fc2ブログ
2012/05/08 21:23
ここ数日考えて、COLNAGO C59 NERO を買うことに決めた。
C40に搭載してあるCampagnolo SuperRecordを換装し、CF4が履いているCampagnolo BORA ULTRA twoを履き替えさせて経済的に上げるつもりだった。
古い自転車たちの姿も変わってしまうので、今日が見納めだと思って写真に撮ったのだが…

C40
COLNAGO C40

CF4
COLNAGO CF4

C40は購入してそろそろ10年になると思うが、サイコンを何回も変えたので現在までの積算距離の管理ができていない。
しかし、7万キロ以上は走っているはずだ。途中からはよくわからなくなった。
周囲の友人からも、「そろそろ引退させてもいいんじゃないの。カーボンフレームだって永久使用できるわけじゃないし」と " あぶないよ忠告 " を頂くようになった。

実際カーボンフレームが破断して大きな事故に繋がることは、そんなに珍しいことでもない。
特に大きな落車を経験したり、体重の重い人が荒っぽい乗り方をしたり、不整な路面での使用率が高かったり、紫外線が強く当たる場所で保管されていたり…、条件によってカーボンフレームの"もち"は違ってくるのだが…
僕のC40の場合はそれらのどれにも当てはまらないが、通常あまりない走行距離であり、新車からの経過時間も長い。
" そろそろ引退の時期かなぁ "と思いながらここまで来てしまった。
C40はロードバイクライフの大半を共にしてきたかけがえのない自転車であり、僕のローディーとしての成長と共にあったわけで、なかなか現役を退かせられないでいた。

C40は、ロードバイク史上に燦然と輝く戦績を誇る名車ということになっている。僕のC40はその最終モデルなので、完成形であり熟成されたバイクとして評価が高かった(ということを後になって知った)。
乗り始めの頃は「ロードの西も東もわからぬドシロウトが買うようなバイクじゃないよ!」といろいろな人から窘められたものだ。
実際このバイクを買った当座は乗り方もろくに知らないし、体もできていなかったので無闇と疲れてちっとも楽しくない。とんでもないものを買ってしまったのである。後悔の日々だった。
しかしそれなりのお金を出して買ったので投げ出すわけには行かない。
おまけにその年のサイクルショーの記事が朝日新聞に大きく掲載され、同じ自転車の写真まで載っている。しかも、自転車に興味のない人にはあり得ない価格まで書いてある。家族にも値段がばれてしまったのだから、ますます投げ出せない。

もともと体育会系とは無縁の人間なので、実践はおいといて本を買ってロードに関するあらゆる情報を集めた。中でもライディングフォームやペダリングは熱心に勉強した(つもりだ)。
そしてそれを実践するために夜の多摩サイへ出かけた時期もある。10年前の多摩サイは今のように危険なロードではなく、明るめの前照灯をつければ安全に練習ができた。
それから幾星霜…今では自転車の上で暮らし方がいい(と陰口を聞かれる)人間になった。

CF4は周囲の方が注目するほど僕は気に入ってはいない。COLNAGO for Ferrari と冠された名称と、限定車としての希少価値が注目度を高めているだけだと思う。
「写真を撮らせてくれ」とか「スゴイ自転車ですね」とか珍しがられ、ある時などロード好きな若い子が追いかけてきて信号で止まったところで、「写真撮っていいっすか?」なんてことも…
人寄せパンダとしては十分活躍をしてくれたCF4だが、走りはいまいちだった。
ところがCampagnolo BORA ULTRA twoに履き替えたら見違えるようなバイクに変貌した。まさに化けた!という感じだ。

それぞれのバイクたちは、新車にコンポを譲って引退したり、ホイールを新しいバイクに返上してオリジナルのスタイルに戻ったりするはずだった…

結末までに随分長くなったが、購入予定だった COLNAGO C59 NERO は Campagnolo SuperRecord EPS 専用のフレームだったので、コンポの換装はできないことになってしまったのだ。

COLNAGO C59 NERO は発表された時から注目していたバイクで、I サイクルで仕入れたのは僕にジャストフィットのサイズ!
冗談めかしてだが、店長曰く「Sさんが買うことを予定して入れたんですよ!」だそうである。
でも、あながち冗談ともいえない気がしている…
C40の引退を決めた以上、次の車種選定をマジで考えなければいけない。
あれこれ迷い悩みながら車種選定をするときが一番楽しいのだから、いい時間を与えてもらったというべきかも知れない。


Twitter: @pa_hoehoe



スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/228-fa8618b8

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク