2013/08/26 23:59
つまごいパノラマライン~万座温泉:№1へもどる

00本日の走行ルート

24志賀草津道路1
相変わらずモチベーションが上がらずがんばれそうもないのに、雲まで出てきた。
白根山の方には雨でも降っているかのような黒い雲!

25志賀草津道路2
ケーブルの駅にたどり着く。
いつもは大きな空に向かって登るように見えるケーブルカーも心なしか今ひとつさえない。

26志賀草津道路3
亜硫酸ガスの中を進む。
いつも思うのだが、「ここに駐車しないでください。有毒ガスが噴出してますので窓を開けないように」という趣旨の立て看板を見ると、自転車乗りやバイク乗りも人なんですけどと言いたくなる。
まぁ、いいんですけど…

27志賀草津道路4
九十九折れを見ると自転車に乗らない人は「登るの大変そうだねぇ」といってくれるが、実はそうではない。
もちろん箱根の七曲みたいな九十九折れもないわけではないが、一般にストレートの上りのほうがきついケースが多い。

28志賀草津道路5
白根山までこの辺りで半分くらいだろうか。風も涼しくなり、景色にも励まされてようやく走る気になってきた。
よく考えてみれば僕はかなりのスロースターターだ。
いつも50km~60km走ると少し調子が出てくる。
今日のコースでは軽井沢からこの辺りまでで70kmくらいだろう。

29志賀草津道路6
いつ見てもこの緑の谷はいいなぁ!

30志賀草津道路7
草津市街の上空は晴れているらしい。スポットライトを浴びたようにそこだけ明るい。

31志賀草津道路8
不思議なことに坂道は下から見るより上から見下ろす方が急に見える。
こんな錯覚がヒルクライマーを増やしているのかも…なことはないか。

32志賀草津道路9
白根山の噴火活動ではげ山になった火口周辺の山

33白根山1
一応写真を…(乗って走った自転車を記録しておくためにも)

34白根山2
白根山のレストハウスでは必ず珈琲とパンをいただくのだが…
僕は一応珈琲にはうるさいつもりなのだが、実はここの珈琲はおいしい!
消耗しつくした後の一杯だから味覚が過剰に反応している可能性はあるけれど…
結果としておいしいと感じるのだから、それでいいのだ。

35白根山3
弓池周辺の写真を1枚。今日は周囲を散策する人の姿もまばらだ。

36万座道路1
「バカと煙」の喩えではないが、せっかくだからいつも一番高いところへ登りたい。
渋峠をやめて万座方面へ下るのをちょっと躊躇してしまう自分…
しかし諦めて左へハンドルを切って下りにかかった。

37万座道路2
正面には渋峠方面の道路が見える…まだ未練がましく見てる(笑)

38万座温泉1
眼下に見えてきた万座温泉は懐かしい。子供が小さい頃、ここの露天風呂が気に入って万座温泉ホテルと万座プリンスホテルに宿泊したのを思い出す。
万座プリンスの露天風呂には、夜になると餌付けされたタヌキの親子が顔を見せた。
今なら人間のきまぐれによるいい加減な餌付け行為は非難の対象になるだろう。

39万座温泉2
朝の散歩のついでに立ち寄ったこの池も以前のままだ。

40万座道路3
万座道路もまんざらではない。洒落ではなく、いいアップダウンの繰り返しで景色もいい。

41万座道路4
こんな荒々しい裸の山肌があったり…
(これは向かって左側)

42万座道路5
右側もこんな感じだ。

43万座道路6
長野県境に近づくに連れて雲が切れて青空がのぞいてきた。

44万座道路7
しかし快晴は続かない。

45毛無峠分岐
毛無峠への分岐点にきた。通り越したので少し後戻りして撮った写真だ。
写真の正面が白根山方面なのだが、毛無峠は右側に逸れていく方のルートだ。
峠は行き止まりなので、ついでに行く人はいない。
だからこそ是非行ってみたかったのだが、初めての道で夜を迎える危険を考えて思いとどまった。
次回はきっと行ってみたいと思う。

46万座道路8
不思議な天気だ。山から水蒸気というか…つまり雲だな、もくもくと湧き上がり暑い日差しに溶けるように消えていく。

47万座道路9
少し前まで乳白色の雲に覆われて何も見えなかったのだが、しばらく佇んでいるとみるみる雲が消えて彼方の様子が見えてくる。

48万座道路10
山肌がこんな風に美しい斑模様になる光景は夏ならではのものだ。

49万座道路11
山の頂まで上った雲はやがて消え、日差しがもどってくる。
ここが本日見納めの景色だ。

もう一つ気持ちが上向きになれないツーリングだったが、山岳ロングライドはやっぱりいいな。
旅が終わりに近づくと、何があってもまた来たいといつでも思う。

50万座道路12
須坂から万座温泉に向かって登るのはNGだ。道がこんなにきつい!
勾配は平均して10%は優に超える。時々15%近くにもなる。
しかもきついところに限って景色が全然よくない。
今回はここが下りルートでよかった。

後は長野まで走って帰宅するだけだ。

たまたま長野から軽井沢まで直通の鈍行があったので乗ってみた。
長閑でいいのだけれど各駅停車だからね、新幹線なら東京に着いてしまうかと思われるほど時間がかかった。
それでも地方鉄道の鈍行には都会の電車や新幹線にはない人物の風景があって飽きない。

軽井沢からは既に切符が購入してあるので新幹線だ。
これがまた誤算!
長野なら始発駅だから自転車を置くのに苦労することもない。しかも今日の輪行袋はパンダーニ!
ホームで早めに並んで待ったのだが、入ってくる列車を見たら席が埋まってる!
乗り込んだ後の車内放送では、「本日の指定席は全席売り切れです。空いている席も途中からお客様が乗車する可能性がありますのでご注意ください。お客様同士のトラブルを避けるためにも宜しくお願い致します」なんて言ってる。

しかし一番前に並んだお陰で、車両の一番後ろの3列シートのバックに自転車が仕舞えた。
窓側には若い女性が一人!おじさんじゃなくてよかった!と思ったら…
熊谷からおじさんが乗り込んできて間に座った。
ま、それはいいのだけれど、東京までさほど時間はかからないのに何故そんなにまでして座りたかったのかすぐに分かった。

アサヒスーパードライのロング缶と大袋のポテトチップスを取り出して晩酌をはじめた。
ビール好きなら、あのおじさんの気持ちは我がことのようによくわかるのだろうな。

スポンサーサイト

4 Comments

  • Snufkin 

  • やっぱり綺麗な景色ですよね〜。
    同じような所を走っていると飽きることもあるでしょうが、自分自身がこのような所を走った経験が少ないので、走ってみたいですね〜。 輪行用のアルミの自転車にアルテグラのコンポーネントを載せ換えるべく、バラしたのは良いのですが、途中で止まっているので速く作業を進めないと。。。
  • 2013/08/28 21:14 | URL 
  • shimagnolo 

  • > やっぱり綺麗な景色ですよね〜。
    > 同じような所を走っていると飽きることもあるでしょうが、自分自身がこのような所を走った経験が少ないので、走ってみたいですね〜。 輪行用のアルミの自転車にアルテグラのコンポーネントを載せ換えるべく、バラしたのは良いのですが、途中で止まっているので速く作業を進めないと。。。


    Snufkinさん、行ってきましたよ!
    軽井沢を基点にするとコースにいろいろなバリエーションが考えられます。
    僕はいつも北を目指してしまいますが、次回は別なルートを開拓したいと思っています。
    Snufkinも輪行用のバイクを完成させてぜひ走ってみてください。この辺りはヒルクライマーもロングライダーもともに納得させてくれる数少ない地域かもしれません。
    秋ともなれば紅葉の素晴らしさが走りに一層の華を添えてくれます。
  • 2013/08/28 21:40 | URL 
  • shimagnolo 

  • Snufkinさん、すみません。
    HNが呼びつけになってます。いつからそんな偉くなっちゃったんだろう…
  • 2013/08/28 21:44 | URL 
  • Snufkin 

  • いえいえ、気になさらずに(笑)
  • 2013/08/29 07:30 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/482-e0fa90f6

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク