fc2ブログ
2012/10/20 23:17
1週間延期して大正解である。
天気は快晴だし、目的のエリアには紅葉がベストを迎えている場所もあるようだ。広範囲なので、「まだ色づいたばかり」或いは「そろそろ終わりに近づいている」などまちまちらしいが、日本の秋を満喫できる期待は大である。
走行ルート
福島紅葉ツアー走行ルート

磐梯町駅
磐梯町駅・表
磐越西線のどこで下車するかでルートは微妙に異なってくる。
どのルートを走っても不服はなさそうだが、何事にも白眉というものがある。
磐梯山ゴールドラインを皮切りに、磐梯吾妻レークラインを走り、最後に白眉中の白眉:磐梯吾妻スカイラインに登りたい!
3つの山岳有料ライン(現在は無料解放期間中)を全て楽しみ、その麓に点在する湖でまったり休憩!これが最高である。

磐梯町駅裏
磐梯町駅・裏
さて、これは磐梯町駅の裏側である。誰もおらず、一台のタクシーもバスも停まっていない。
だが磐梯吾妻ゴールドラインの登り口はこちら側からが便利だ。

磐梯山ゴールドラインゲート
磐梯吾妻GL-1
三つある山岳ラインのうち、 "現在はここの紅葉がベスト" を迎えているとは事前の情報である。(この情報は正確ではなかった)
たとえベストタイミングでなくても、紅葉と桜の時期は日本の風景がもっとも美しい季節ではないだろうか。毎年どこを訪れようかと企画を立てるだけでもワクワクする。

磐梯山ゴールドライン1
磐梯吾妻GL-2
写真は一種のマジックだ。光の当たる方向と強さで発色は全く異なる。わざわざ補正をかけたりして好みの色を出すのもありだが、安物のカメラではそれもなかなか難しい。
実際に眺めた山々の彩りは明らかにこれらの写真を凌いでいる。

磐梯山ゴールドライン2
磐梯吾妻GL-3
山岳サイクリングをするときにいつも思うのだが、絶景は疲労感も倦むこと忘れさせてくれる。
気がつけば峠を登りきっていたりする。今日もまさにそれだ。

磐梯山ゴールドライン3
磐梯吾妻GL-4
猪苗代湖も既にはるか下界だが…
このあたりの標高はさほど高くないので辺りは春のような空気だ。やや低温を意識した今日の服装ではかなり汗が出る。

磐梯山ゴールドライン4
磐梯吾妻GL-5
上るにつれて紅葉の色づきがだんだん濃くなる。

磐梯山ゴールドライン5
磐梯吾妻GL-6
ここはハイキングコースの入り口だ。たくさんの人々が赤や橙や黄に色づいた木々に誘われて散策を楽しんでいた。

磐梯山ゴールドライン6
磐梯吾妻GL-7
ここもハイキングコースの入り口だ。一人で走っているとなぜか人恋しくなって、人が集まっているところでは止まらずにいられない。
そこで一言二言交わす言葉も貴重なのだ。

桧原湖1
桧原湖-1
湖の周囲も紅葉は美しいのだろうが、単調な道に耐えられない。
で、湖はちらりと覗くだけに…

桧原湖2
桧原湖-2
湖のこの地点でランチをとることにした。
自転車を停める場所を探してきょろきょろしていると店先で団子を焼いているおじいさんが、「食事ですか?自転車は中に停めていいよ。盗られちゃ大変だからね」と店の横の空きスペースの鍵を開けて入れてくれた。

食事を終えて出てくると、件のおじいさんが「これからどっち行くんだね?」と尋ね、レークラインへの道を教えてくれた。

五色沼1
五色沼-1
レークラインの前に五色沼に立ち寄る。
五色沼のハイキングコースは点在するいくつかの湖を巡るコースになっている。コースめぐりに気持ちが強く動いたが、山中で日没を迎えかねないので諦めた。

五色沼2
五色沼-2
ここがハイキングコース入り口だ。

五色沼3
五色沼-3
少し風が吹いているの湖面が動いているが、無風ならまさに鏡のような静けさだろう。

五色沼4
五色沼-4
「水清くして魚住まず」なんていうが…、この湖の水は限りなく透明なのに錦鯉は信じられないほどの大きさに育っている。大きいのは1m近くもありそうだ!

秋元湖1
小野川湖-1
レークラインは秋元湖の北岸を通って磐梯吾妻スカイライン方面へと続いている。
湖岸を数キロ進んで、「ん~、どうしよう!」と迷った結果単調な湖水の道は避けることにした。

秋元湖2
小野川湖-2
せっかくだから湖水のほとりでちょっと休む。
居合わせた人が、「この湖は秋元湖かなぁ?」なんていってるので、「そうだと思いますよ」と答えたが、後で調べたら小野川湖だった。スミマセン、間違えました…

コースを変えたことでかなりの大回りになり、これがツアー終盤の思わぬ結果につながろうとは…
この時点ではそんなことは露ほども思わなかった。

国道115-1
国道115号-1
適度なアップダウンがあるのはいいが、車の交通量もすくなくない。それでも完全なフラットロードよりはやはり愉しい。
湖岸ロードをやめて山岳を走る国道に変更してよかった。(と、この辺りでは満足だったが…)

国道115-2
国道115号-2
紅葉だってなかなか美しいし、一つ前の写真の遠方の山々の姿だってなかなかいい!

国道115横向大橋-1
国道115号-3・横向大橋
横向大橋という名前が印象的だが、ここは新緑の季節も紅葉シーズンもそれなりに名所だ。

国道115横向大橋-2
国道115号-4・横向大橋
紅葉が高い山から徐々に麓に下って来ているのがわかる地点だ。

国道115横向大橋-3
国道115号-5・横向大橋
この橋を渡り、暫く走れば今回の白眉中の白眉である「磐梯吾妻スカイラインと浄土平」だ。

* 後半に続く


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/295-bcf54810

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク