2013/08/17 23:37
前半:東武日光駅~小田代ヶ原~戦場ヶ原~光徳牧場

いつものことだが今回の輪行も昨夜遅くになって決めた。
本当は福島の「ゴールドライン→レイクライン→スカイライン」の三有料道路を走りたかったのだが、帰りが帰省客とバッティングしそうなので日光にしたのだが…

000本日の走行ルート
走行ルート

003東武日光駅
東武日光駅
いつもの始発列車で自宅の駅を出発すると8時25分くらいには東武日光駅に到着する。
お盆休みということもあって、今回は輪行客がとても多い。
駅はクルマ輪行組との待ち合わせ場所になっていて、さらにローディーの数は膨らんだ。

004東照宮下
東照宮下
空は真っ青! 日光も夏真っ盛りの陽気だ。

005朝ごはん
金谷ホテルベーカリー
今朝は朝食抜きの上、普通の電車なので駅弁などを買うことも食べることもできない。
全国的に有名な金谷ホテルのベーカリーでパン3個とフルーツジュースを買って、いろは坂上り口直下の休憩ポイントで立ち食いした。

008黒髪平
黒髪平
避暑地のはずの日光だが、暑い暑い!
大汗を流しながら黒髪平まで上ったが、早くもやる気をなくしてツーリングをやめたい気分…

010明智平
明智平
しかし実際はここから引き返すわけにも行かないので我慢しながら明智平まで登る。
さすがにここまで標高を上げると涼しい。びしょびしょになったジャージの汗も引いていく感じだ。

011男体山
明智平から男体山
明智平から臨む男体山もどことなく秋の風情を漂わせている。

013明智トンネル
明智トンネル
コーラを飲んで気合を入れ直し、中禅寺湖を目指す。
トンネルの中は一層涼しくてこのまま外へ出たくない。

017中禅寺湖
中禅寺湖
さすがに全国有数の避暑地だ。中禅寺湖まで登るとさっきの暑さがうそのようだ。
もう完全に秋。吹き渡る風が爽やかで、下界で猛暑に苦しむ人々を哀れんでしまうほどだ。

019ボートハウス
ボートハウスから中禅寺湖
ここは再建されたボートハウスで、まつわる展示物などがあるようだがそれは素通り。
しかしこんなテラスでひねもす読書なんかしたら、さながら天国の気分だろう。

024金谷ホテルカフェ
金谷ホテルカフェ
ボートハウスの向かいにある金谷ホテル直営の「コーヒーハウス ユーコン」で一休み。
ここを通るたびに寄りたいと思っていたカフェだ。
思うことは誰しも同じらしく、順番待ちの客が並んでいる。

023金谷ホテルカフェ
金谷ホテルカフェ
残念ながらアウトドアテラスの席はいっぱいで、店内でビーフカレーとコーヒーを頼んだ。
多少格式のあるホテル直営とはいえ、ビーフカレーはこの辺りの相場の2倍! でも2倍もうまいわけではない。むしろ普通…
コーヒーも全く普通…

今頃乗鞍岳に登っているか、その周辺にいるはずのドロケさんにメールを打つ。
乗鞍岳に一緒にいかれなかった恨みも少しこもっていたかもしれない。w
程なく返信が来た。火曜走行会の友人二人も大満足の様子だ。
それはそうだろう! 乗鞍岳は最高である!

028龍頭の滝
竜頭の滝
素通りするつもりの竜頭の滝でワンショット! いあわせた方にセルフフォトを撮っていただいたのだが、あまりにアップなので掲載は中止。

035小田代ヶ原
小田代ヶ原へ
少し登ると小田代ヶ原の入り口だ。ここも今日は通過しようと思ったが、通過できない。この湿原は大好きなのだ。
こんなクマが出そうなまっすぐな道を進むと湿原が開ける。

047小田代ヶ原
小田代ヶ原へ
道の傍らには無視して通り過ぎることができないこんな見事な流れがある。
奥日光はもはや自分の庭のようなので、撮る写真も同じようなところばかりで我ながら面白くない。
しかし、目に留まるお気に入りは毎回同じなのである。

037小田代ヶ原
小田代ヶ原1
マイカーが入れないこと、徒歩でたどり着くには時間がかかることなどが幸いしてここはいつ来ても静かでいい。
年老いたハイカーがかわるがわる訪れるだけで、若い人の姿はほとんど見られない。

040小田代ヶ原
小田代ヶ原2
この湿原が湖に変貌した一昨年の夏は本当に幸運な出会いだったと思う。
こうやって間近に眺めてもあのときの映像の記憶に現実感はなく、幻のようだ。

045小田代ヶ原
小田代ヶ原3
あまり時間がないのでそうそうのんびりしてはいられない。
好き放題一箇所にとどまっていると、いつぞやのような危ない夜を迎えることになるので先に進むことにした。

048戦場ヶ原
戦場ヶ原1
戦場ヶ原を吹き渡る風も秋の涼感でいっぱいだ。紅葉の季節になったらまた訪れたいと思う。

051戦場ヶ原
戦場ヶ原2
展望台に行く道で大きなイヌを連れた女性が歩いている。
「レオンベルガーでしょ?」と尋ねると「よくご存知ですね」という。
実は名栗湖のカヌー工房に大好きなレオンベルガーがいるのだ。こっちは勝手に友達だと思っているのだが…
これはちょっとした牛の子供ほどの大きさで、名前に相応しい巨体だ。
今日出会ったレオンベルガーはゴールデンレトリバーより一回り大きいくらい。この種のイヌとしては小ぶりだと言う。

052戦場ヶ原
戦場ヶ原3

056光徳牧場
光徳牧場1
長閑な景色!広い牧場の遠くに牛が集まって草を食んでいる。
ここは写真家に人気のスポットで、紅葉を迎える秋には立派なカメラを携えた老カメラマンがずらりと並ぶ。

058光徳牧場
光徳牧場2
一昨年だったかな、ここを通りかかったときてっきりアイスクリーム休憩をするのだろうと思ったと今でもKKさんから言われる。
そうしたかったのだが、ペースがスローだったので寄れなかったのである。寄らなくても鬼怒川温泉駅につく前に日はとっぷりと暮れていたのだから…

059光徳牧場
光徳牧場3
で、今日はその時の恨みを代わりに晴らしておいた(笑)

奥日光 & 山王峠:№2へ進む


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • doroke 

  • 乗鞍にご一緒できなくて残念でしたが、やっぱり夏は景色が素晴らしいところに涼風在りですね。中禅寺湖もいい感じで・・涼しそうです。
    今年は、十分標高の高いところを満喫いたしましたが、shimaさんはいかがでしたか?
    もちろん、まだまだ夏は続きますが・・・
  • 2013/08/18 09:52 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 乗鞍にご一緒できなくて残念でしたが、やっぱり夏は景色が素晴らしいところに涼風在りですね。中禅寺湖もいい感じで・・涼しそうです。
    > 今年は、十分標高の高いところを満喫いたしましたが、shimaさんはいかがでしたか?
    > もちろん、まだまだ夏は続きますが・・・

    ドロケさん
    今年の夏はなんといっても乗鞍岳ですね。ついこの間、初めて行ったと思ったらもう二度目(笑)
    でもそれほど魅力のあるコースですね。僕も大好きです。あのスケールの大きな山岳ロードは他では味わえません。日本では…ということでしょうが、海外のことは知らないもので。

    奥日光もいいですよ。そこを基点にいくつかのコースが考えられます。やっぱり山を走るロングライド最高ですね。仰るように夏はまだ終わりませんから、秋のベストシーズンが訪れる前にあっちこっち走って脚を鍛えておかなくては!
    機会があったらまたご一緒してください。
  • 2013/08/18 10:51 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/475-852b0d46

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク