fc2ブログ
2013/05/03 22:40
kudouさんは椿ラインをメインに走るという。
さてどうしよう。椿ラインは好きだが、往復の平坦路の距離が長すぎる。長い平らな道は苦手だ…
で、本日は別行動ということになった。

・秩父駅から程近い羊山公園(基本的にこの手の公園は好きではないが、あまりにも有名なので話の種に!)
・ネットで知った「炭火自家焙煎コーヒー 千茶古」(写真で見る限り、店の雰囲気がよさげ)
・超有名な氷の店「阿佐美冷蔵」(かき氷好きを自認するなら一度は行ってみないと…)
000本日の走行ルート
本日の走行ルート
計画的に実行する時はちゃんと早起きできる。
5時10分にセットしたアラームで起きだして、朝食を食べて支度をチェックして…
出かけたのは結局6時30分頃になった。

001早朝の府中四谷橋
早朝の府中四谷橋
早朝の府中四谷橋は清清しい。(7時をかなりすぎている時刻を早朝というか?)
このまま真正面に見えている山に向かいたい気もあったが、計画通り秩父へ…

多摩サイを早々に外れて新奥多摩街道へ。空いているの走りやすい。
昭島市内に入る頃、kudouさんからメール。既に大磯のコンビニでで補給休憩だという。
途中で6日早朝に待ち合わせるコンビニも確認した。
青梅方面から帰宅する時によく立ち寄るコンビニだった。

東青梅から成木街道に右折すると、ようやく山岳サイクリングらしい景色になってくる。
とりあえずコンビニのにぎりめしでセカンドブレックファスト!(笑)

最初の登りが小沢峠というか小沢トンネルだ。
002小沢峠
小沢峠

成木街道は大好きな道の一つだ。
ある場所は深い木立に囲まれ、また別の場所は崖の下を流れとともに進む。
流れに沿った集落を眺めながら名栗村を抜ければ道の勾配もきつくなり、山伏峠へと続いていく。
008山伏峠登り1
山伏峠上り
GWだけあって、結構な数のローディーが行き交う。
前回の風張峠もそうだったが、普段から走りなれていない人は登りにかかったとたん一気に速度が落ちてしまう。
山伏峠の登りがきつくなると、倒れんばかりの低速で喘ぎながら登っている。
上の写真に写っている人もそうだ。

山伏峠を越え、正丸峠への分岐点を左へ下る。
下りきったところが正丸トンネルの秩父側出口なのだが、R299はものすご~い渋滞だ。
おそらく秩父駅近くまでこの渋滞は続くのだろう…やっぱりそうだった。

道が狭いからオートバイも左側や右側をすり抜けることはできない。
ふふふ…自転車だけなのだよ!こういうときにスイスイ走れるのは!

011武甲山1
武甲山
武甲山が不気味な姿を現すと秩父駅も近い。ほどなく羊山公園だ。

012豚ミソソースカツ丼
早めの昼ごはん
この人出だと昼飯を食いっ逸れそうだったので、羊山公園に入る前に早めのお昼ご飯を済ませた。
この辺りは豚肉の味噌漬けとか、ミソカツ丼などの店が多い。
小鹿野の方には「わらじカツ丼」で有名な店があり、数年前に食べたことがあるが、とく感想と言うほどのことは…

020羊山公園1
羊山公園1
羊山公園は入場料300円也!
写真やTVで見るスケール感とはどこか違う感じだ。
そうか、安物のデジカメでは広角には撮れないからなのか!

022羊山公園2
羊山公園2
話の種になるものは一度は見ておいてもいいかもしれない。

025羊山公園3
羊山公園3
なかなかすごい人出だ。

040羊山公園4
羊山公園4
シバザクラで模様を描いているところがいいの?人の好みはそれぞれだけど…

042千茶古1
炭火自家焙煎コーヒー 千茶古1
早々に引き上げて、近くにある「炭火自家焙煎コーヒー 千茶古」を訪ねる。
アプローチもなかなか雰囲気がいい。

043千茶古2
炭火自家焙煎コーヒー 千茶古2
写真ではよくわからないが、かなり大きな建物でこちらが正面だ。
裏のほうもいい感じだ。

046千茶古3
炭火自家焙煎コーヒー 千茶古3
カウンターの背後には珈琲カップがずらりと並んでいる。「あれで飲みたい!」と指差せばそのカップに注いでくれるのかもしれない。

047千茶古4
炭火自家焙煎コーヒー 千茶古4
室内の暗さもほどよく、窓から差し込む光の具合がいい。
テーブルや椅子も素材感があり、しっかりとした素朴なつくりだ。

珈琲は…薄味でコクが乏しくて残念。

秩父市内を抜け、長瀞を目指す。
こちらはR299のような混雑はなく、秩父盆地の中を気持ちよく走る。
今回初めて気づいたのだが、秩父市はまさに盆地のど真ん中に発達した街、甲府市のスケールを縮めたような街だ。

本日のメインとも言える「阿左美冷蔵 金崎本店」は上長瀞にありR140に面しているはずだったが、うっかり見過ごしてしまったようだ。
道端で草刈をしているおじいさんに尋ねたら、「あそこだよ」と指差し、「ここは裏手だから、もう一度国道に出てからだな」と教えてくれた。
050阿佐美冷蔵本店1
阿左美冷蔵 金崎本店
HPに赤い文字で、ゴールデンウイーク・夏休みなど混雑する日について特別なコメントがあったが、これほどまでとは…
何十人待ちなんだろう!数える気もしないが、ここはウエイティングリストに名前を書いてあとでまた来るという当たり前のシステムをとっていない。
並んで待つのみ!
炎天下にこれじゃぁ、まずいかき氷だってうまくなるさ!(と毒づく…)

諦めかけたが…「まてよ、もう一軒あるじゃないか!」というわけで、寶登山道店まで行くことにした。
こちらは長瀞の観光名所のど真ん中にある。

052阿佐美冷蔵支店1
阿左美冷蔵 寶登山道店1
こちらも20人ほどの行列ができている。写真だけ撮って移動しようとしたが、順番待ちの客が捌けていくペースがなかなか速い。
自転車を停めて並ぶことにした。

053阿佐美冷蔵支店2
阿左美冷蔵 寶登山道店2
すぐ後の一組の家族(おばあさん、娘、孫の三世代)が、熊谷から来たという。
熊谷の「慈げん」を知ってるかというと、40年も住んでるけど知らないとの返事。
是非に、とすすめておいた。

055阿佐美冷蔵支店3
阿左美冷蔵 寶登山道店3
本店と違って近代的な建物で、中も広く客席数も多い。道理で早く捌けるわけだ。

059阿佐美冷蔵支店4
阿左美冷蔵 寶登山道店4
で肝心なかき氷はメニューの一番上にあるおすすめ風の「蔵元秘伝みつ(四国和三盆糖)」にした。
値段も他のよりひときわ高い、といったってわずか200~300円だけど…
ミルクは頼まなくてもテーブルに置いてあって好きなだけかけられる。
蜜をかけないで食べたら、味しない…あたりまえか。

061阿佐美冷蔵支店5
阿左美冷蔵 寶登山道店5
秘伝の何とかをたっぷりかけて味わい、次にミルクもたして…
どうなんだろうね、これだけ有名店でこんなにわんさか客が押しかけている理由ってナンだろう?
次々捌くから丁寧な準備はできないのかもしれないが、氷のかき具合は全く普通。
少し経つと器の中でびしょびしょになってしまうのも…
秘伝だかなんだか知らないが、さほどには…

結論としては、「埜庵」や「慈げん」の方に軍配を挙げたい。
わざわざ来るんじゃなかったとは思わないが、だって目的はサイクリングだから…

今日は三連発のハズレだ。
羊山公園は期待しなかったとはいえ、それ以下!
珈琲の味の薄さは論外!
かき氷は「埜庵」と「慈げん」でいい!

067長瀞・岩畳1
長瀞・岩畳1
せっかくだから長瀞の岩畳でGWらしい人波を見学してきた。
混雑!大混雑だ!

069長瀞・岩畳2
長瀞・岩畳2
舟下りに乗船を待つ長い列ができている。相変わらずの日本の祝日の風景だ。


071長瀞・岩畳3
長瀞・岩畳3
でも気持ちよさそ~!並んで乗れてよかったね!

076長瀞・岩畳4
長瀞・岩畳4
対岸ではカヌー教室の子どもが岩から飛び込む訓練?をしている。
次々飛び込むと大きな歓声が沸き起こる。

077長瀞・岩畳5
長瀞・岩畳5

079長瀞・上流1
長瀞・上流
秩父地方は一日いい天気で、雨上がりの空の青さが印象的だった。

083多摩湖の夕景
多摩湖の夕景
多摩湖に戻った頃には日が西に傾いてきた。
穏やかな天気のいい一日だった。

本日の予定はこんなはずではなかった。
寄居から八高線に乗るとか、明覚あたりまで走って白石峠を越えるというプランもあった…
どこからでも輪行できるように八高線沿いに走ったのだが、結局そのまま自走帰宅となった。
久し振りに200kmを超えるロングライドとなった。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



2 Comments

  • chezyuta 

  • こんばんは。頂いたコメントから来ました。
    実は僕も日本にいた時、ロード乗ってました。(まだロード歴2年位ですが)
    そしてルートラボの画像を拝見した所、かなりご近所なようでビックリしました。
    峠込みの200kmオーバー凄いですね!僕はまだ1日で150km位までしか走った事ないで未知の世界です。
    1年ロード乗れないので、これからもブログ楽しく読ませて頂きます!
  • 2013/05/05 02:21 | URL 
  • shimagnolo 

  • > こんばんは。頂いたコメントから来ました。
    > 実は僕も日本にいた時、ロード乗ってました。(まだロード歴2年位ですが)
    > そしてルートラボの画像を拝見した所、かなりご近所なようでビックリしました。
    > 峠込みの200kmオーバー凄いですね!僕はまだ1日で150km位までしか走った事ないで未知の世界です。
    > 1年ロード乗れないので、これからもブログ楽しく読ませて頂きます!

    いやぁ~、コメントありがとうございます。
    アフリカからいただけるなんて、仲間に自慢しないと(笑)
    おまけにご近所さんでしたか、世の中せまいですね。
    しかもローディーだったとは嬉しいですね。

    そちらの気候はどうなんでしょうか?
    少なくとも日本とはかなり異なる気象環境でしょうから、くれぐれも健康に留意して元気にご活躍ください。
  • 2013/05/05 05:52 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/408-6542aa64

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク