2012/07/28 23:17
本日の走行ルート
本日の走行ルート

箱根に上る国道1号線のヒルクライム中は日差しも強く気温は上がる一方!、でやや疲労困憊。
コンビニごとに小休止しつつ、飲んだり食ったり、食ったり飲んだりの繰り返し…
サイクリング中の旺盛な飲み食いにに関しては人後に落ちないつもりだったが、kudouさんもよく食いよく飲む!
燃費最悪などと揶揄されるが、ロングライドを成功させるコツは、いかに水分補給とエネルギー補給を効率よく、かつタイミングよく行うかにかかっているのだ。

汗だくになって登りきった箱根は霧と雲で日差しはなし。下界に比べるとやはり涼しい。
そのまま芦ノ湖まで一気に下り、湖畔の蕎麦屋で「親子丼」ランチ。
今日の箱根は人出も少なく、道路も空いている。休日の箱根にしては珍しい閑散ぶりだ。

芦ノ湖から大観山まで上り返す。勾配もさほどきつくなく、距離も短めなので、上り返しにありがちなモチベーションが低下する暇もない。
こちらも雲が厚く、絶景のはずの富士山はすっかり雲の中。
大観山1
大観山から芦ノ湖を望む:富士山は雲隠れ

大観山K&S
大観山のレストハウス
今日は自転車を降りるたびに飲むか食うかだ。ここではマンゴーソフトを食べてしばしまったり。
で、記念のツーショット!

大観山K
大観山のkudouさん

大観山S
大観山で

椿ライン1
椿ラインの観測所
椿ラインは上りも下りも気持ちがいいが、特に晴れの日の下りは素晴らしい。幾重にも重なる山々に囲まれた深い谷と稜線の向こうに青々と広がる太平洋!
今日はやや霞がかかっているので初島もぼんやりと見える程度だ。

椿ラインK
椿ライン下りのkudouさん
絶景を見逃して一気に下るのが惜しくて、景色を眺めつつ記念写真も…

椿ラインS
椿ラインの下りで
椿ラインは極端な勾配の変化がないので安定したダウンヒルが可能だ。路面も荒れがた部分がほとんどなく、交通量も少ないので実に快適な下りだ。

kudouさん馴染みの「石橋センター」を目指す。
ここは地元特産の果物を国道沿いで販売しているのだ。
おいしい柑橘類が食べたくて湯河原から十数キロを飛ばしたが、タッチの差で営業終了後…

あっちこっちでコンビニ休憩をし、しかもお喋りが長いものだから最後の寄港も時間切れでならず…
いつもの亜煉路館だ。

すきっ腹と疲労感で一杯になりながら真っ暗な境川CRを急いだ。いやあまりに暗くて急げず、途中から環状4号線に出て家路を急いだ。

単独だと休憩を省いて走り続けてしまいがちだが、同行者がいると互いを気遣って随所で休む。
だから熱中症も防げる。
こんな猛暑の日に200キロになんなんとするロングライドはお薦めできないが、無理な走りをせず、水分補給とエネルギー補給に気配りし、疲労を感じたら躊躇わず休憩を取ることで危険は避けられると思う。
190キロの超ロングライドをのんびりまったり走ることができた!
本当に楽しくいい一日だった。

kudouさん、お誘いいただいてありがとうございました。また行きましょう!


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kudou 

  • shimagnoloさん
    昨日は御付き合い頂き、有難う御座いました
    おかげ様でまたお気に入りのコースが出来ました

    仰るとうりで山岳混じりで100マイルを超えてくると補給の大切を痛感させられます
    しかも環境が厳しいとさらに難しい!
    昨日はshimagnoloが一緒で助かりました

    芦ノ湖で食べた、親子丼に付いて来た味噌汁の旨かった事!
    普通に食べたらきっとかなり塩辛いはず

    ミネラルが不足していたんですね

    走り方と同じぐらい食べ方を勉強しないといけませんね

    昨日も富士山が見られなかったので、少し涼しくなった頃にまたお願いします

    kudouでした!

  • 2012/07/29 16:40 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん、お疲れ様でした。そして楽しい一日をありがとうございました。
    最近オーバーセンチュリーランに付き合ってくれる人がなく、単独のことが多かったので殊のほか充実感いっぱいでした。
    いつでもお供させていただきますので、また声をかけてください。

    仰るように飲み方食べ方は実に大事ですね。ロングライドではこれを失敗すると命取りになりかねません。
    日没後に一人で登った霧降高原での危機と心細さは今でも忘れられません。
    飲み物なし、食べ物なし、辺りに照明もなし、通りかかるクルマもなし…
    やがて雨が降り始め、のぼり勾配は激しくなる一方…
    幾度か運良く凌いだ危機の中でも、これが一番の危機でしたね。
    アブナイ思いを幾度も経験している割には、教訓を糧としていないというご指摘もありますが…

    本日 I サイクルに行った帰り道、亜煉路館に寄って昨日のツアーについていろいろご報告してきました。

  • 2012/07/29 22:05 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/263-0910dbe2

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク