2013/09/06 23:45
数日前からkudouさんからロングライドのお誘いをいただいていた。
当初は風張峠の予定だったのだが、天気がイマイチなので逃げ場のないところでにわか雨にやられてもなぁ、ということで変更。

ほかに道志~山中湖~御殿場~乙女峠~箱根…という案もあったが、kudouさんに一任して本日のルートに決定した。
本日の走行ルート
本日の走行ルート

境川の鷺舞橋に7時に待ち合わせ…僕は5~6分遅刻してしまった。毎度のことながら申し訳ない。

気温はさほど高くないのだが、湿度が高めでむっとする朝だ。

なんだか小腹が空いて早速補給休憩だ。

ブログの文字数を節約するためにまめに写真を撮る。しかしわざわざ写真を撮るのに相応しい場所ではないな。
0002コンビニ休憩
最初のコンビニ休憩:kudouさん
kudouさんもよく腹を空かせる人で、僕と二人だと補給のために頻繁に食い物屋(主にコンビニだが)に立ち寄る。

0003コンビニ休憩
最初のコンビニ休憩:僕
kudouさんがしゃがんで下から煽るように取ってくれたので少し背が高く見えるが、脚の短さは隠せない。

箱根湯元からここまでは相当な暑さとだらだらと続く上りでうんざり!
0004箱根コンビニ
箱根小涌園ユネッサン前のコンビニ休憩
あまりの暑さにここで何個のアイスを食べ、何本のドリンクを飲んだだろう…
ここのコンビニに休憩室があることは以前にも書いたが、他に休憩する人もなく、ついついのんびりしがちだ。
しかし今日は冷房が効き過ぎて、汗でびしょびしょになったジャージが冷やされて寒くなってきた。
止む無くリスタートした。

飲んだり食ったりして休憩したら、なんと超元気回復!もう後はいくらでも上れる感じだ。
単なるスロースターターということか…

それにしても、ここを自転車で登るたびに箱根駅伝の山の神たちがいかに優れているか思い知らされる。

0005箱根
国道1号最高地点:kudouさん
気持ちよく登って最高地点!といっても標高は知れている。

0006箱根
国道1号最高地点:僕
1号線で箱根を越える場合、しんどいのは小涌園あたりまでで、そこから最高地点はほんの一息だ。

0008芦ノ湖
芦ノ湖:kudouさん
箱根一帯は曇っているのに、芦ノ湖だけが晴れている。

0009芦ノ湖
芦ノ湖:僕
今日の芦ノ湖の人出は少ないが、中国や韓国からのツーリスらしき人は相変わらず多い。

0010芦ノ湖
芦ノ湖のハヤ
観光客がえさを与えるのだろう。人の気配に寄ってくる。
kudouさんが投げた梅干を食ったのにはたまげた。

芦ノ湖から上り返すこと1.5kmほどで大観山の展望レストハウスだ。
0014大観山
大観山:kudouさん
ここで昼ご飯にした。kudouさんはヘルシーな山かけ蕎麦を注文

0015大観山
大観山:僕
僕はアンヘルシーなカツカレーを注文
いろいろ選ぶこともできないし、単に高カロリーな物が食べたかっただけだ。
ちなみにkudouさんは昨夜のメニューがカレーだったとか。

0016大観山
大観山から芦ノ湖を望む
晴天で空気が澄んでいれば芦ノ湖の向こうに堂々とした富士山が見えるのだが…生憎である。

0018椿ライン
椿ラインを下るkudouさん(小さくて見えない?)
椿ラインはkudouさんご贔屓のヒルクライム & ダウンヒルのコースだ。
勾配が比較的安定しているので走りやすいと言う。

0019椿ライン
雲が垂れ込める椿ライン
確かに勾配がめまぐるしく変化する道はリズムがつかめずに走りにくいものだ。

0021椿ライン
椿ライン:愉しいダウンヒル
その意味では御殿場と箱根を分かつ乙女峠も走りやすい。御殿場側からの登りは出鼻をくじくような10%の勾配で始まるが、やがて6%~7%程度に落ち着いてそれが峠まで続く

0022椿ライン
椿ライン
晴れて空が青ければなかなかの絶景なのだが…、雨に降られなかっただけで良しとしよう。

0025椿ライン
椿ライン:湯河原の町までのダウンヒルロード
BORA 35の下り性能を確かめるべくかなり飛ばした。
主観満載のインプレだが、今日走った感想では多分世間の評価とさほど齟齬がないのではないか……ないといいな。

湯河原からの平坦路はきつかった!
今日は往路は自宅から箱根湯本まで、復路は湯河原から自宅までず~っと平らだ。
上りだって決して強くはないが、延々と続く平らな道を走るのはかなり苦手だ。
同じ筋肉ばかりを酷使するというフィジカルな理由もあるかもしれないが、道に飽きて辛抱できないというメンタル上の問題の方が大きいかもしれない。

よれよれになっていずみ中央の「亜煉路館」に転がりこんだ。
まず熱い珈琲がすごく飲みたかった。そして腹も空いていた。
マスターのKさんにミートスパゲッティを作ってもらい、熱い珈琲を淹れていただいた。
最後にアイスコーヒーをサービスしてくださった。

Kさん、ロングライドの帰りはいつも遅い時刻に駆け込んでご迷惑おかけしてます。
しかもkudouさんと二人連れと決まってます。彼と一緒に少し反省してみます。
でも、僕たちの仲間にとってKさんの「亜煉路館」は第二の我が家みたいになってますので、多少の迷惑には目をつぶってくださいますか。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kudou 

  • shimaさん
    お疲れさまでした

    そしてお付き合い頂き有難うございました
    久しぶりに腹いっぱい走って満腹で御座います

    でも、すぐに腹が減るんです
    お互い困ったもんですね!

    BORA 35はかなり良さそうですね
    椿ラインの下りも淀みなくて、後ろで見てても気持ち良さそうでしたよ
    性能の程は語れませんが気持ち良くて、嬉しくて、楽しいが一番です
    私も昨日は空中分解する事も無く、無事に椿ラインを下れて小さなガッツポーズ!

    風呂から上がって石橋センターのオレンジを食べました
    あの柑橘の香りが今日を記憶させる様な爽やかな香りでした

    では、悶絶ライドのレポートを楽しみにしてます
    ご一緒の方にも宜しくお伝え下さい

    kudouでした!


  • 2013/09/07 08:20 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん、どうもお疲れ様でした。

    お誘いいただいたお陰で楽しい一日でした。
    しかしそれにしても二人揃って疲労困憊のロングライドでしたね。一体何が原因だったのでしょう。200km近く走るのはさほど珍しいことでもないので、原因究明しておかないと…

    BORA 35はともかく、kudouさん手組みのホイールは素晴らしいできのようでよかったですね。自転車という趣味は乗る楽しさ半分いじる楽しさ半分が理想的ですね。その意味では僕は半分未満ということになります。
    僕にとって残り半分をメカいじりで埋めることは不可能なので、走るチャンスやフィールドを広げてkudouさんに近づきたいと思っています。
    そうそう、一番広げなければならないのは一緒に遊んでくれる仲間でした。暇を持て余してあちこち出かけるお陰でそちらのほうも少しずつ広がりつつあります。

    これから一年のうちでもっともツーリングに相応しい季節です。機会があったらまた一緒に走ってくださいね。
  • 2013/09/07 08:54 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/491-2bed4367

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク