2012/07/31 21:00
朝から照りつける日差しはただ事ではない。TVでは老人の熱中症は自宅にいても気をつけなければならない、と重ねて注意を促している。
ちょっと気にしたが、" ま、ダイジョウブだろうよ!" と高を括って7:30に家を出た。
前回のロングライドはKING3 + DURA-ACE Di2だったので、今日はCF4 + Super Record 11sで走ることにした。どちらもチューブラーなので、パンクが許されるのは1回。
スペアタイヤは1本しか持たない主義なので、後がなくなる。で、スペアタイヤを2本持つかホイールを履き替えるかも考えたが…
" ま、ダイジョウブだろうよ!"…何事もコレである。
痛い目に遭わないうちにもう少し慎重にならないと…
本日の走行ルート
本日の走行ルート

暑いことは暑いが、なんだか今日は調子がいい!
補給と適度なペースの維持には気をつけた。面倒がらずになるべくコンビニ休憩を心がける。
こんな激烈な日差しの下に出てくる人はほとんどいない。
本日1軒目の府中四谷橋のコンビニは早朝とあっていつものおばさんではなく、おじいさんが接客をしていた。
「どこまで行くんですか?ダイジョウブですか?」と気遣ってくれる。自分と同じくらいの老人と見たのか、熱中症を気遣ってくれたのである。

青梅駅を過ぎてローディーがよく立ち寄るコンビニでアイス&ドリンクの補給。
レジを済ますときに担当のおばさんが、「暑気(あつけ)に気をつけてくださいね」と、あまり聞かれなくなった言葉を掛けてくれた。それほど暑い朝だったのだ。
店の外でアイスクリームを食べていると、件のおばさんが店から出てきて、「お客さんコンタクト使ってますか?アイスを買ったからそこらで食べてるんじゃないかと思って」と見れば小袋に入れた僕のコンタクトレンズを持っている。財布を出す時に落としたらしい。
重ねて「気をつけてくださいね」の言葉に丁重に礼を述べて先へ向かった。

古里のコンビニで三回目の補給&休憩。
握り飯を食べ、100%果汁のジュースを飲んだ。いつもより飲み物の質にも気を配る。
そこに居合わせたサラリーマン風情の40代の二人組み。
例によって、・どこから来たのか、・何時に家を出たのか、・歳は何歳か、・自転車の値段はいくらか、・これからどこへ行くのか…
そのいちいちに驚くので、「これから奥多摩湖を回って、柳沢峠に登り、塩山~御坂峠~河口湖~山中湖~道志みち~津久井湖…で帰るつもりです」とちょっと見得を切ってしまった。
大法螺を吹くことになってしまったが、実際この時点ではそう思っていたのである。

奥多摩湖1
奥多摩湖:小河内ダム
さすがに奥多摩湖畔。湖水を渡る風がほんの少しだが涼を運んできてくれる。しかし空気が澄んでいる分、日差しはいっそう激しさを増す。

奥多摩湖2
奥多摩湖:ドラム缶橋
光が強いので、携帯カメラでもかなりクリアに写る…が露出オーバーで超コントラストな写真だ。
でも真夏らしくていいかも…

深山橋までやってきた。ここが大きな意味でのコース変更の最終地点だ。
ひとまず手打ちそば「陣屋」で早めの昼ご飯を食べながら考えることにした。
柳沢峠を目指したい!しかし今日は輪行袋も持っていない。この猛暑の中、へたばっても走り続けるしかない。熱中症で死ぬかもしれない…まぢで!
"もう少し涼しくなってからにしよう。超ロングコースを諦めたのだから、せめて鶴峠の先の松姫峠を目指そう"と決めた。
これで大法螺は小法螺として勘弁してもらえるか…

小菅村へ向かうR139は実に清清しい山道だ。クルマもロードも歩行者も、だ~れもいない。しかも勾配は緩やかで体力を奪われることもない。
いよいよ鶴峠方面か松姫峠方面かの分岐点だ。もちろん右の松姫峠ルートを選ぶ。
松姫峠への登りは、なかなか頂に辿りつかない思わせぶりなヒルクライム道だ。
" え~っ、まだかよ " とコーナーを曲がるたびに凹みながら、7~8%の勾配を6~7kmも走らなければならない。後から追ってくるローディーも、向かってくるローディーも一人もいない。
奥多摩湖を過ぎてから、クルマ以外動くものは見ていない気がする。今日はお馴染みの猿軍団も現れない。

松姫峠1
松姫峠:山の向こうに富士山
今日はかろうじて富士山の頂が山の稜線の向こうに見える。ちんまりと黒い頂を見せるだけなので何の感動もない!

松姫峠2
松姫峠の碑

松姫峠3
松姫峠からダウンヒル
昔は遥か下界に続く道を見るとワクワクしたものだが、最近はカーボンリムを気遣いながらブレーキレバーを引き続けなければならない苦痛の方が大きいかもしれない。

深城ダム湖1
深城ダムの堰止湖1
深城ダムは本当に小さなダムだが、それに相応しく堰止湖も小さい。しかし奥多摩湖よりよほど雰囲気がよい。辺りの空気の湿度が高いからだろうか、水位が下がって露出した水辺の崖はきれいな苔で覆われている。

深城ダム湖2
深城ダムの堰止湖

猿橋1
猿橋1
ついでに猿橋に立ち寄る。日本の三大奇橋の一つだったような気がするが…
この辺りには他に名勝がないので、こんな日でも観光客が三々五々橋に見入ったり写真を撮ったりしていた。

猿橋2
猿橋2
どの自転車でどこを走ったかを記録しておくのも無駄ではない。どのコースにどの自転車が向いているか、旅の記録をしておかないとごちゃごちゃで区別がつかなくなってしまうのだ。(他の方はそんなことはないのだろうけど…)

ツバメの巣
間もなく巣立ちを迎えそうな三羽のツバメ
最後に寄った藤野のコンビニでこんなかわいいツバメたちに出遭った。
いつかヘビに襲われていたツバメたちのことを思い出して、その時の心の疼きが蘇った。

それにしてもひどく疲れたツーリングだった。
こんな日にこんな距離とコースは些か無謀だ…と翌朝になって反省している。
当日は記事を書く気力もなく、今朝も寝なおして9時までベッドでごろごろ…


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kudou 

  • ご本人が記事を書く前にコメントを入れちゃう、毎度失礼なkudouでございます

    今朝はここ数日の強い日差しも無く、窓から入る風が気持ち良いです

    昨日は朝から日差しが強く、かなり熱いかったと思いますが松姫峠とは! ガッツリ走りましたね
    やっぱり強いですね、敵いません
    kudouまだまだ修行が足りんです

    写真がまたいいですね
    眩しい日差し、空は青く、山緑のなんて濃い事
    夏ですね~
    行きたいですね~
    ウズウズしますね~

    昨日の松姫方面は如何でしたか?
    このオーバルコースも魅力的ですね
    次回は是非ご一緒させて下さいませ

    リフォームに悪戦苦闘中のkudouでした!
  • 2012/08/01 07:44 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん、早速コメントありがとうございます。
    記事が遅れているのは、あまりに疲れてキーボードを打つ気力さえなく…
    やりすぎですよね~。程々と言うことがいまだにわからない老人でございます(笑)
    冗談はともかく、この猛暑の季節ですからね、自重いたします。

    昨日は風張峠か名栗渓谷か…のつもりで家を出ました。
    7:30といういつにない早い出発時刻だったのでついつい先を目指してしまいました。
    古里のコンビニに着いたときは、まぢで「奥多摩湖~柳沢峠~塩山~御坂峠~河口湖~山中湖~道志みち~津久井湖…」という250kmコースを行く気になっていました。
    自宅にいてさえ熱中症が気遣われる猛暑日です。コンビニに居合わせたサラリーマン風情の二人にあきれ返られました。
    当然ですね!

    もう少し涼しくなったらこのコースにご案内いたしますので、ぜひご同道ください。
  • 2012/08/01 10:09 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/265-d5c3f0cb

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク