fc2ブログ
2012/10/15 19:00
自転車の上で暮らせよ!と陰口を叩かれかねない最近だが、かみさんが海外旅行に出かけて一人なもんだから、ついつい自転車で出かけてしまうのだ。

今日は風張峠を越えてからどこかの峠を回って…と思ってやや厚着して家を出た。
走り出してから、「ちょっと待てよ、もう10時過ぎてるってことはどこかの峠で日没を迎えてしまう」というわけで、急遽半島一周に変更した。
本日の走行ルート
本日の走行ルート

海沿いの道はまだ夏の終わりのような陽気だ。 
すれ違うローディーたちは半袖ジャージにショートのレーパンだ。つまり真夏と同じ服装だ。
僕はといえば標高1000mを超える峠越えにあわせて、長袖のベースレイヤーにやや薄手だが長袖のジャージ、そしてやや暖かめのビブニッカーだ。
しかも単独走行なので車に追突されないように目立つ格好でと、上下真っ赤だ。
昔の郵便ポストのような姿で大汗を流しているのはまことにかっこ悪い。ペースを落として走ることにした。
そこで、三浦半島はかつて知ったる道ばかりなので、走るというより寄り道を楽しむ一日にすることにした。
今日は本気で走るのに向かない服装だし…

立石公園1
立石公園1
安藤広重も浮世絵に描いたという景勝地なのである。それは下の写真に近い構図だろうか。

立石公園2
立石公園2
フォトジェニックってミスコンなどにしか使わないのだろうか。それはともかく、立石公園はアマチュアカメラマン御用達の夕日スポットらしい。「他の観光客の邪魔にならぬよう、三脚を長い時間立てっぱなしにしないように!」注意書きまである。

荒崎1
荒崎1
腹が減ったので荒崎のコンビニで握り飯その他を買い、展望台で海を見ながらの慎ましいランチだ。

荒崎2
荒崎2
こんな季節になっても、家族連れがBBQを楽しんでいる姿がチラホラ…

城ヶ島1
城ヶ島公園1
城ヶ島公園は小さな半島のようになっている。写真に撮ると三浦半島の一部とは思われないスケールだ。

城ヶ島2
城ヶ島公園2
ここにはたくさんの猫が住みついているが、漁港までエサを求めて遠征するものとばかり思っていたら…
こうやってわざわざエサをやりに来る人がいるのだ。虚勢手術をすることもなく野放し状態でエサを与えることが果たしていいことなのか。

宮川港
宮川港

浦賀の渡し1
浦賀の渡し1
船着場を通る度にタイミングが悪くて乗れなかった「浦賀の渡し」に初乗船した。あっという間に向こう岸についてしまうあっけない体験だ。乗船賃は大人一人150円、自転車1台50円、〆て200円也
自転車で湾を回って向こう岸まで走ってもわずか5~6分だ。でも、浦賀の渡しを現代流で保存するという趣旨に免じて高くはないことにしておこう。

浦賀の渡し2
浦賀の渡し2
船には2台分の自転車置き場が設えてある。
船着場で待っている船は、乗船客が一人でもあれば向こう岸に向けて出発する仕組みになっているらしい。
「乗るのかい?」と聞かれて「お願いします」と自転車を引いて乗り込むとすぐに出発した。

船を下りてから先日kudouさんと食べそこなったイタリアンレストラン「La Pentola」の様子を見に行ってみた。
お腹がすいてなかったので店には入らなかったが、時間が時間だけに客はおらず、二人のシェフが店のテーブルでなにやら話し込んでいた。何しろこちらは目立つ格好をしていたものだから、店の前を通る時二人にじろりと見られた。ネットで見る限り、必ずしも評判は悪くない。次回は是非ランチをいただきたいと思う。

徳田屋跡
徳田屋跡
ペリーが来航した折、その様子を見るために吉田松陰と佐久間象山が旅館徳田屋に宿泊して会ったという。今は普通のしもた屋だが、ここがその徳田屋の跡だ。

観音崎
観音崎

観音崎ボードウォーク1
観音崎ボードウォーク1
この辺りでは散策スポットとして人気があるようだ。前回訪れてからずいぶん年月が経つがウッドボードの傷みは意外に少ない。

観音崎ボードウォーク2
観音崎ボードウォーク
ここは自転車で走ってはいけないことになっているのだが、小径車に乗ったおじさんやMTBもどきに乗った若者は散歩の人たちを縫って走り去って行った。これだから自転車の評判が悪くなる!


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/293-8cb22df0

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク