2012/02/09 21:07
CF4の音鳴りの程度を確かめるべく、寒中サイクリング!
ルート

およそ50km走ったが音が出たのはわずかに二度、しかもごく遠慮がちな音だ。
"問題なし!"としてI サイクルへの立ち寄りはどうしようか、としばし逡巡したがKING3のこともあるのでその足で相模大野へGO!

作業場でホイールのオーナーのW氏とメカのUさんがカーボンディープリムとシャフトを前に奮闘している。
カーボンホイールのカーボン製のシャフトに大きなクラックが入り、それを取り替えているところだった。
ところがそのメーカーは既になく、補修部品の調達が困難なのだという。

そのホイールはLEWというアメリカのメーカーで、今はレイノルズに引き継がれてRZRとして販売されている。
RZRの価格はなんと、およそ70万円!
目の前にあるLEWはおよそ80万円だったとか! おそらく史上最高価格のカーボンホイールだろう。
オーナーW氏は自ら認める"軽量マニア"で、ライトウエイトも所有しているという。羨ましい!!
フェラーリの実車も所有しているという。ボクサーと仰っていたので、水平対向エンジンのフェラーリなのだろう。

さてそのシャフトだが、グライダーの部品のカーボンパイプを加工しているところだった。
オリジナルのものより肉が厚く丈夫そうだ。
それを既存のシャフトの長さにきっちり合わせるために鑢がけをし、挿入する作業をしているところだった。
I サイクルでは部品製作にまで付き合ってくれるのか、とそっちの方に感心しながら作業を見せてもらった。で、無事成功裏に完了! めでたし、めでたし!!

本題の僕のKING3は既に日直商会から戻ってきていた。
もう一度よく観察した結果、そのままコンポを組み付けて乗ることになった。
せっかくだから新車当時の姿に戻そうと、バーテープとサドルは赤に決めた。
コンポはDURA-ACE Di2のまま、ホイールはフロントがWH-7900-C35-TU、リアをWH-7900-C50-TUとした。
出来上がりが楽しみだ。もう一度新車を手にするような気持ちの高まりがある。

高額ホイールのオーナーW氏としばし自転車談義。
その彼が仕事があるからと店を出た後、丁度折りよく日直商会の方が現れた。
話題の"Campagnolo EPS"や"DE ROSA PROTOS"の最新情報をうかがうことができた。

DE ROSA PROTOSは非公式ながら予約を受け付けているとのこと
デローザ プロトス
DE ROSA PROTOS
(I サイクルには既に3人の問い合わせがあるとのことだ)
フルオーダーシステムなので、完全に自分のフォームやライディングスタイルに合わせることができる。
カラーはネット上で見ることができるマットブラックにオレンジのさし色のみ
完成車のみの販売(これには深~い事情があることがわかった)
・シマノDuraAceのDi2仕様
・カンパRecordのEPS仕様
・カンパSuper RecordのEPS仕様
(機械式のワイヤ仕様もあったかも知れない…記憶があいまい)
確か以上の三種が選択肢として許されている。
※ホイールはCampagnolo BORA ULTRA twoのダークラベル、(Di2はFulclum RACING SPEED XLR のダークラベルか、或いは好きな方を選択できるのか)
納期は5~6月ころということだが、誰も信じていないところが可笑しい(笑)

Campagnolo EPSは3月1日がオーダー解禁日
EPS1
EPS-1

EPS2
EPS-2
Di2よりデザインは優れているという。やっぱりね!
操作性はDi2を上回るだろうとのこと。上回るってどういうこと?アレ以上何を求めるんだろう!
多段切り替えが一気にできることのほかにあるとすればスムーズさか?
電池の持ちはデュラには及ばないが、アルテは上回るだろうとのことだ。
Campagnolo EPSは専用フレームのみに搭載可能で、既存のフレームに載せることはできない。
従ってCampagnolo EPSの実質的な市場デビューは、サイクルショー以後、或いはユーロバイクショーの後だろうという。EPS対応のフレームが入手できず、EPSだけ所有してどうする?
※このことがDE ROSA PROTOSが完成車販売であることの大きな理由になっているようだ。

帰りがけにUさんから、「その後、CF4の音鳴りはどうですか?」と聞かれて、そうだったと思い出し、「ほとんどしなくなったので、音が出るようになったらまたお願いします」と告げて、I サイクルを後にした。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/183-b3a94d59

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク