2013/04/25 16:27
石かわ珈琲で教えていただいた藤沢の「ひら井」にやっと行くことができた。
蕎麦の名店ということらしい。

本日の走行ルート
本日の走行ルート

大通りから曲がった狭い道に面したマンションの一階にある。
到着したのが11時20分を回った頃だった(ようだ)。入り口にはシャッターが下りている。
早すぎた時刻を自覚しないで、" ああ、今日はお休みなのか… "と写真だけ撮って帰りかけると、プリントアウトした紙を片手にした女性がやってきた。
「ああ、あったわよ!」と叫んでいる。連れの男性と別々に店を探していたようだ。
GPSの時計を見ると11時半少し前だ。まもなくシャッターが上がって、店の人が暖簾を提げて中に消えた。
ひら井0
ひら井・正面

自転車をフェンスにつなぎとめて店に入っていくと、店の若いほうの方が人差し指で僕の方を指している。
「???」なんだかわからない。もう一度人差し指を向けるので…"えっ、なになに"…
入り口の引き戸を開けっ放しにした?と振り返って見るがちゃんと閉まっている。
ようやく相手もこちらの事情を察して、ささやくような小声で「お一人ですか?」
"それならそうと早く言ってくれよ。人差し指は立てないと1にはならないし…"
一人である旨伝えると、「ではカウンターにどうぞ」

なんだか初っ端からややこしいことになった。

店内はカウンター席が6人で4人掛けのテーブルが3つだけ。カウンターは10cmほどの厚みのムク板が見事だ。壁や天井の色のトーンの趣味もいい。
暖簾もありがちな藍に白の染め抜きだったりせず、カーキ色の割としっかりした無地の布だ。
店内入り口にはイサム・ノグチの和紙の行灯が置いてある。
ひら井1
店内・カウンター席

ひら井2
店内テーブル席
おいしい蕎麦茶を飲みながら注文の品を検討する。
値段は普通だ。評判の店だが高くない。
僕にとって定番の、「天もりそばの大盛」をオーダーした。蕎麦の味はもちろんだが、天麩羅は同じくらい大事なので、初めての店では天ざるか天もりだ。

まず天麩羅が運ばれてきた。
ひら井3
天麩羅
もちろん揚げたて熱々だ。どんな油を使っているのか初めてなので聞けずじまいだったが、ごま油で揚げた香ばしくもやや濃厚な天麩羅とは違う。
実に軽くて、さくさくとあっさりしている。
蕎麦の引き立て役として主張しすぎない天麩羅はいいと思う。
いやいや、実に美味いです!

まもなく蕎麦が運ばれてきた。
ひら井4
蕎麦
つゆをつけずに食べてみた。蕎麦はほどよい歯ごたえでほのかに甘い。見た目は更科のように上品に白いだけではなく、蕎麦特有の黒い粒々がある。
しかし細く切られた蕎麦はするりとした喉越しで、田舎蕎麦のようなザラザラ感は皆無だ。
最近食べた中ではかなり美味い蕎麦かもしれない。

つゆのダシは上品で濃厚過ぎない。鰹節の香りと旨みが絶妙だ。
蕎麦湯で割った時の味と香りはとりわけ素晴らしい。

蕎麦通の人には是非いちど賞味していただきたい。

今日はそれなりの距離を走ろうと思って出てきたのだが、蕎麦で満足するあまり先に進む気が失せた。亜煉路館で珈琲ブレイクをして帰宅した。

家の鍵を庭のある場所に隠して出かけたのでそれを取りに行きながら、"今年は鳴き声が聞こえなかったから、大丈夫だろう…"と池を覗いたら、「いる~っ!」
放置したらわが家はヒキガエルだらけになってしまう。
オタマジャクシはLP盤ほどの直径で、黒くて丸い塊になってじっとしている。
網で一網打尽にして池の縁にぶちまけた…ああ、今年も殺生をしてしまった。
卵のうちに処分したって殺生には違いないが、時が経てばたつほど殺生の罪悪感は強くなる。
「ごめんなさい!」と毎年心の中でつぶやくのだが…


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/402-b729c172

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク