2013/02/21 20:15
例によって昨夜山岳ロングライドの計画を立てた。
アラームを7時にセットしたが、6時前に目覚めて二度寝。
そして7時のアラームを止めて三度寝…ベッドから抜け出したのは9時だ。

一旦は計画を中止としたが、晴れ渡った空を見て思い直し、10時半に家を出た。
当初目論んでいた山中湖から箱根越えして自走帰宅はやや難しいので行き先に窮したが、とりあえず風張峠を目指すことにした。

本日の走行ルート
本日の走行ルート

橘橋に到着したのはまもなく1時だ。
たちばな家でお昼ご飯を食べてその先を考えることにした。
言い訳がましく友だちに「寒くてこの先に進めないかも…」とメールを出した。
昼ごはんを食べるとからだが温まり、同じルートを引き返すのは面白くないとちょびっと気合がよみがえってきた。
で、先へ進んで上川乗でもう一度進退を考えることにした。
002上川乗り
上川乗分岐点
ここから同じ道を引き返しても、甲武トンネルから上野原周りで帰宅しても距離はいくらも違わない。
それならばと、ここを左折!

004甲武トンネル01
甲武トンネルへHC1
桧原街道を外れて登りにかかると道路はすぐにこんな状態。
この写真の突き当りから野犬の群れが道路に出てきて吠え立てられたことがあるのだが…
kudouさんはここで野犬に追いかけられて、自転車を振り放題ふりながらダンシングで逃れたという。笑ってはいけないが、姿を想像するとおかしい(笑)
この突き当りの先は勾配が7%ほどの上りだから、本気でイヌやクマに追いかけられたらひとたまりもなく追いつかれてしまう。
咬まれないでよかった。

009甲武トンネル02
甲武トンネルへHC2
この写真の真ん中あたりから工事中のために片側交互通行規制されている。
その始点には僕よりも年齢が上のおばあさんが通行車両の誘導をしていた。
僕が差し掛かると、「雪があるから気をつけて行ってくださいよ。がんばってね」と声をかけてくれた。
「ありがとうございます。気をつけて行きます」と礼を述べてきつい上りのカーブを登った。
片側通行の終了地点には、やはり僕よりもかなり年上のおじいさんが、「この上は雪が積もってるから気をつけて。凍ってるから気をつけてよ」と暖かい言葉をかけてくれた。
大きな声で「気をつけます。ありがとうございます」と礼を言いながら急坂を登っていくと、「危ないから気をつけてくださいよ。道が凍ってるかもしれないからね」と重ねて僕の背中に向かって声をかけてくれた。
急坂で振り返れないので前を向いたまま大声でありがとうを繰り返したが、おじいさんの耳に届いただろうか。

寒いのも危険なのも承知のうえでサイクリングをしている酔狂な年寄りを気にかけてくれて、ありがたいというより申し訳なく、恥じ入る気分だった。

周囲には雪が積もり、北風まで吹きつける日陰の山中で働く二人のおじいさんとおばあさんの厳しさを思うと、どうか健康を損ねないように!と祈るような気持ちになった。

012甲武トンネル03
甲武トンネルへHC3
栗坂トンネルとくぐるとすぐ先には甲武トンネルが控えている。
栗坂トンネルは短いが甲武トンネルはおよそ1kmあり、雪が積もった山中ではトンネルは暖かくてほっとする場所だ。普段ならトンネルは暗くて排気ガスがあって、いいことは一つもないのに…

014甲武トンネル04
甲武トンネル1
標高の高さ、日当たりの悪さで甲武トンネルの入り口付近が最も雪が深い。

016甲武トンネル05
甲武トンネル2
今日は C59 with BORA ULTRA TWO で走ったのだがディープリムながら登りがとても気持ちがいい。
フレームの登り性能がいいのか、世間の評価通りBORAが軽量だから見掛けに似合わずヒルクライムが得意なのか…
こうなると HYPERON ULTRA TWO の登り性能が気になる。

018甲武トンネル06
上野原へDH1
甲武トンネル直下に東屋のある休憩所があるのだが、眺望はイマイチだ。こんな程度…

021甲武トンネル07
上野原へDH2
下りきったところが、小菅村と上野原の分岐の信号だ。
今朝三度寝なぞしなければ、右手の鶴峠を下ってきたかもしれないと思うと、アラームのなった時刻に起きるべきだったと後悔が募る。

023甲武トンネル08
上野原へDH3
計画倒れになった山伏峠方面が遠くに見える。
雪をかぶった山はあっちの方がだんぜん綺麗だなぁ…

相模原まで帰ってきてもまだ4時半だ。
以前仲間と立ち寄った「石井珈琲」で珈琲ブレイクを楽しむことにした。
前回はコロンビアを飲んで、味も素っ気もなくて二度と来ないぞ!と思ったのだが…

今日はグアテマラも飲んだが…うん、まずまずだ。
コクにはやや不満があり微かにお湯っぽい味がするが、香りもそこそこあって丁寧に淹れたのがわかる。
ここはバッハ系のカフェなので、先日も訪れたバッハのことや焙煎機のこと、マスターの経歴など、ほかに客がいなかったのでいろいろ話ができた。
こちら方面にサイクリングしたときに気分転換できる店ができてよかった。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/365-f48173b8

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク