2013/11/19 21:31
今日の火曜走行会はN瀬さんに誘われて二人で風張峠です。
今週は連チャンで走りすぎて珍しく膝に軽い違和感が出てました。
ひそかにシップを貼って出かけました。
しかし大抵の場合、走っているうちに違和感は消えてしまいます。
今朝は6時20分に家を出て、やはり待ち合わせ場所までの32㎞を走るうちに収まりました。
00本日の走行ルート
本日の走行ルート:大きなコブが二つ
距離もですが、こんなに上る予定ではありませんでした。(笑)

待ち合わせ場所ではすでにN瀬さんが待っていてくれました。
急いでおにぎりと珈琲で(取り合わせがおかしい)朝ごはんを済ませ、N瀬さんの牽きで風張峠を目指します。

01コンビニ
戸倉のコンビニ
まずは五日市の先の戸倉のセブンイレブンでトイレ&補給の休憩です。
天気がいいのに、下って来るローディー1人に会っただけです。いかに平日とはいえ少ないです。

最初は今日はTTなしでなんて言ってましたが、スタート地点でN瀬さんに「TTしてもいいですよ」と声をかけました。

「前回は初めに飛ばしすぎて失敗したから…」とN瀬さんはかなりスローペースです。膝のことはさておいて抜かしたいと思ったくらい…ゆっくり
しかし今日のN瀬さんはペダリングが軽やかで背後からも余裕が感じられました。

しばらくそんなペースだったので、余裕で後ろにつけました。上川乗までは…

僕にとって、風張峠ヒルクライムの実質的なスタート地点はここ上川乗です。

ここからが本日のN瀬さんがすごかったところです。いつも以上にダンシングを入れながらすいすいと、本当に軽々と上っていくのです。
あれ~、いつもと違うじゃん!
頑張っても一向に距離が縮みません。それどころか背中がどんどん小さくなります。

諦めて自分のペースで何とか登り切りました。

都民の森で自転車をラックに掛けてから自販機の前にいるN瀬さんのところへ言って「速いですねぇ!」というと、「すごい記録が出ちゃいました。1時間0分58秒です!」とN瀬さん。
「え~っ、すごいなぁ。じゃぁドロケさんに報告しなきゃ!」というと、「もう電話しました」だって!
しかし彼は目下北海道で研修中なので、出なかったそうです。
あまりに見事な記録に僕としては賞賛の嵐です!7分近く縮めるってすごいです。
02都民の森の長瀬さん
都民の森のN瀬さん

03都民の森の僕
ついでに僕も…

そうこうするうちにドロケさんから返信がありました。
「すごい記録が出ちゃったんで、つい嬉しくて電話しました」と50代のおじさんが言ってます。こういうのはいいですね。
居合わせた僕もハッピーです。自分のことみたいにうれしいですね。
だって、ついこの間TTで彼に追いついたばかりなんだもの、他人事とは思えません。
しばらく電話で話してから、僕に代わってくれました。
「落車でもしたのかと思いましたよ。ドーピングしたのかなぁw」とドロケさんも笑っています。
彼は仲間から半分は冗談も籠めて師匠と呼ばれています。僕がそう呼ぶのは嫌味なので遠慮してますけどね…
この間彼と話していた時に「みんなが走れるようになってくれるのが一番うれしい!」と言ってましたからね、やっぱり電話ですぐに知らせてあげて正解でした。

都民の森で休憩しながら、後ろから走っていて明らかにいつもと違っていたこと、とてもついていかれなかったことなどをN瀬さんに伝えました。

その後、風張峠までは並走して、いろいろなことを話しながらのんびり登りました。
僕はTTの後の峠までの3㎞が好きです。二人で来ると大抵は並走しながら、大勢の時にはしない話ができます。
ドロケさんと初めて二人で走った時もそうでした。

N瀬さんはダウンヒルで落車してかなり大きなけがをしたことがあるそうです。
以来下りはとても慎重です。見習わないと…
僕はおっちょこちょいで、みんなで来る時には一人だけドロケさんのスピードについていきます。技量が伴わないのだから危ないですね。

04月夜見第一駐車場の長瀬さん
月夜見第一駐車場のN瀬さん
月夜見第一駐車場で写真タイムです。今日は記念日ですからね、N瀬さんの写真はたくさん撮らないとw

05月夜見第一駐車場
月夜見第一駐車場と奥多摩湖

そこからのんきやまでは写真を撮りながらゆるゆると下りました。
06奥多摩湖へ1
紅葉の奥多摩1
07奥多摩湖へ2
紅葉の奥多摩2
08奥多摩湖
紅葉の奥多摩3
09奥多摩湖
紅葉の奥多摩4
10奥多摩湖
紅葉の奥多摩5
11奥多摩湖三頭橋から
紅葉の奥多摩6
12奥多摩湖三頭橋長瀬さん
三頭橋のN瀬さん

13奥多摩湖三頭橋僕
ついでに僕ですが…

14奥多摩湖
紅葉の奥多摩7
15奥多摩湖
紅葉の奥多摩8

N瀬さんを待たせてしまいました。
16のんきやランチ
のんきやでランチ
いつも通りの「チャーシューメンにご飯付のセット」です。
おいしく食べられてしかもお腹が満たされます。人気のほどがわかります。

話に花を咲かせながら楽しくランチを済ませ、いよいよ帰路につきます。

「上りはゆっくり行きますけど、いいですか」とN瀬さん。
「もちろんいいですよ」と何ごともないように答えましたが…「上り?」えっ、何で上り?

のんきやを出て青梅ではなく、もと来た方へ向かうN瀬さん。

「一度上り返してみたかったんですよね」とおっしゃる。
そういえば風張峠から下って来る時に、「逆から(青梅側から)上ったことありますか?」と聞いていました。
僕の意向は聞いてくれないで当たり前のように上り返しです。(笑)
まぁいいですけどね。僕は疲れない人ですから(笑)

今日は火曜走行会のリーダーともいえるドロケさんが留守ですが、火曜走行会の精神は健在です。(笑)
普通の人は奥多摩湖まで下ったら青梅に向かいます。それが正常な姿です。

もうすでに風張峠を越えて100㎞近く走った後に、もう一度風張峠を越えたいという人はこれまで僕の周囲にはいませんでした。
まぁ僕もこういうの嫌いではありませんからいいんですが…

一回も足をつくことなく風張峠を越えて都民の森まで下りました。
トイレと体を温めるものを飲むためです。
ところが行きと違ってすっかり日が陰った都民の森は震える寒さです。

「桧原村の下りは激寒ですよ」とN瀬さんにも覚悟をしてもらって下り始めましたが、いや~、寒いです。
まだこの季節なのに凍えそうです。あと1か月もすると生きた心地がしません。

そのあともう一度コンビニでトイレ&小腹を満たす補給をし、朝待ち合わせた交差点でお別れしました。

N瀬さん、おめでとうございました。
そして前回に続いて190㎞超えの超ロングライド、お疲れさまでした。
今日も本当に楽しかったです。ありがとうございました。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

8 Comments

  • Snufkin 

  • ご同行の方が素晴らしい記録を出されたようですね。自分の事ももちろん嬉しいですが、友人が何かしら達成した時に立ち会えるというのも、また嬉しいものです。

    自分は奥多摩側から風張峠まで登ったことがありますが、こちらの方が斜度は緩めな気がします。ただしずっと登りが続く奥多摩側からの方がヒルクライムという感じでしょうか。。。

    最近は日が落ちるのも早いので、本当に肌寒くなりますよね。早く冬至が過ぎないかと思ったりしていますよ。。。
  • 2013/11/20 00:10 | URL 
  • shimagnolo 

  • > Snufkinさん
    おっしゃるように、同行者が頑張って結果を出すところに立ち会えるのは嬉しいですね。本人よりも僕の方が騒いでどうするんだ!という状況でした。
    実力的に全然及ばない人だとまた違った感慨なのでしょうが、昨日までは一緒だと思っていましたからね。もしかすると僕もまだ行けるか!と思ったりします。実際は無理だとわかってますが、それはそれで(笑)

    それよりも僕が驚いたのは、それだけ頑張ったのに反対側からもう一度峠に向かう気力の方です。どうしてこんな人ばっかり集まっちゃったんでしょうかね(爆)

    日が短くなるのは外で遊ぶ者には困りますが、これも星の運行によって生かされている人間としてはいかんともしがたいですね。冬至が早く過ぎてほしいのは、同感です。
  • 2013/11/20 07:50 | URL 
  • ビアンキサンキ 

  • shimaさん、昨日はお疲れさまでした。
    自己ベスト更新もうれしかったのですが、shimaさんといろいろお話が出来て本当に楽しい1日でした。
    昨日、今迄に無く調子が良かったのは、ここ3週間で848kmを走っております。日頃の鍛錬が実ったものでした。
    ただ、それを継続できないところが、わたしのウィークポイントです。
    調子が良い時は不思議なもので、いつもなら長~く感じる残り1kmの看板からが、ほんとあっという間でした。いつもこうなら良いんですがね。
    また次回もよろしくお願いします。
  • 2013/11/20 08:49 | URL 
  • shimagnolo 

  • > N瀬さん(ビアンキサンキさん)、昨日はお疲れ様でした。
    風張峠TTでは人が変わったかのような見事な走りでしたね。
    ドロケさんと同じ、僕などには手が届かないというか脚の届かない世界に行ってしまったのでしょうか。
    嬉しい反面、ちょっと寂しいかもしれません。(笑)

    わずかな期間の鍛錬があの結果に結びつくところがすごいですね。僕のように年がら年中走っていたら、どこまで速くなるのでしょう!今後も練習を継続してタイムを縮めてください。期待してます。
    メールに頂いたタイムの訂正は、ブログにも反映させていただきますね。
  • 2013/11/20 16:25 | URL 
  • サンキU 

  • ロングライドお疲れ様でした
    まったくすごい記録ですね~同じ時期に始めたのに随分と差がつきました。

    私も頑張りたいところですが手の件もありしばらくは乗れないかもしれません

    復帰の際はまたよろしくお願いします
  • 2013/11/20 16:51 | URL 
  • shimagnolo 

  • > U野さん(サンキUさん)
    U野さんが参加しない火曜日はとても残念です。先週は思わぬ大きな怪我だったにもかかわらず、最後まで頑張り通したんですね。僕たちは程度は軽いものとばかり思って、なんの気遣いもしなかったこと、本当に申し訳ないと思っています。
    そういう事態になっても弱音を吐かないU野さんは、僕の火曜走行にとって欠かせない人ですよ。一日も早く元気になって復活してください。N瀬さんもあんなスピードで駆け上がる人になってしまったので、U野さんがいないのは、その意味でも辛いです。嘘です、衷心よりご両人にはおめでとう&お大事にですよ。(でも、ちょっと本音かも…w)
    自転車がダメなら、たまには六本木に出掛けてドロケさんとランチ&カフェなんてどうですか。僕は多分自転車で行きますけど…
  • 2013/11/20 17:18 | URL 
  • doroke 

  • 正直こんなにタイムを縮めるとは予想していませんでした。
    ドーピングの話は冗談としても、自転車のドーピングに関する本を最近読んでいて、その本のなかで、「最近タイムを大幅に縮めた者はドーピングだ」(Nさんは違いますよ)という話が出ていたので、つい言っちゃいましたw

    でも私と同じくらいのタイムなので、今後追いつ追われつの展開が楽しめそうです。
    早く、shimaさんもこっちに来てください。shimaさんは、我がチームのエースなので。
  • 2013/11/21 19:50 | URL 
  • shimagnolo 

  • > dorokeさん
    ホントにね~、記録を聞いてうれしかったけれど、耳を疑っちゃいましたよ。w

    ドロケさん、冗談は休み休み言うものですよ。僕はそっちに行く前にあっちに行っちゃいますよ。まだ生きていたいですからね~。(笑)

    それにしても師匠と呼んでくれる弟子がこんなに進化するとうれしいでしょ!
    二人で追いつ追われつでも、抜きつ抜かれつでも好きなようにしてくださいな。後ろからGoProで撮影してあげますよ、ほんの一瞬だけでしょうけど。

    N瀬さん、ほんとにすごい!
  • 2013/11/22 01:09 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/541-58e22e61

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク