fc2ブログ
2013/04/28 23:31
ちょっと頑張ろうかなと風張峠を目指した。
とは言うものの、ぜんぜん頑張らない。
マイペースで楽しく走るのが流儀だから…ではなくて、上り坂で頑張る根性がないだけのこと。

000本日の走行ルート
本日の走行ルート

001府中四谷橋から
府中四谷橋から
今日は行く気満々だが、行く気がないときでもここから奥多摩の山々が見えるとついついそっちへ向かってしまう。
条件反射か?僕はパブロフの犬なみだな。

GWしか走らないライダーのことをゴールデンライダーと揶揄したドロケさんではないが、今日は風張峠に向かうライダーも普段あまり走りそうもない未体験組や今年初組などが多いようだ。
いつもは抜かされる一方だが、今日は気持ちいいほど追い抜いた!
峠に慣れない人を追い抜いて喜んでもな…

002奥多摩周遊道路1
檜原街道上り1
檜原街道を登っていくと、山々の落葉樹は優しい若葉の季節を迎えている。
風にそよぐと葉の裏が白く光っている。
しかし景色がよくなるのに比例して勾配もきつくなる。
この辺りまで来るとあっちでもこっちでもゴールデンライダーたちがへばっていた。
自転車を放り出して座り込んだり、痙攣した脚をさすったり!
覚えがあるなぁ…

003奥多摩周遊道路2
檜原街道上り2
今は先に見える上りのカーブを見ても心は折れなくなったが、峠になれない頃は見ただけで無力感に襲われたものだ。
歳をとっても時間をかけさえすれば少しずつでも進歩するものらしい。

004奥多摩周遊道路3
奥多摩周遊道路上り1
「こういう看板立てるなよ!」と理不尽な怒りに駆られたこともあった。
今だって不調な時は前方に続く道の勾配など知らせて欲しくない…そういう時もある。

005奥多摩周遊道路4
奥多摩周遊道路上り2
散り残った山桜が奥多摩の山の斜面に彩りを添えている。こういう景色を見ると、心拍を上げ息をきらせながら登ってきてよかったいつも思う。

007奥多摩周遊道路5
奥多摩周遊道路上り3
空が高い!空の青さが濃い!空の透明度も高い!
さっき抜いてきたローディーも頑張って登ってきた。
普段何の感慨も持たない他の自転車仲間にも、こういう苦しい山岳サイクリングのときは仲間意識や親近感が湧くものだ。
僕より苦しげなライダーには、"がんばれよ!"とエールを送りたくなる。

006都民の森1
都民の森1
今日は事故が頻発したらしく、檜原街道は救急車や消防車がひっきりなしに走っていた。
都民の森の入り口にも…
事故ではなく、桧原街道を走るライダーたちへ警察が啓発活動をしていた。

009黒バイ
都民の森2:黒バイ
"あれっ、クロい白バイってあるの?"
黒いから白バイではなく黒バイというのだろうか?
そばにいたライダーのお兄ちゃんが説明してくれた。「これは黒バイって言うんで、夜なんかに暴走族を取り締まるのに使われるんですよ!」
なるほどね、夜中に白バイじゃぁ目立ちすぎておバカな暴走族にもそれとわかってしまうわけだ。

011バイクラック
今日のバイクラック
都民の森の駐車場は終始満車で、オートバイの数も半端ではなく、ロードの数も半端ではない。
いつもは寂しいバイクラックも今日は満輪?状態だ。
こんなに混雑するのはGWと8月のお盆休みくらいなものだ。

ゴールデンライダーたちのグループは口々に激坂を呪っていた。(笑)
A:「あと4kmって表示があったときは嬉しかったよな」
B:「え~っ、俺なんかまだ4kmもあるのかよ~って」
C:「あと1kmの表示を見た時はやっとだよ!と思ったぜ」
D:「脚が攣ってもうダメになりかけてたのにまだ1kmもか。ふざけんなよ」
でも一様にやったぜ!みたいな満足感で顔が輝いている。
気持ちはわかる。
数馬の湯でドリンク補給をして走り出すといきなり激坂が待ち構えている。
そしてそこに「都民の森まで4km」の表示だ。
4kmといえば普通に歩いて1時間の距離だと誰もが知っている。初めての登坂なら、そりゃ凹むよ。
それを過ぎると今度は「勾配10%」の案内板!
こんな風に追い討ちをかけられて初心者はヘロヘロになり、飛ぶように登っていくヒルクライマーがまぢで神のように見えたりする。

そんなことを繰り返しながら、だれもが坂道の魔力にはまっていくのだ。

012引き返し1
奥多摩周遊道路下り1
今日は風張峠を越えて松姫峠~大月回りで帰るつもりだった。
ところがフロントライトのブラケットの台座のネジが緩んでブラブラで使い物にならない。
先日のライトレス闇夜走行の恐怖を思い出して、しぶしぶ引き返すことにした。

016引き返し2
奥多摩周遊道路下り2
一部舗装が新しくなって、滑るように走る。そういえば前回・前々回走ったときには片側交互通行をしていたっけ…


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



4 Comments

  • dankaiseinen 

  • 本当に月一ペースで風張峠を走っているんですね。休日だとオートバイやスポーツカーが多かったんではないでしょうか。危ないオートバイが嫌で平日にしか行かないようにしています。 それにしてもラックに吊るされたバイクの多いこと。 歳をとると瞬発力は衰えますが練習で持久力は伸びる気がしています。
  • 2013/04/29 23:33 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 本当に月一ペースで風張峠を走っているんですね。休日だとオートバイやスポーツカーが多かったんではないでしょうか。危ないオートバイが嫌で平日にしか行かないようにしています。 それにしてもラックに吊るされたバイクの多いこと。 歳をとると瞬発力は衰えますが練習で持久力は伸びる気がしています。

    コメントありがとうございます。
    月一には拘らないのですが、自走で行けるところは行き尽くし、同じようなところに行くしかないのが本当のところです。(笑)
    そろそろ輪行シーズンなので、長野、栃木、群馬などを検討中です。
    檜原街道ですが、不思議なことにクルマやオートバイはさほど多くなかったんですよ。すでに現地に着いていて駐車場だけが満車という感じでした。
    瞬発力と持久力のお話、全く同感です。先日ランナーの方にそのことをお話したら、ランニングでも全く同じことが言えるそうです。
    ケイリン=短距離走=若者、ロングライド=マラソン=中高年も可ということでしょうか。
    我々の年齢ですとタイムを競うレースは参加することに意義ありですが、ロングライドやブルベに活路が見出せそうですね。
  • 2013/04/30 00:21 | URL 
  • doroke 

  • 今日風張峠走ってきました。残念ながら(いやどうでもいいが)ローディーは誰もいませんでした。
    初心者の時苦しかったところ、確かにあの10%の看板はきつい。あと同じようなワインディングの上りはきつかったです・・まてよ、いまでも死ぬほどきついんだけど・・・・

    でもその初心者のローディーの中の一人だけでも、ずっと自転車を続けてくれればうれしいなあ・・・

    6日の柳沢峠よろしくお願いします。
  • 2013/04/30 21:07 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 今日風張峠走ってきました。残念ながら(いやどうでもいいが)ローディーは誰もいませんでした。
    > 初心者の時苦しかったところ、確かにあの10%の看板はきつい。あと同じようなワインディングの上りはきつかったです・・まてよ、いまでも死ぬほどきついんだけど・・・・
    >
    > でもその初心者のローディーの中の一人だけでも、ずっと自転車を続けてくれればうれしいなあ・・・
    >
    > 6日の柳沢峠よろしくお願いします。

    今日は生憎の天気だったこともあって、寂しいヒルクライムになりましたね。
    雨には降られなかったんでしょうか?
    奥多摩周遊道路のあちこちにある10%や9%の看板は自転車乗りにはいりませんね。(笑)
    あれはクルマのためのものでしょ。

    登りはきついですが、ベテランもビギナーも区別なく懸命に登る姿はいいですね。
    修行僧ののように無念無想で淡々と走る横顔は、時に感動的でさえあります。
    あっ、本物でしたね!
    冗談はさておき、普段はちゃらい顔をした若者が哲学者のような顔に変貌するのを見ると、やっぱり峠はいいと思います。

    6日はこちらこそよろしくお願い致します。初めてお目にかかる方たちに迷惑をかけないといいですが…
  • 2013/04/30 21:40 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/405-f7feb059

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク