2012/11/29 18:30
出かけたついでにかねてより一度訪れたいと思っていた「殿ヶ谷戸庭園」に行ってきた。
JR国分寺駅前という立地でアクセスも容易だから、高齢の方が多い。
ま、紅葉狩りに若い人が押し寄せることはないが…
僕は今日も自転車だ。サイクルジャージとタイツが他の場所よりいっそう目立つ。

本日の走行ルート1
入園者は前期高齢者や後期高齢者ばっかり…僕もその端くれだがやや若い方に属する。
入場券売り場からして他とは違う。
入場料は、65歳以上は150円が70円に割引になっている。ほとんどが70円を払う人なんだから、高齢者割引ではなく、若い人を割増料金にしたほうがわかりやすいくらいだ。

「年齢を証明するものがないとダメかしら?」、「大丈夫よ~、顔見ればわかるわよ!」、「わたし何年生まれだったかしら?」とかしましいおばあさんたち。
「僕が先に購入しますから、様子を見ててください」というと、「すみませんねぇ、じゃぁそうさせていただくわ」

「65歳以上1枚おねがします」
「お生まれは何年ですか?」
「え~と、22年です」いきなりのお尋ねにどもったり…
「お誕生日は過ぎましたか?」
「えっ、ええ、○月×日です」

殿ヶ谷戸庭園
庭園は大正初期に創設され、昭和はじめに岩崎家が整備しなおしたものらしい。
「回遊式林泉庭園」という形式の庭だ。

殿ヶ谷戸庭園1
庭のぐるりには小径がめぐらされ、ところどころにこのような庭を横切る小道も造られている。

殿ヶ谷戸庭園2
紅葉の主役の広葉樹の他にこんな竹林も…

殿ヶ谷戸庭園3
庭園には緩やかな起伏もあり、降り注ぐ日差しと遮られる日差しで自然の広がりがうまく表現されている。
広大というほどの敷地ではないのに、歩みを進めるにつれて時間も空間も超えた変化に富んだ景色が見られる。
日本庭園の造形の妙だ。

殿ヶ谷戸庭園4
小は盆栽から大は庭園まで、限られた空間に壮大な自然の景色を創り出す日本人の美意識が好きだ。

殿ヶ谷戸庭園5
小さな池にも、ちゃんと小さな宇宙が表現されている。

殿ヶ谷戸庭園6
立派な錦鯉は似合わない。和金と紅葉の取り合わせが愛らしい。

殿ヶ谷戸庭園7
つくばいから溢れる水で濡れた苔に散った紅葉…
溢れた水は鹿威しへと注いでいる。

鳩林荘1
鳩林荘
鳩山元首相の別邸だ。ここで外国からの賓客をもてなすこともあるらしい。

鳩林荘2
数年前になるが、桜の季節だったろうか。
前を通りかかると門が開かれ、たくさんの植木屋さんが庭の手入れをしていた。
「立派なお庭なんでしょうね」というと、「入って見るかい」という。
「えっ、いいんですか」といいながら自転車を止めてずかずかと入っていったら、「あなたなんですか!」と植木屋さんの頭領らしき男に呼び止められて、あえなく門外へ…
せいぜい30mほどだが邸内に入ったことがある。
雑木林の中に茅葺の建物やガラス張りの近代的なテラス風の建物などが配置されている。

鳩林荘3
広さが半端ではない。ワンブロックが鳩林荘で占められている。
さすがは財閥の娘を母親に持っているだけのことはある。
スポンサーサイト

2 Comments

  • たまここ 

  • 鳩林荘は鳩山さんじゃなくて、ブリジストンの石橋さんの別送ですけど?
  • 2014/06/21 10:07 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • > たまここさん
    訂正ありがとうございます。鳩山氏の母上が相続して、それで鳩山氏の名義になり「鳩」という字がついていると勘違いしてました。
  • 2014/06/21 11:20 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/315-34696149

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク