FC2ブログ
2013/04/06 16:02
自転車に出会うまではほとんど無趣味だったので他の遊びのことはわからないが…

これまでを振り返ってみると自転車生活がはっきりといくつかの時期に分けられる。

【エントリー期】
すごく高価な物(最初のロードバイクがCOLNAGO C40)を買っちゃったのに、ぜんぜん愉しくなくて困り果てたエントリー期
それでも少しずつ走れるようになり、なんとか一日に100kmくらいはこなせるようになった。
まさに黎明期とも言える頃だ。
今となれば笑える話だが、C40にフラットペダルとスニーカーで乗っていたのだ。
まずめったにお目にかかれないスタイルだ。

【第二期】
仲間ができて、その中心になる人の言うとおりにその背後だけをひたすら走っていた第二期
主体性もなく、そのことに一切疑問も持たなかった。だから自転車に関して何の解決力も知識も身につかなかった。
しかしこの時期に知り合った仲間と今もおつき合いが続いているのは大きな財産だ。

【第三期】
そのグループがばらけて解散同様になり、メンバーそれぞれが自分のスタイルを求めはじめた頃、
同年輩の人と知り合って(というより声をかけさせていただいてお付き合いが始まって)、年に一度か二度の輪行お泊りツーリングをするようになった第三期
(その意味では二期と三期は一時期重複していた)
琵琶一、阿蘇周遊、乗鞍&高山、裏磐梯周遊、京都&奈良…数え切れない思い出がある。
この時期に自転車とのかかわりが深まって、何ものにも代えがたい遊びになった。

【第四期】
同年輩の勇気ある方(単なる無謀とも言う)の影響で、自分でコースを決め、道の先を見つめながら一人でどこでも夜中でも走れるようになった:これが第四期
それまでは人の後姿が見えないと走れなかったのだから、思えばこれが僕の自転車ライフにおける"自立の季節"だった。
機材としてのバイクにも俄然興味が湧いてきて、この頃から徐々に自転車生活はエコノミーではなくなってきた。
時期を同じくして今の水曜ライドのメンバーに出会って、ツーリングカフェライダーとしての楽しみも教わった。お泊りツーリングにも何度も参加させてもらった。
若い彼らと付き合うようになって機材に対する興味と関心はますます高まって、"初期投資だけで済むんだから高級車だって安いもの!"という言い訳は根拠を失った。

【そして現在~将来】
おそらく今がこれまでで一番自転車熱が高まっている…かもしれない。
最初のロードを買ったバイクショップに足繁く出入りするようになったのもこの3年~4年くらいだ。メカのUさんとの人間関係が濃密になったのもその頃からだ。
今ではなくてはならない人で、その後購入したバイクも全て安心して彼に任せている。
それまでは少しくらいガタガタしていても平気で乗っていたのだから、今では考えられない。

少しは自転車のことが分かるようになり(でもメカ音痴です。弄ると自転車が走らなくなりますw)、若い人や同年代の方から機材購入の相談を受けたり、企画を立てて面白そうなコースにお誘いできるようにもなった。
そうしたことから新しい人間関係が広がりつつあるのだが、相手をしてくれる方々がますます若くなっている。自分の子どもたちより若い人もいる。
彼らといつ一緒に走れなくなるかとそれが不安だが、暇人の特権をフルに活かして少しでも鍛え、お荷物にならないようにしようと思っている。

これから周囲の若い人たちから力をいただいて、さらに自転車の地平が広がりそうな予感がしている。この歳になって幸せなこと、ありがたいことだと思っている。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



4 Comments

  • バス 

  • サイクリング中にも色々お話を聞きましたが、いつも長距離を平然と走り切るShimagnoloさんにも、色々な過程があっての今なんですね。
    私はShimagnoloさんも良くご存知の通りの心配性で、それ故あまり人と走る事をしてきませんでした。
    でもなんだかShimagnoloさんなら途中でダメになっても大丈夫!!
    と思えてしまい、ご一緒させて頂く様になりました。
    父親ほども歳が離れた方と「友人」としてお付き合いさせていただけるのも自転車の魅力だと思います。
    これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
  • 2013/04/06 19:45 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > サイクリング中にも色々お話を聞きましたが、いつも長距離を平然と走り切るShimagnoloさんにも、色々な過程があっての今なんですね。
    > 私はShimagnoloさんも良くご存知の通りの心配性で、それ故あまり人と走る事をしてきませんでした。
    > でもなんだかShimagnoloさんなら途中でダメになっても大丈夫!!
    > と思えてしまい、ご一緒させて頂く様になりました。
    > 父親ほども歳が離れた方と「友人」としてお付き合いさせていただけるのも自転車の魅力だと思います。
    > これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

    バスさん、コメントありがとうございます。
    二度ご一緒させていただきましたが、一対一で気を遣わずに一日一緒に遊べるのはそうあることではありません。しかもこの年齢差ですからね。
    確かに自転車にはある程度の年齢差を補って、老若を近づけてくれるところがあります。その意味でもいい遊びに出会えたと思います。
    一昔前なら年寄り同士でゲートボールかなんかにいそしんでいたかもしれません。よくても老人のウォーキング・グループの一員になっているのがせいぜいでしょうか。
    あぁぁ~、それはいやだ!(笑)

    これからもいろいろなところへ出かけましょう。ご家族の理解が得られる範囲で声をかけてくださいね。
  • 2013/04/06 20:09 | URL 
  • doroke 

  • 私も初めて買ったC50にフラットペダルつけていました。今思うと恥ずかしくて、誰にも言ってませんが・・・w
    最近は速く走ること(ヒルクライム)中心でしたが、shimagnoloさんにお会いして(まだブログですが)少し視点を変えて楽しむことも必要じゃないかと思えるようになってきました。
    自転車を初めて、ずっと自転車を続けている人は私の周りでは私よりも年上の方が多いです。やはり、自転車の楽しみ方ということを色々な人生の中で確立しているから、もしくは確立させることが出来るからだと思っています。
    若輩者の私ですが、今後もよろしくお願いいたします。
  • 2013/04/08 21:16 | URL 
  • shimagnolo 

  • > 私も初めて買ったC50にフラットペダルつけていました。今思うと恥ずかしくて、誰にも言ってませんが・・・w
    > 最近は速く走ること(ヒルクライム)中心でしたが、shimagnoloさんにお会いして(まだブログですが)少し視点を変えて楽しむことも必要じゃないかと思えるようになってきました。
    > 自転車を初めて、ずっと自転車を続けている人は私の周りでは私よりも年上の方が多いです。やはり、自転車の楽しみ方ということを色々な人生の中で確立しているから、もしくは確立させることが出来るからだと思っています。
    > 若輩者の私ですが、今後もよろしくお願いいたします。

    dorokeさんにも、そんなかわいい時代があったんですね。確かにあまり人に言いたくない。(笑)
    誰しもビギナーの頃のトンチンカンな服装や持ち物には恥ずかしい思いがあるんですね。

    ロードの醍醐味はなんと言ってもスピードですね。力のある若い人が限界に挑戦する気持ちはすごくよくわかります。羨ましいなぁと思いながらも、歳をとると持久力はある程度鍛えられても、瞬発力や高い熱量を出し続けて走り続けることはできません。歳をとって季節の変化や出会う方との会話を楽しむようになるのは自然なことで、若い人の真似が無理になっただけのことかもしれません。
    でも、自転車にはいろいろな楽しみ方があることがわかって続けていくことができるんですね。

    チャレンジはとてもいいですね。危険が伴うからこそ自転車は愉しいともいえますが、やはり怪我や事故には気をつけましょう。
  • 2013/04/09 09:16 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/392-622f0f02

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク