジリ虫 

  • 宮が瀬周辺は私も好きなコースです
    アプローチもし易く、コース展開も広いので一人の時は鳥居原公園でコーラを飲みながら「何処に行こうかなー」なんて考えるのが好きです

    パン工場は立ち寄りには良いですね!
    あんパンジャージは御覧になりましたか?
    隊長は購入しそうな勢いでしたが・・・

    服部牧場は何時も遠足のお子さんが沢山で、何度も行った割りにはジェラートは二回ほどしか食べた事が有りません
    小さな子供には我々のスタイルが新鮮に映る様で「カッコいいなー」なんて言われると、妙にゆっくりと目の前を走ったりして・・・
    どっちが子供が分かりませんね

    バネ指の具合は如何ですか
    走れいる様ですから、きっと大丈夫ですね!
    鈴木さんは少々ハンディーが有るぐらいが丁度良いかと・・・笑い

    私は腰に爆弾を背負っていますが、最近は上手に付き合う事にしました
    先日の山中湖ライドで震撼の扱いが少し分かった気がしました
    私には貴重は収穫の一つでした

    今日は良く晴れて、風も無く、絶好のサイクリング日和ですね
    残念ながら今日は家の用事で走れず、明日から出張です

    それでは、また・・・





  • 2011/05/21 09:48 | URL 
  • shimagnolo 

  • 大和のイジリ虫さん、コメントありがとうございます。

    仰るように宮が瀬周辺はいいですね。ヤビツがあのあたりの中心と考えていたのは、愚かな誤りだと悟りました。ヤビツは宮が瀬のこぶ程度だと思えばいいのでしょうかね(爆)
    改めて宮が瀬周辺を開拓したいと思いました。

    あんぱんジャージは断じて買いません(笑)
    でも焼きたてのパンはうまいですね~。ここもまた行きたいです。

    バネ指は無理せずやや優しく扱って暮らすしかなさそうです。医者にはなるべく行きたくありませんので…

    今日は友達と大江戸ツアー(ただの都内めぐりですが…)を楽しみました。
    飲んだり食ったりしゃべったり…。
    いい一日でした。

  • 2011/05/22 01:35 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/55-723bc70d

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク