fc2ブログ
2012/09/24 21:58
…風の音にぞおどろかれぬる(古今和歌集、秋歌上、169)
もともと立秋を詠んだ歌だから、「今さらですか?」と思われるかもしれないが…
久し振りに訪れた風張峠、まさに吹きすぎる風に仄かに秋を感じる一日だった。

本日の走行ルート
…風張峠~奥多摩湖~小菅村~鶴峠~上野原…

多摩サイから富士山
多摩サイから富士山!
TYくんとのツーリングが今日のような秋晴れだったら、山中湖畔からも御殿場からも、そして乙女峠からも神々しい富士山が拝めたのに…

桧原街道を登り数馬の湯で一休み
先客がいたので軽く挨拶を交わしてリスタートのつもりが、座り込んでしばし話しこむことになった。
彼はこれから五日市に下ろうとするところだった。
「都民の森でコーラを飲もうと思ったら、自販機が調整中で使えませんでした。都民の森の先に行くなら、ここで飲み物を調達した方がいいです」という。
売店があって軽食が食べられる山小屋が月曜休みなのは知っていたが、自販機が使えないとは!
自販機はトイレのそばと売店の横の二箇所にあるが、トイレの横の自販機はシャッターで閉じられ、売店の横の自販機が調整中だという。
件のローディーは上りが強そうで、あざみラインや風張林道も上るという。あの下るも恐ろしい風張林道を上ると聞いて仰天したが、あざみラインはそんなものではないという。
風張林道途中に「きのこセンター」があるのだが、その直下がものすごい激坂なのだ。あざみラインはそれよりさらにすごいというのだから恐れ入る。
あざみラインにチャレンジした時、車両通行止めだったので、登りは蛇行し放題、下りはリムが加熱しそうで途中で降りて冷ましたという。
僕が登った峠は全て制覇済みで、奥多摩周辺の峠にも滅法詳しい。
僕は腹も減りかけていたので、食処の情報もいろいろいただいたが…
再会を願って上りと下りに別れた。

都民の森
誰もいない都民の森
だぁ~れもいない! 入り口のゲートは厳重に閉じられ、脇の階段にも鎖が張られている。
先ほどの情報どおり自販機はシャッターで閉じられ、野外の自販機には調整中の張り紙だ。
夜間は奥多摩周遊道路は閉鎖されるので侵入者に荒らされる虞はないが、月曜日はたくさんのオートバイや車が行き交っている。その中の無法者が自販機荒らしをしたに違いない。
これまでは月曜日だからといって自販機がシャッターの中に納まっていたこともないし、調整中であったりしたためしはない。

一昨年、ローリング族の傍若無人の振る舞いに業を煮やした警察が、バイクのみ奥多摩周遊道路を一方通行にしたのだが、暫くして解除した。そういう措置に追い込まれるいわれのない善良なバイク乗りからオブジェクションがあったのだろう。当然のことだ。
ルール無視のアウトローには困ったものだ。

都民の森のオブジェ
出来立てのほやほや:都民の森の自転車のオブジェ
ローディーが多いからというわけでもなかろうが、こんな可愛いオブジェができている。

風張峠
風張峠
峠の気温は19℃だ。やはり下界に比べると涼しい。秋の訪れも早いわけだ。

月夜見第一駐車場
秋の気配漂う月夜見第一駐車場
ススキの穂が秋の彩を演出してなかなかいい感じだ。
今日も大砲のような望遠レンズで鳥を狙っているカメラマンが数人。
何の鳥を待っているのか尋ねたら、「鷹の渡りが通るのを待っているんだけどね、一日待って何にも撮れない日もあるんだよ」という。カメラは三脚に取り付け、ご本人は双眼鏡で広い空に鳥影を探している。辛抱強くなければ務まらない。
僕も写真は好きだが、鳥の撮影はやめておこうと思った。

奥多摩湖
渇水の奥多摩湖
全国各地の豪雨による被害が報道された今夏だが、奥多摩湖はご覧の通り!
利根川水系ダムも渇水状態で取水制限だとか…

三頭橋まで下って結局いつもの「陣屋」で大してうまくもない蕎麦で昼食を済ます。
蕎麦を食べながらこの先のコースを考えた…で、奥多摩湖沿いに青梅街道ダラダラ下る変化のないコースはやめて鶴峠か松姫峠を目指すことにした。

小菅村の空
雲行き怪しい小菅村の空
小菅村方面に走り出すと、前方の空にはこんな黒い雲!
明らかに雨雲だ。仕方ないので引き返した…が、やっぱり単純な下りみちは面白くない。
もう一度逆戻りして、一か八か小菅村を目指すことにした。

小菅村の広葉樹
ほんのり色づく小菅村
今日は小菅村の役場があるR138から「あきる野・上野原方面の県道」へ逸れた。
思ったより上りがきつかったが、ややショートカットだったので急ぐ時にはこっちの道で!
メインの県道18号に合流すると、そこは超激坂の始まる地点だった。

鶴峠
そっけない鶴峠
色気の乏しい峠が多い中でも、鶴峠はとりわけ色気なし!

小菅村には観光資源が乏しい。そして過疎化も加速する一方だ。
このお堂も目立たない場所にあるために、立ち寄る人に出会ったことがない。
長作観音堂1
長作観音堂1

長作観音堂2
長作観音堂2

長作観音堂3
長作観音堂3


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/283-c57ebaa5

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク