fc2ブログ
2013/07/07 20:31
風張峠ツアーで出会って友だちになったHIさんとYSさんが山中湖へサイクリングをすると聞いて参加させていただくことにした。
早朝7時に久保沢交差点で待ち合わせ。時間丁度に着くはずだったが、家を出てから日焼け止めを忘れたことに気づいて引き返した。
その分遅刻をしてしまった。まことに申し訳ございませんでした。

000本日の走行ルート
本日の走行ルート
珍しく同じみちを引き返した。

001道志みち1
道志みち・山中湖へ
走り始めは僕がしんがりを務め、後姿を撮ることにした。

青根のセブンイレブンで最初の補給休憩。いつも通りだ。
買い物を済ませて店の出口に向かうと、「Sさんでしょ!」と声をかけてくださる方。
相手はヘルメットにサングラスだからすぐにはわからない。
後でYSさんが言うには、その時の僕は "え~っ、だれだ~?" みたいな分けわからん顔をしていたらしい。
声をかけてくださった方は、数日前にイトイサイクルで小一時間もお話させていただいたKさんだ。
僕の自転車ADARカラーのC59が停めてあるのを見て、多分そうじゃないかと思ったそうだ。
珍しいペイントの自転車に乗るのも悪くないな!

006道志みち2
大室山登山口1
大室山登山口の吊橋で写真撮影を兼ねて一休みだ。

009道志みち3
大室山登山口2
吊橋入り口には地元で取れた野菜や果物を売る農家の小屋がある。
今日は桃が水に浸けて売られていたので一つ買って食べた。あまり甘くはないが果汁がたっぷりで、こんな猛暑の日中にはたまらない。
YSさんはボディービルをやっていて、もうすぐ大会があるので減量中で食べられない。
初めて会った10ヶ月前は相当なマッチョで、自転車でもヒルクライムは厳しいだろうなと思わせたが、あれから15キロ以上絞ったという。
確かにずっとスマートだ。

ブログを読んでくれているHIさんが「友だちの犬は?」と聞くので、ここからしばらく飛ばして先に行って様子を見ることにした。
みなさん出来の悪い拙ブログをよく読んでいてくださるので、話に齟齬がないようにしないと…
嘘はついてないつもりだが、発言に一貫性を欠いたところがあるもので…要注意だ。

010道志みち4
友だちの犬
件のイヌだが、川向こうで飼い主と何かしている。
口笛を吹くとこちらを見ているようだ。飼い主が「ほら、呼んでるよ!」とでも言ったのだろう。
とことこと橋を渡ってやってきた。賢いものである。僕のことはちゃんと友だちとして認知してくれている。
かつてあれほど激しく吠え立てたのに、今は全くその気配はなく穏やかな顔で見返す。
YSさんが到着する頃には橋の向こうへもどっていってしまった。

012道志四里塚1
道志四里塚1
ここもいつもどおりの休憩ポイントだ。

013道志四里塚2
道志四里塚2
サクラの木々が木陰を作り、バルコニーのような休憩台の下には道志川が流れている。
せっかくだからそれぞれ愛車とともに記念写真をパチリ!

014道志四里塚3
道志四里塚3
ついでに僕も…

山伏峠ヒルクライムをスタートする前に、トイレ休憩と小腹を満たすために道の駅どうしに立ち寄る。
いつになく大混雑だ。クルマ、バイク、ロード…人人人だらけだ。
017道の駅どうし
道の駅どうし
ソフトクリームを食べていると、爆音を響かせるバイクに乗った一団がやってきた。
半端な数ではない。
彼らとはこの後も望まぬ再会を繰り返すことになる。
本人たちはかっこいいと思ってやっているのだから救いようがない。

021山伏峠1
山伏峠1
今日も山伏峠ヒルクライムTTをやってしまった。
しかしスタート時刻を勘違いしたようで、前回とタイムが違いすぎる。もしかしたら前回のタイムは鯖を読んでいた? だとすればもう一度きちんとチャレンジしないと…あまり暑くない日がいいな。

追記:ほぼ同時に道の駅からヒルクライムTTをスタートしたトライアスリート系の40歳代のロード乗りに抜かされないように頑張った。勾配がゆるくなるとヤツは距離を縮めてくる。勾配が急になったところが勝負と見て、少し心拍を上げて引き離す。意外にも頑張れて、頂上近くのきつい勾配ではヤツの姿は完全に視界から消えた!
「どうだ!思い知ったか!!」…とトンネルでヤツの到着を待つ。
ヤツはちらりとこちらを見てそのままトンネルに入っていった。


022山伏峠2
山伏峠2
HIさんが、続いてYSさんが到着! HIさんは昨日の深酒が祟ったと言っている。一方YSさんは思いのほかの健闘である。

026山中湖1
山中湖サイクリングロード1
山中湖は照りつける日差しはやや強いものの、下界ほどの湿度もなく24度くらいで気持ちがいい。
世界遺産登録なった富士山には終始雲がかかり、全容を我々の眼前に晒すことはなかった。

029山中湖2
山中湖サイクリングロード2
サイクリングロードでドラマかなにかの撮影をしていた。
僕はタレントの知識がほとんどないので誰がいたのか全くわからなかったが、けっこう有名な女優がいたらしい。

033山中湖3
山中湖サイクリングロード3
一人ずつ記念写真!
まずHIさん

034山中湖4
山中湖サイクリングロード4
そしてYSさん

035山中湖5
山中湖サイクリングロード5
ついでに僕も

039山中湖6
山中湖蕎麦・やまさと
予定の蕎麦どころ「やまさと」で昼ごはん!
HIさんと僕は替え玉を頼んだが、減量中のYSさんはせいろ1枚だけだ。
目の前のHIさんが「写真!」と言ってくれなければ、また空のせいろを写すところだった。
味は聞かないでください…まずくはないけれど……

044山中湖7
山中湖周遊1
山中湖を一周し、ちょっとしたビューポイントで写真を撮って帰路につくことにした。

047山中湖8
山中湖周遊2
強い日差しの中でシルエットが少し霞む富士山も悪くないが、雪が積もり氷が岸に押し寄せていた冬の山中湖を睥睨する富士山は素晴らしかった!と改めて思う。

052山中湖9
山中湖周遊3
記念写真!最近は景色の写真より人の写真ばかりだな…

道志みちの入り口に「ジョイパティオ山中湖」がある。
夏休みともなるとジェラートを買い求める客が列を作るのだが、今日はがら~んとしている。
店の前にオルベア・オルカが停めてあるので、その並びに僕らの自転車も駐輪した。
僕はジェラートのダブル、HIさんはシングル、減量中のYSさんは珈琲をオーダーしてアウトドア席へ…
053山中湖10
ジョイパティオ山中湖・kenjrosuzuさんと
オルカのオーナーと思しき方が、「もしかしたらイトイサイクルの…」と言葉をかけてくれたので「そうです」と僕…
お話を伺ってみれば、なんとその方こそ、この2年間ず~っと会いたいと思っていたkenjrosuzuさんご本人だった。
「機材としての自転車」「無断掲載&無許可で触って…」などの過去のブログの記事をご覧いただけば、僕が会いたがっていた理由を理解していただけると思う。

kenjrosuzuさんもADARカラーのC59を見て「もしや…」と思ったという。

・ADAR-C59に乗ってこなければ…
・普段はありえない往路と同じ道で帰らなければ…
・kenjrosuzuさんが僕のブログを読んでジョイパティオでジェラートを食べなければ…

この三つのうち一つでも起これば、今日お目にかかることはなかった。本日の出会いは奇跡だ。

※このことを帰りに寄ったイトイサイクルで話したら、kenjrosuzuさんは「毎日ブログを見ているので、他の自転車で来てもわかりますよ!」と仰った。
これまでにも時々ブログにコメントを下さっていた。ありがたいと同時にとても嬉しいのだが、出来の悪いブログであることが却って申し訳ない…
※サイクリング中のYSさんの言葉の端々にも僕のブログの読者であることが感じられて、やはり嬉しくもあるがいい加減なことは書けないぞと思ったのである。

kenjrosuzuさんんもここから道志みちで帰ると仰るので、是非にと誘って一緒に走っていただいた。山伏峠までは僕が牽かせてもらい、その後はほとんどkenjrosuzuさんに先頭を走ってもらった。
054山伏峠帰路1
山伏峠・復路1
まずはkenjrosuzuさん!

056山伏峠帰路2
山伏峠・復路2
つづいてYSさんとHIさん! YSさんなんだか疲れてますか?サングラスをはずした顔が見たい(笑)

061道志みち帰路
道志みち復路
その後はほとんどkenjrosuzuさんに先頭を牽いていただいた。

まずHIさんが城山で離脱、ついでYSさんが橋本で別れ、kenjrosuzuさんと僕はイトイサイクルまで一緒に走り、Uさんも交えて小一時間自転車談義を楽しんだ。

皆さん、本当にお疲れ様でした。
誘ってくれたHIさん、ありがとうございました。また声をかけてくださいね。
初めて一緒に走ったYSさん、予想したよりずっと頑張って走ったので感心しました。ボディービルとロードを両立させているところが立派です。
そしてkenjrosuzuさん、やっとお目にかかれました。今日は本当に奇跡のような一日でした。
あれほど頻繁に出入りしているイトイサイクルではすれ違いの繰り返しだったのに、めったに走れないkenjrosuzuさんが初めて入ったジョイパティオで会えたんですから!
僕が今日に限って同じ道を引き返したのも一緒に走ったYSさんの脚を考えてのことでした。
あれやこれやが重なっての結果でした。
多謝&謝謝です!


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



10 Comments

  • kenjrosuzu 

  • 本日はありがとうございます、偶然に出会ってびっくりでした。Sさんはとてもおおらかで気持ちが大きい人ですね。一緒に走っていて後ろ姿が大きく感じました。
    またご一緒できれば幸いです。写真は隠さなくて大丈夫です。
  • 2013/07/07 21:45 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > 本日はありがとうございます、偶然に出会ってびっくりでした。Sさんはとてもおおらかで気持ちが大きい人ですね。一緒に走っていて後ろ姿が大きく感じました。
    > またご一緒できれば幸いです。写真は隠さなくて大丈夫です。

    こちらこそ本当にありがとうございました。奇跡的なことでした、いや奇跡でした!
    僕は体に比例して気持ちも根性もちっぽけです。そんなに褒められるとこれから自分を偽って頑張らなければならないです(笑)
    本当にまたどこかへご一緒できると嬉しいですね。その時にはバスさんも誘ったら、もっと愉しくなりそうです。
  • 2013/07/07 23:29 | URL 
  • YS 

  • 本日は大変ありがとうございました。いろいろなお話、聞かせていただきましたし、いろんなことをご教示していただきまして、とても参考になりました。
    思えば1年弱ほど前にあの場所でお会いしていなければ、今回の走行は実現していなかったわけで。また相方のHIにもとても感謝しております。

    またひとつ経験値がアップいたしました。
    減量期とかさなって、ちょうどよいランとなりました。
    なにより驚きましたのは、Sさんの体力と速さですね。もう、ただただ脱帽(脱ヘルメット?)でした。
    そんなSさんとご一緒できたのは非常に光栄です。
    次回も、予定が合いましたら、亀走行の私とご一緒してください。

    ありがとうございました。
  • 2013/07/08 00:26 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 本日は大変ありがとうございました。いろいろなお話、聞かせていただきましたし、いろんなことをご教示していただきまして、とても参考になりました。
    > 思えば1年弱ほど前にあの場所でお会いしていなければ、今回の走行は実現していなかったわけで。また相方のHIにもとても感謝しております。
    >
    > またひとつ経験値がアップいたしました。
    > 減量期とかさなって、ちょうどよいランとなりました。
    > なにより驚きましたのは、Sさんの体力と速さですね。もう、ただただ脱帽(脱ヘルメット?)でした。
    > そんなSさんとご一緒できたのは非常に光栄です。
    > 次回も、予定が合いましたら、亀走行の私とご一緒してください。
    >
    > ありがとうございました。

    こちらこそありがとうございました。
    自分の息子と変わらぬ若い人と一緒に楽しめたことで、感謝するのはこちらの方です。
    昨年お目にかかったときの印象が強くて、正直なところきっと坂道はダメなんだろうなと高を括っていました(ゴメンナサイ!)
    でも普段坂道走行をしていないのに、長距離を走る時間がないのに…などと考えると、YSさんの今日の走りは立派だったと思います。センチュリーランかそれに準ずる距離を走りとおしたんですから、自信を持ってください。今後もチャンスがあったら是非ご一緒したいと思います。今日も何度も言いましたが、レースでもない限り自分より速く走る人のペースにはまってはダメです。
    亀走行けっこう!
    無理をして走られるとむしろ誘いづらくなります。遅れることを気にしていては、自転車で人と遊ぶことは出来ませんね。僕は自分より速い人と走るときには最初から居直ってます(笑)
    褒められたことではないですが、仕方ないですよね。
    次回また一緒に走れるのを楽しみにしています。
  • 2013/07/08 00:42 | URL 
  • バス 

  • 暑い中お疲れ様でした!
    僕は早朝に走っただけで暑さに負けました・・・
    もう一人のSさんに会ったんですね!!
    これは本当に奇跡ですねぇ・・・
    是非いずれ一緒に走りに行けると良いなぁ(^^)
  • 2013/07/08 15:36 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > 暑い中お疲れ様でした!
    > 僕は早朝に走っただけで暑さに負けました・・・
    > もう一人のSさんに会ったんですね!!
    > これは本当に奇跡ですねぇ・・・
    > 是非いずれ一緒に走りに行けると良いなぁ(^^)


    バスさん、奇跡的でしょ!
    声をかけられたときには驚きと嬉しさで何がなんだか…(笑)
    山伏峠の向こうは涼しかったんですが、津久井からイトイサイクルまでのR16の暑さといったらありませんでしたよ。背中からジリジリ照りつける日差しはただ事ではなかったです。
    オレンジのC59のお陰で別のイトイサイクルつながりの方からも声をかけていただきました。
    人寄せバイクですね! 同じ意味でCF4も友達を作ってくれました。
    そのうちに一緒に走れるといいですね。
  • 2013/07/08 16:33 | URL 
  • Snufkin777 

  • 山中湖までのロングライドご苦労様でした。
    気の合う仲間と一緒にライドするのは本当に楽しそうですね。そして写真を見るとすでに本格的な「夏」の模様。

    炎天下のライドは体に応えるのでお互いに上手く夏を乗り切りたいですね。
  • 2013/07/08 19:03 | URL 
  • doroke 

  • 猛暑が続いていますが、暑さを全く感じさせない走りです。熱くなかったですか?
    色々な出会いがあり、本当に楽しそうです。
    春に行った山中湖と違い、夏の山中湖もいいですね。冷たいものなんかも美味しそうです。
  • 2013/07/08 21:25 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 山中湖までのロングライドご苦労様でした。
    > 気の合う仲間と一緒にライドするのは本当に楽しそうですね。そして写真を見るとすでに本格的な「夏」の模様。
    >
    > 炎天下のライドは体に応えるのでお互いに上手く夏を乗り切りたいですね。


    Snufkin777さん、コメントありがとうございます。
    今年は猛暑だといわれてますから、水分補給に気をつけないと熱中症の危険もありますね。
    特にヒルクライムは水分はもちろんミネラル分も不足になりがちですから、お互いに気をつけましょう。(特に僕は年ですからw)
    山伏峠を越えると下界のような厳しい暑さはまだありませんでしたよ。
    単独サイクリングも好きですが、仲間と愉しく走るのはやっぱりいいですね。
      
  • 2013/07/08 22:01 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 猛暑が続いていますが、暑さを全く感じさせない走りです。熱くなかったですか?
    > 色々な出会いがあり、本当に楽しそうです。
    > 春に行った山中湖と違い、夏の山中湖もいいですね。冷たいものなんかも美味しそうです。


    ドロケさん、コメントありがとうございます。
    梅雨が明けたと思ったら、一気に猛暑の襲来ですね。
    ローラーでのトレーニングもますます辛いですが、扇風機はちゃんとセットしてくださいね(笑)

    暑いことは暑いですが、最近少し走れて(いるような気がして)ます。
    ローソクが燃え尽きる前の一瞬の閃きだったりしてww
    ま、それは冗談にしておきたいですが…ドロケさんとご一緒させていただいてから、少しまじめに走ってみようかなという気分になってます。
    どうあがいてもこの年ですから、もはや速く走れるようにはなりません。
    しかし(錯覚でもいいのです)自転車生活の新たな地平が見えてくるような気がしています。

    今回は期せずして嬉しい出会いがあってよかったですよ。
  • 2013/07/08 22:16 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/454-347ce6fd

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク