2013/04/16 15:24
C59 はフルカーボンサドルで新車スタートし、お尻が痛くなることもなく、色の薄いレーパンにサドルの汚れが移ることもなくて気に入っていたのだが…

それが下の写真のサドルだ。最軽量の100g

old1.jpg
TRIGON FULL CARBON1

レールからサドルトップまで実に薄くて、1mmでもシートポストを延ばしたい向きには(他ならぬ僕のことだが…)願ってもない。

old2.jpg
TRIGON FULL CARBON1

ところが先日、グループ走で初めてお尻の痛みというか不快感を経験した。新車購入以来、ある程度のトルクをかけて走り続けている限りお尻が痛むことは全くなかったのだが…
普段一人で走るときはせっかちな性格ゆえにペダルを回し続けている。だから問題が発生しなかっただけなのであろう。
しかしいつもペダルを回し続けていられるわけでもない。そういうシチュエーションを考慮して、ほんの少しだけクッションのあるサドルに変更したみた。
それが下の写真にあるサドルだ。重量は20g増加で120g

new1.jpg
selle ITALIA "SLR KIT CARBONIO FLOW"1

new2.jpg
selle ITALIA "SLR KIT CARBONIO FLOW"2

新しいサドルがとても具合がいいことをLINEでUさんに伝えると、その返事に「カーボンサドルの出番がなくなりますね!」
確かにそんな予感がする。レースにエントリーする時はフルカーボンサドルで、といいたいところだがレースに出る力も根性もないし…

新しいサドルは前半分が細めなのでとても脚を回しやすい。しかも軽量なのでフルカーボンから乗り換えても違和感がなく、ダンシングでバイクを振っても気持ちがいい。
これまでもselle ITALIA SLR KIT CARBONIOが気に入って何台も使ったことがある。今回のselle ITALIA "SLR KIT CARBONIO FLOW"は、穴開きでFLOWタイプという点だけの違いなのですぐに馴染むことができた。
次回のロングライドで本格的に試してみたい。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/398-623b98d9

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク