2011/05/14 19:33
走行ルート
走行ルート

輪行ツアーでは常連のMYさん、その友人のYさん、そして僕の友人で本日が初の山岳ロングライドのKKさんが参加メンバーだ。
しかもKKさんは輪行も今日が初体験。
優しいコースを選んで初体験者を誘ったつもりだったが…

KKさんとは武蔵溝ノ口で待ち合わせ、立川駅で他のメンバーと合流。
そして「特別快速ホリデーおくたま1号」で一路奥多摩駅へ。
この列車は登山する人、トレッキングする人、ランナー、釣り人など、山で遊ぶ人たちでいっぱいだ。
時刻や季節によっては輪行袋の持込が困難なほど込み合う。

本日は新宿から先に乗車したMYさんとYさんが最後部車両に陣取ってくれていたので、難なく輪行袋を持ち込めた。

奥多摩駅の改札口そばの空き地でばたばたと自転車を組み立てる。
他の輪行するサイクリストも含めて、たくさんの人で込み合っている。
駅近のコンビニで軽く腹ごしらえをし、補給食を購入して長い上りに備える。
天気は申し分ない快晴で、暑からず涼し過ぎからずのベストコンディションだ。

Yさんのバックショット
写真嫌いのYさんのバックショット

第一休憩ポイントは奥多摩湖。湖は昨秋以来相変わらずの水枯れで、真夏の渇水期が心配だ。
奥多摩湖到着
奥多摩湖

奥多摩湖が見える間は平坦地で楽なのだが、深山橋を過ぎるとまもなく徐々に上り基調になる。
KKさんは予めコースの勾配グラフを用意して、時々眺めては「30キロを越えたあたりから10%前後の登りが7~8キロ続くんだよなぁ」と心配している。
そんなはずはないので、「大丈夫ですよ!」と言っても半ば信用していない顔つきだ。

丹波村に入るといよいよ山岳サイクリングの様相だ。
ややヘロヘロになっているKKさんを待って、丹波村の道の駅で早めのランチにした。
山の辛いところは坂道を上ることより、うまいものが食えないことだ。
ここも例外ではなく、はっきり言ってろくなものがない。
とりあえずすきっ腹を満たし、KKさんと僕はデザートにソフトクリームを食べた。

丹波村あたり
丹波渓谷を走る

丹波渓谷から一ノ瀬高原下にかけてはだんだん勾配がきつくなり、KKさんは遅れながらも必死にペダルを踏んでいる。
ここまで終始MYさんがKKさんをサポートしてくれているので、僕は先頭を引くことができた。
九十九折れを上る
一ノ瀬高原入り口付近の九十九折れを上る

多摩川源流付近
多摩川源流付近の流れ

峠までいよいよ数キロの地点まで来たので、他の方に先に行ってもらってKKさんと一緒にゴールすることにした。
KKさんは体が大きいだけに、上りでは大きなハンディとなる。
あと一息
あと一息

やりました~! ついに峠に上りきりました。柳沢峠は標高1472m。
奥多摩駅との最大標高差は1147m。
獲得標高は1570m。ということは峠までほとんど下りがないということだ。
KKさんよくがんばりました。無理させてごめんなさい。
柳沢峠
柳沢峠

峠から塩山駅までは圧倒的なダウンヒルコース。
しかしKKさんはウインドブレーカーを携行しなかったので、寒さに震えてダウンヒルを楽しむどころではなかっただろう。
ダウンヒル1
ダウンヒル2
ダウンヒル3

塩山駅から輪行で帰路についた。
みなさん、どうもお疲れ様でした。
スポンサーサイト

4 Comments

  • 大和のイジリ虫 

  • 晴天に恵まれ、新緑が綺麗ですね
    輪行ツアーを楽しむにも、今はきっと良い季節なんでしょうね

    大分登りましたね
    登りっぱなしですね
    登らず居られないようですね
    でも、楽しそうですね!

    今日はご存知のメンバーと三崎へ行ってきました
    久しぶりの三浦方面でした

    お目当てのお店は臨時休業だった様で、近くのビーチバムでランチを楽しみました

    でも、少し食べ足りなくて途中の小さな手作りパン屋さんで買い込んで、荒崎公園でパクパクしながらしばし近況報告など・・・

    今日は空気も澄んで、富士山も綺麗でした


  • 2011/05/15 19:42 | URL 
  • shimagnolo 

  • 大和のイジリ虫さん、コメントありがとうございます。

    不覚にも初心者にはやや厳しいコースを選んでしまいました。同行のKKさんがこれで懲りてしまわないことを祈るばかりです。

    僕も決して登るのが好きなわけではないのですよ。でも、関東近辺では海か山か二者択一です。
    なだらかなアップダウンの高原でもあれば、景色も走りも楽しめるのですが、そうは問屋が卸しません。

    その結果、知らない景色を楽しむために登ってしまいます(笑)
  • 2011/05/15 20:11 | URL   [ 編集 ]
  • kazu kano 

  • Shimagunoloさん、昨日は本当にありがとうございました。ほとんど一人旅でノロノロと坂、坂、坂を登って柳沢峠にたどり着きました。終ってみれば楽しい思い出です。なんでもそうですネー。帰り道同行していただいたMYさん、Yさんと中央線で話しこみ下車駅を通過してしまいお礼も言い忘れてあわてて新宿でおりました。MYさん、Yさんありがとうございました、次回もよろしくお願いします。
  • 2011/05/15 21:52 | URL 
  • shimagnolo 

  • kanoさん、どうもどうもお疲れ様でした。
    いろいろな意味で、「こんなはずではないぞ!」という感想かもしれませんが、いろいろな意味で僕も反省しています。
    次回お誘いするときには、もっとラクでもっと楽しいコースを探しておきます。

    お互い平日は暇な身ですから、時々一緒に走って少しずつ力をつけて、これからも一緒に楽しんでいただける仲間でいてください。
  • 2011/05/15 22:13 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/51-997d0053

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク