2012/03/25 19:52
待ちわびていたうららかな春の訪れだ。

昨夜までは奥多摩の丹三郎にある"そばの丹三郎"で食事をし、吉野梅郷で梅の花の開花状況を見てから帰宅するつもりだったが…

本日の走行ルート
本日の走行ルート
今日はおそらく今年一番の山岳サイクリング日和だろう。こんな日に蕎麦だけを食って引き返すのはいかにも惜しい。

【ついでながら、"そばの丹三郎"の蕎麦はとてもうまい。絶品などとは言うまい。だが蕎麦好きにはおすすめしたい】

多摩サイの空の色も、その空を映す水のきらめきも、吹き渡る春風も、本物の春の到来を告げている。
今年は本当に春の訪れが待ち遠しかった。
多摩サイまで来て風張峠を目指すことに決めたら、俄然脚が軽くなった!
現金なものである。

いつもどおり"数馬の湯"で一休み。今日の休憩はその一回だけで、都民の森まで上りきった。
檜原街道では下ってくるたくさんのローディーたちとすれ違う。
この好天にじっとしていられず、早朝から風張峠に登ったローディーがいかにも多かったようだ。
これから上るローディーより、下ってくる方が圧倒的に数が多い。
風張峠好きでは人後に落ちないつもりだが、同じような仲間がなんと多いことか!

ヤビツはさらに人数が多いに違いないが、ヤビツと風張峠では上る人の気持ちが違う…と思う。

表ヤビツはタイムトライアルの戦場と化すこともある。
トレーニングのための上りなのだから辛くて苦しいのは当然だが、そこを走る時、自転車乗りたちに山に対する敬意が感じられない…そう思うのは僕だけだろうか。
上り坂がただの競争用のコースとなって、なりふりかまわずダッシュする姿に楽しさが感じられないのも蓋し当然と言うべきだろう。
タイムを1秒でも縮めたいとペダルを踏む時、コースは征服の対象以外の何ものでもない。

風張峠は競争するには偉大すぎる。1秒縮めてなんになる…ということだ。
そして長丁場の上りは、人をちょびっと哲学的にする気がする。
少なくともそういう相貌になっている人が多い。(見かけだけか?)
でも、自分と戦っている人々のけなげな姿が好きだ。特に体力も技術もない駆け出しの初心者や女性などの必死な姿は感動的ですらある。
僕がヤビツよりも風張峠を愛するのは、所詮は情緒的な人間だというだけのことかもしれない。
はなからアスリートの素質などなく、競争ということでは問題にもならないのだが…

浅間尾根駐車場から1
浅間尾根駐車場から1
まだ"山笑う"の季節は先だろうが、冬の厳しい表情は山肌からすっかり消えている。
ただ今、春の準備中といったところか。

浅間尾根駐車場から2
浅間尾根駐車場から2
山の向こうにたなびく雲だって、やはり春の気配だ。
昔は室内派だったのに、この変化はどうだろう!
今では雨が3日も降るとテンションも体調も下向きになる…

風張峠
風張峠
KING3の復活後、カーボンディープリムを装着して初めての風張峠だ。
FULCRUM RACING ZEROを履いたKING3 の写真をここで何回撮っただろう。
風張峠を一番楽しく登らせてくれるKING3の復活をあらためて嬉しく思う。

奥多摩周遊道路から
奥多摩周遊道路からの奥多摩湖
空の色のせいで、奥多摩湖の水の色が摩訶不思議な青緑色に見える。
冬季や夏季にはまた違った姿を見せてくれる。

月夜見第1駐車場
月夜見第1駐車場

※写真はXPERIA携帯カメラ


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/206-1edca705

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク