fc2ブログ
2012/05/26 23:40
風張峠が楽しくない!なんてこともあるらしい。
βーエンドルフィンだかドーパミンだかの分泌が低調だったとしか思えない。
体調は悪くないし、天気は絶好だし、不服な要素が一つとしてないんだから他には考えられない。
いつもなら都民の森で一休みの後どこを回って帰るかが楽しみなのだが、今日はまとまった時間休んだらもう先に進みたくない。
風張峠までは7~8%の上り勾配で3キロほどだ。都民の森を出て左折し、一旦峠に向かったが、1キロも進まないうちに引き返した。

本日の走行ルート
本日の走行ルート

いつも通り、戸倉のコンビニで最初のエネルギー補給。
おにぎりを食べていると二人の男の子を連れたお母さんがやってきた。
一人は手を引いて、もう一人は抱っこしていた。
大きい方の子が、「虹!」というので五日市駅方向の空を仰ぐと一直線の虹が…
Rainbowではなくて、Rainlineだ(笑)!
そのお母さんも、「珍しい虹ですね!」なんていっている。
「何歳?」と聞くとその男の子は指を4本立てた。知らないおじいさんにお話はしたくないらしい。
孫のコウくんはもうすぐ3歳だが、背格好はほとんどかわらず、もっと生意気な顔をしている(笑)。
「虹を教えてくれてありがとうね!」とその男の子の頭を撫でてリスタート。

たちばな橋を左折して数キロほど上ると、天然酵母手作りパンの店「たなごころ(掌)」がある。
やや昼ごはんには早いが、しばらく前から気になっていたので寄ってみることにした。
たなごころ1
天然酵母手作りパンの店「たなごころ」

種類ごとに焼きたてのパンが籠に入れられていて、客は食べたいのを選んでレジで精算する。
調理パンやデニッシュの類はなく、大き目の丸いパンがほとんどだ。もちろん食パン類は置いている。
さっきおにぎりを食べたばかりだし、時間も早めなので、二つも食べれば満腹になりそうだ。
「イチジクパン」と「コショウパン」を選び野菜スープを追加した。
屋根つきのテラスは満席なので、野外にほったらかしにされたようなテーブルに着いた。
僕のほかには客がいないので、帰ってこちらの方が気楽だ。
店主らしき人が、「自転車置き場を作ったのでよければ…」という。
だが、車やバイクが止めてあって道路からバイクラックにはアクセスできないorz
仕方ないので野外テラスから持ち込んでラックに掛けた。
たなごころ4
バイクラックと山登り専用になりつつあるDE ROSA King3

やがてスライスして軽く炙る程度にトーストされたパンと野菜スープが運ばれてきた。
パンは食感がややしっかりしてうまい!天然酵母の香りがぷんと鼻をつく。
野菜スープは、にんじん、ズッキーニ、ジャガイモ、たまねぎなどが薄い塩味で煮込んである。
コウくんが1歳になったばかりの頃、野菜をたくさん食べさせたく作ったものに似ている。
ヘルシーな感じではあるが、離乳食を卒業した程度だから、味は…

重い気分でペダルを回しながらも、どうにか都民の森まで上りきった。
ここまでくれば峠に登ったも同然だから、ほとんどのローディーはもと来た道を下っていく。
僕は気持ちを奮い立てて出口を左折して峠に向かって上り始めたが…
1キロも進まないうちに引き返し、普段は上り専用にしている桧原街道を五日市に向かって下ることにした。

五日市駅手前にできた「オトノコーヒー」に立ち寄ることにした。
ここはもともと「森田」という蕎麦屋で、友人のEYさんがよく利用するということで、みんなで二度ばかり食べたことがある。

「お薦めは?」と聞くと、エスプレッソコーヒープリンだという。苦味が強いけれど、コーヒーがいらないくらい(うまい?)というので、ブラジルとセットで注文した。
オトノ珈琲
オトノコーヒー "エスプレッソコーヒープリンとブラジル"

最近コーヒーを評価する舌が肥えてきた我々仲間には薦められない…残念!
しかも小さなプラスチック容器に1杯分のいんちきミルクが入った市販品を添えて出すようでは、ちゃんとしたカフェとしては話になりませんね。(写真の右端にかろうじて写ってます)

βーエンドルフィンもドーパミンも分泌が低調な一日ではありました!


Twitter: @pa_hoehoe

スポンサーサイト



4 Comments

  • kazu+kano 

  •  天侯に恵まれ過ぎると・・・珍しい事も起きますネ~。同行者がいれば恐らく一気登りでしょうが。昨日は訳あって、晩の支度があり早帰り必至でしたので自主トレをしました。始めて、尾根環とやらを多摩川原橋から走り橋本まで行き、津久井湖→相模湖→大垂水→浅川SR→多摩SRと周ってきました。いやぁ~shimagnolo効果を実感しましたネ(感謝、感謝)。8時スタート、16時過ぎ帰宅と予定通りでした。亀組からは抜け出せないものの巣立ちを感じさせる一日でした(大げさ過ぎ)。日差しが厳しすぎるとアラシックスはそれだけで調子が狂います。今日も朝から新緑が目に眩しすぎます(何といっても夕暮れ時が心地良いですネ~、アラシックスですから)。
  • 2012/05/27 08:50 | URL 
  • Shimagnolo 

  • KKさん、巣立ちとはなんと素晴らしい響きの言葉でしょう!
    自転車で遊ぶのに必要なのは、ペダルを踏む2本の脚と自立の二語に他なりません!
    ハンドル持つ二本の手も要りますけどね(笑)

    かねてから思っているのですが、自転車の醍醐味は仲間と遊ぶ楽しさにも劣らぬ単独行の奔放な自由ではないでしょうか。人の誘いを待ったり、人を誘わないと楽しめないようでは少し物足りないですね。仲間には仲間の、一人には一人の楽しさがあると思います。
    僕はそのことを本当に理解するのに何年もかかりました。
    一人の寂しさを解消したくて友達作りにいそしんだ時期もありました。そのお陰でいい友人に巡り会えたのもまた事実ではありますが…
    KKさんは巣立ちに限らず、走りの面でも時間短縮型のサイクルライフを着実に進んでいる気がします。

    これからも頑張って欲しいですが、僕を簡単に抜き去ったりしないでくださいね(笑)!
  • 2012/05/27 17:47 | URL   [ 編集 ]
  • kudou 

  • あれは何時ごろだったでしょうか?
    秋山道を雛鶴トンネルを抜けて道坂トンネル経由で道志みちに抜けようとした事が有りました

    藤野を過ぎ、桜井隧道を過ぎたあたりでまったくやる気を失った事があります
    脚がまったく回らい 
    気持ちが乗らない
    なんか、つまらない・・・

    なんでも屋さんみたいなお店でパンとバナナを買って少し気合いを入れようとしたら、かえって脚が重くなって・・・
    店の前のベンチで食べ始めたら「なんか今日はダメだな~」

    ちょっと変化を付けようと桜井隧道を抜け20号で帰ろうと思ったのが運の尽き、トンネルの先は工事で砂利道、川を過ぎて20号にでる激坂・・・

    こんな日は体も心も疲れますね

    その時は”これはちょっと休めって事だな きっとそういう事だな”って自分に都合の良い理由を付けて、自転車生活をちょっとだけペースダウンした事を思い出します

    今日は隊長とヤビツを超えて宮が瀬周りで厚木へ下るコースでした
    のんびりペースでヤビツを登り「石庄庵」で蕎麦を食べ、菜の花台でソフトクリーム、清川村役場のサツマイモのレモン煮が売り切れだったのは残念でした

    食っちゃー走り
    食っちゃー走り

    これもまた良し! 

    そうそう、Miche Primato Pair of Road Hubs 昨日ポッチっとクリックしました
    在庫切れで少し時間が掛かる様です
    激安手組ホイール、完成したら見てやって下さい!

    kudouでした!
  • 2012/05/27 19:32 | URL 
  • Shimagnolo 

  • kudouさん、よくわかってますね~!まさにその通り!
    昨日の僕をこっそり見られてたみたいですよ。

    食っても、飲んでも、休んでも、ルートを変えても…何をしても気持ちが上向かない時ってあるんですね。理由が思い当たらないからどうしようもないわけです。
    天気も抜群、体調だって絶好調、コースも大好き!
    三拍子整っていてもアレですからね!

    kudouさんの言う、”これはちょっと休めって事だな きっとそういう事だな” は都合のいい言い訳にも聞こえますが、実際そうなんですよ。体が送ってくる信号なんですよ。
    一日経って、本日走りながらそう実感しました(遅いぜよ)!

    僕は本来スロースターターで、60キロとか場合によっては100キロとか走ると気持ちが上向いてくることがありますが、昨日は150キロ走ってもその瞬間はかすかに訪れた程度でした。

    経験てだいじですね。走ってみなければわからないことがたくさんあります。
    200キロ走ってはじめてわかったこと、長距離をレンチャンしてみてはじめてわかったこと、体が送ってくる信号だってようやく今頃になって気づくわけですからね。
    こうしてみると、「何事にも先達はあらまほしけれ!」なんていう徒然草の一節が妙に心にしみます。
  • 2012/05/27 19:54 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/234-aed1cdd5

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク