2012/10/25 23:15
先週に引き続いての紅葉ツアー!
HTさんから、「毎週輪行でイイですね~!」とFBにコメントをいただいた。
仰る通りでございます…暇人の特権というヤツで(笑)
日光・山王峠
日光・山王峠ツアールート

景色に魅了されるあまり写真を撮りすぎて何がなんだかわからない。もう面倒で選べない。
というわけで前回に引き続いて多すぎる写真!うんざりな方はさ~っと通り過ぎてくださいませ。
東武日光駅
東武日光・スタート駅

いろは坂上り口
いろは坂上り口
大谷川を渡るとすぐにいろは坂の始まりだ。九十九折れを繰り返すのでクルマは速度を出しにくい。で、ドライバーたちは勾配を実際以上に厳しいと思っている。
この歳だし、こんな激坂を登ってエライ!と褒めていただくが、実は大したことはない。

いろは坂1
いろは坂1
ツーリングには天気が全てみたいなところがある。今日のような爽やかな秋晴れの下ならば、どんなコースだって愉しい。紅葉シーズンの日光ともなればなおのことだ。

いろは坂2
いろは坂2
彼方に、昨日初冠雪したという男体山が見える。

 いろは坂3
いろは坂3
はるか彼方の赤い屋根は明智平だ。

明智平で休憩するための車の渋滞がひどかった。昨年一緒に訪れたkazu+kanoさんが渋滞の横を走って幅寄せされ、転倒したところだ。
明智平1
明智平
特別に眺めがいいわけでもなく、うまいものがあるわけでもない。
ロープウェイに乗る人以外はあまり立ち寄る意味がないと思うのだが…
運転疲れするほど登ったわけでもなし、ここの渋滞を避けて一気に中禅寺湖まで行けばいいのに!と思ったが…
車で訪れた人たちは途中で降りて景色を楽しむことができないので、こうした展望場所が必要んだな。

華厳の滝1
華厳の滝1
滝そのものはもちろんだが、周囲をめぐる断崖は新緑、紅葉、冬枯れ…いずれの季節も素晴らしい。
僕が下りのいろは坂のほうが好きな理由はこの断崖を眺められるからだ…が、自転車でそこを下ったのは一度きりだ。
台風で金精峠が通行止めになり、やむを得ず引き返したときのことだ。
※訂正です。kazu+kanoさんのコメントで思い出しました。第一いろは坂を自転車で下ったのはこれまでに二度でした。

華厳の滝2
華厳の滝2
おそらく日本で一番有名な滝だろう。古くはこの滝で藤村操が投身自殺をはかったことでも知られている。
滝の高さや水量ではここに勝るものがないわけではないが、素晴らしいロケーションにあってこその日本一だろう。

中禅寺湖1
中禅寺湖1
風もなく穏やかな湖水だ。さすがに平日で、人出は多くない。

中禅寺湖2
中禅寺湖2
中禅寺湖は紅葉の名所として有名だが、そうした名所の多くは水の美しさと共にある。
水に映る紅葉やカラマツの色の冴えはやはり素晴らしい。

中禅寺湖3
中禅寺湖3
中禅寺湖を巡る道路沿いの木々も紅葉の真っ盛りだ。

中禅寺湖4
中禅寺湖4
少し奥まった水辺はほとんど人影もなく、静謐な秋を堪能できる。

男体山1
男体山1
戦場ヶ原を睥睨するような容姿が素晴らしい!
互いに連なり重なり合う山々は日本のどこにもあるが、こうして広い湿原から立ち上がるような山はどこにでもあるわけではない。

男体山2
男体山2

戦場ヶ原1
戦場ヶ原1
やや紅葉には遅い感じだ。辺りには冬の訪れを感じさせるような乾いた寒気が流れている。

戦場ヶ原2
戦場ヶ原2
写真を撮る人々は景色の衰えに敏感だ。いつもはぞろりと居並ぶアマチュアカメラマンも今日はほとんどいない。
盛りだけを撮りたがる凡人の気持ちがわからぬわけではない…

戦場ヶ原3
戦場ヶ原・ロマンチック街道
この道はどこを走っても素晴らしいが、ここ戦場ヶ原沿いのルート、白根山へのルートなどは中でも好きだ。

戦場ヶ原・三本松
戦場ヶ原・三本松
レストハウスの裏手にある芝生の小高い広場で小学生の一団が弁当を広げていた。
もともと子どもは好きだが、孫が成長するにつれて小さい子がいっそういとおしい。

山王峠・上り1
山王峠・上り1
光徳牧場方面に右折すると山王峠へ向かう山道だ。
クマが出そうでちょっと怖いが、この上りは大好きな道の一つだ。下りはさらに素晴らしく、写真と記事はブログの後半にアップした。
昨年ご一緒したEYさんが、「いろは坂よりきついよ…」と嘆いていたのを思い出す。

山王峠・上り2
山王峠・上り2
この峠道の素晴らしいところは樹木が豊かなところだ。カラマツの黄金色が目に沁みる。

山王峠・上り3
山王峠・上り3
こんな極彩色の雑木林のトンネルのような道もある。

山王峠・上り4
山王峠・上り4
標高が上がるにしたがって、青空に向かって伸びる木々の裸が目立つようになる。

山王峠・上り5
山王峠・上り5
カラマツ林を透かすとはるか彼方に戦場ヶ原が見える。

山王峠
山王峠
kazu+kanoさんとEYさんを待ちながら、反対から登ってきた若いローディーと言葉を交わしたのが昨日のようだ。

* 後半に続く


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kazu+kano 

  •  懐かしい景色ですネ。日光には2度同行させていただきました。輪行のすばらしさを実感させてもらいました。一回は今回と同じコースでした。紅葉は今回の方が格段の美しさに見えます。さて、幅寄せされて道路わきの凹みに追いやられ脱輪、転倒したことは真にビックリの出来事で寄って来る車を手でたたいたのに押し出しされてしまいました。どうも他の方に比べて落車が多いのは・・・、よく覚えているのにもビックリです(もう一度の輪行では戦場ヶ原までは予定通りであったのにいきなり小田代が原で豪雨に会い、寒さの中、第二いろはを下って退散し・・・下に降りて華厳の滝を見学、その頃には天気は回復、いろはの上と下では随分と天侯が違う事を実感しました)。山王峠懐かしいですネ、光徳牧場でアイスでも食べるのかと思いきや、いろはよりきつい峠越えに直進して熊でも出そうな雰囲気でした。確かに昨日のようで・・・、また同行させてもらいたいと思います。
  • 2012/10/26 21:55 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん
    今年は、福島・栃木とも紅葉シーズン真っ只中でした。
    当然ながら、同じコースでも季節と天候次第で印象は全く異なりますね。
    昨年10月29日のブログを見ると、前回の方がペースがゆっくりだった分、同じ場所でも日の傾きが早いのがわかります。それと、あまりにも今回と似たような場所でシャッターを切っているのにわれながらビックリです。
    紅葉には恵まれなかった前回ではありますが、めったに見られない「小田代湖」の出現に出逢えたのはラッキーでしたね!

    ここ暫くはご一緒するのがなかなか難しそうですが…
    お仕事のある方が出かけられるのは基本的に週末になりますから、紅葉や桜など短期決戦的ツーリングのタイミングを計るのはやや難しいですね。週末が天候に恵まれなければ次は7日後になってしまいますから、こうしたツーリングやイベントのチャンスは逃してしまう可能性が高いですね。それでも無理を押して実行すると、渋峠ツアーのような不運に見舞われてしまいます(笑)

    暇人の特権というには余りに頻繁に輪行ツアーを楽しんでいるので、忙しい皆さんにはやや申し訳ない気分です。kazu+kanoさんが、また時間を自由にできる立場になりましたら、是非ご同道ください。その日を楽しみにしています。
  • 2012/10/26 22:33 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/297-8a38fa35

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク