fc2ブログ
2012/11/24 21:35
kudouさんからお誘いをいただいた。
真鶴半島へツーリングし、帰りにR135沿いのみかん販売店で(根府川あたりか)みかんを買い、宅配便で家への土産にする段取りまで考えていた。
こういうめったにしないことを考えたからか、家を出ると間もなく霧雨が降ってきた。
気温も低めだ。おまけに北寄りの風まで吹いている。
本日の走行ルート
本日の走行ルート
どうも雨は一時的なものとも思えない。環状4号を走って中原街道を越えたところでkudouさんと携帯で連絡を取り、雨が凌げる亜煉路館に避難合流することにした。

焙煎したて1
焙煎したて1
お店では既にマスターのKさんが開店準備をしていらっしゃる。ちょうどコーヒー豆を焙煎し終わったところだったので、一つつまんで食べさせていただいた。
まだ暖かく、こんがりと焙煎したコーヒー豆がうまい。二種類の豆を食べさせていただいたのだが、ドリップした珈琲より豆のほうが個性が際立つ感じだ。

焙煎したて2
焙煎したて2
Kさんは毎日ではないだろうが、データをノートにつけながらコーヒー豆を焙煎しているのだ。目指す味を実現するために工夫するのがとても愉しいと仰る。

早速モーニング珈琲を淹れていただき、ぼんやりしていた頭がすっきり!

天気が安定しないので、相談の結果、真鶴行きを三浦半島一周に変更することにした。
kudouさんにとっては貴重な休日だから、この程度の天気のぐずつきで中止にするわけには行かない。
雨も小止みになったようなので横須賀を目指して出発した。

二人とも朝が早かったので、藤沢を過ぎる頃には腹が減ってきた。
で、PINYで(このパン屋はバラエティーに富んだ種類のパンを揃えていて、うまい)小腹を満たした。僕は二つも買ってしまった。店内の席はモーニングレストランになっているので、仕方なく店の外の道路で立ち食いだ…

もうすぐそこが横須賀のヴェルニー公園というところまでやってきて、kudouさんの前輪がスローパンク。

横須賀港
横須賀港
たいていのロード乗りはパンク修理はお手の物だが、kudouさんもチューブ交換の手際がいい。
ただ、気温が低いのでじっとしている作業では体が冷え切ってしまう。チューブを入れ替えて空気を入れる段になると、携帯ポンプの数百回のポンピングで体が温まったようだ(笑)!
僕は手伝うこともないので、パンクしたチューブを噴水の水に浸けて穴の位置を確認したり、撮りたくもない戦争用の船なんかに携帯カメラを向けたり、ブラブラ歩き回ったり…

かねてより気になっていた浦賀の渡し近くのイタリアンでランチ。歳をとったご夫婦が二人で店を切り盛りしている。奥様がシェフということらしい。旦那は接客とレジを担当している。
肝心な味だが、なかなかうまい! だが、惜しむらくは量が少ない!
今日はDSさんが一緒じゃなかったので、定番の質問:「大盛できますか?」をしそこなった。

ランチを済ませて時計を見ると1時少し過ぎている。確か浦賀の渡しは12時から1時までが休憩時間だ。

浦賀の渡し1
浦賀の渡し1
kudouさんが話の種に乗りたいと仰るので、ちょうど桟橋に着いた船に乗り込んだ。

浦賀の渡し2
浦賀の渡し2
どう考えても地域の生活の足として機能しているとは思えない。昔からの渡しを観光用にして保存するのが狙いだろう。この渡しの乗船時間の短さを知ったら、運賃表にある数字が日常の足として妥当ではないとわかる。

浦賀の渡し3
浦賀の渡し舟に乗って嬉しそうなkudouさん
(写真の掲載に同意いただきましたので、追加掲載しました)
実際乗船してから下船するまで、あっという間だ!
kudouさん笑いながら曰く「携帯のカメラが起動する間もないよ」
やや大袈裟なコメントではあるが、乗ったらすぐ準備しないと写真など撮っている暇はない。

今日は剣崎へ回らず、三浦海岸駅から半島内陸に進み、ややショートカットで帰路についた。
葉山・長者ヶ崎
葉山・長者ヶ崎
ここはいつも通り過ぎるだけだが、小用のついでに裏へ回ったら、そこは子どもの頃に海水浴で訪れた砂浜だった。

ランチの量が少なめだったこともあり、二人揃って空腹に耐えられない。小腹を満たそうにも適当な店がなく、狙っていた鯛焼きの店は休みだ。

結局、亜煉路館まで走り、サンドイッチ・珈琲・ケーキでやっと人心地がついた。

kudouさん、一日ご一緒させていただきありがとうございました。
そして、どうもお疲れ様でした。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/311-b58d0ed0

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク