fc2ブログ
2013/03/05 20:03
ここ数日は本格的な春の到来に備えてまじめに走っている。
こうして次の季節への準備をすることで、年齢は年齢なりに走れるのではないかと信じている。

本日の走行ルート
本日の走行ルート
昼ごはんを「きまぐれ喫茶で!」と思ったら、出発が遅すぎて間に合わない。
仕方ない。橋本まで横浜線で輪行することにした。
時間が十分あって間に合うにしても、この輪行は正解だ。
町田街道や16号を走ってもぜんぜん面白くないからだ。
これからはヤビツや山伏方面はこれだな!

003オギノパン
オギノパン
まずは丹沢あんぱんを食べて登りに備えよう。
裏ヤビツあたりでハンガーノックになっても誰も助けてくれそうもないし…

004鳥居原への登り
鳥居原への登り
鳥居原方面へ直進すると、杉は紅葉したように花粉で色づいている。
つい先日まで「いよいよ今年はスギ花粉症から逃れられないな」と覚悟を決めていたのに、ここ数日は症状がやけに軽い。
これでもかというほど杉木立がある山を走っているのに、理由がよくわからない。まぁ結果がいいのだから言うことはないが。

007鳥居原ふれあい館
鳥居原ふれあい館
鳥居原ふれあい館の入り口で若いローディーが3~4人固まってなにやら自転車談義をしている。
若すぎて相手にもされないので、写真を1枚とってさっさと次へ向かう。

005宮ヶ瀬湖1
宮ヶ瀬湖1
宮ヶ瀬湖周辺はよく晴れて暖かいが、その割には自転車乗りはさっきの若いローディー以外ほとんどいない。

006宮ヶ瀬湖2
宮ヶ瀬湖2
クルマの通行もほとんどなく、自分だけの道路状態だ。

008裏ヤビツ1
裏ヤビツ1
裏ヤビツへの分岐点に、「チェーンが必要です。この先積雪あり」なんて表示がある。
こんなに暖かいのにまさかね、何て思っていたが…

009裏ヤビツ2
裏ヤビツ2
この辺りはまだ暖かくて、ウインドベストを脱いで走っていた。青空ものぞいている。

011裏ヤビツ3
裏ヤビツ3
空は次第に黒い雨雲に覆われ、標高が高くなったためもあって、ぐ~っと気温が下がってきた。
おまけに雨がパラリと!
しかし、降るところまでは行かない。

ランチを食べるつもりだった「きまぐれ喫茶」は駐車場入り口にロープが張られ、休業中だ。
辺りには雪も残って、本格的に寒い。
ヤビツ程度だからと山をバカにしてはいけない。
この辺りは標高は700m弱だと思うが、こんなに寒いのでは「きまぐれ喫茶」が休業中なのも頷けるというものだ。
結局だましのしまださんや、IMAIさんには会えずに峠へ向かう。
これが本日の目的の一つでもあったのだがね。

012護摩屋敷
裏ヤビツ4
護摩屋敷の水汲み場にも人っ子一人いない。

013裏ヤビツ4
裏ヤビツ5
もう少しで峠という日陰はご覧の通り!
この辺りは完全に真冬の陽気だ。
誰も走ってないわけだよ…

014ヤビツ峠
ヤビツ峠
ヤビツ峠にも誰も居ない。いやドライバーが一人ヤビツの売店の自販機で何か買っていた。
凍結しているのでトイレも使用禁止になっている。でも小用は大丈夫そうなので使わせてもらった。
障害者用のトイレには水のはいったポリタンクが置いてあった。
バリアフリーも叫ばれるようになり、日本も少しは弱者に配慮できる大人の国になりつつある。いいことだ。

峠からはウインドベスト、ウインドブレーカーを重ね着して覚悟のダウンヒルだ。
ところが裏から表へ下り始めたら…あれ~ぇ、表ヤビツは季節が一つ先に進んだかのように暖かい…とまでは言えないまでも、さっきまでの寒さはなんだったのだ!

015菜の花台1
菜の花台1
菜の花台まで下ると気温はいっそう高くなり、もうウインドブレーカーはいらない。

016菜の花台2
菜の花台2
しかし西の方の空には雲も出て、菜の花台は翳ったり日が差したりで落ち着かない。
今日は富士山は影も形も見えない。

018ごはんや名古木食堂
ごはんや名古木食堂
調子に乗って下ると危ないので、やや速度を抑えて名古木まで…
腹が減ったので、「ごはんや 名古木食堂」に入ってみた。
安い!こんなに食べて1100円ほどだ。
空腹とはいえ食いすぎだ!
ここで1000円以上食べる人は余りいないに違いない。
ご飯をよそってくれるおばさんが、「ご飯は小中大とありますけど」というので、「大ってどれくらい?」と聞いたら、どんぶりの上に手の平を丸めて山を作って、「結構ありますよ」
「じゃぁ、大で!」
「自転車ですか。いいですね。長くやってるんですか。お腹空くでしょう」とこちらの腹のうちをちゃんと読んでくれている(笑)

時間が早いので相模大野のイトイサイクルに寄った。
チェーンオイルの報告とルックのペダルのことで相談があったのだ。

3月2日にブログで記事に書いたチェーンオイルに関しては、僕の脱脂方法は全く不完全だった。手で触っても布で拭いても大丈夫!というところまでやったのだが…
Uさんによれば、蓋のできる容器にチェーンクリーナーを入れてチェーンを浸し、蓋をしてよく振ってからしばらくそのままにしておくのだという。
取り出してからさらにパーツクリーナーとブラシを使ってしっかり仕上げるそうだ。
新しく自転車を組むときに脱脂が必要なときには同様にするのだという。
陰でそんなに丁寧なことをしていたとは…知らぬこととはいえ恐れ入りました。

LOOK KEO BLADE CARBON のチタンアクスルの方は問題ないのだが、クロモリアクスルの方がエントリーもリリースも相当渋い。硬すぎてストレスになるほどなのだ。
どうすれば言いか相談すると、LOOKに送ってみてもらってくれることになった。
明日の水曜ライドで LOOK KEO BLADE CARBON のクロモリアクスルの方を試してダメだったら持ち込むことにした。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/372-d2ae30fd

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク