2012/01/29 22:27
義理の息子のTYくんは家事と育児のヘルプに時間をとられ、仕事がたまっているので休日も仕事に精を出す。
平日は寝る間を削るしかないのでかわいそう。
で、娘は出産直後で体調も決してよくはないのでこちらもサポートが必要。

長男(僕の孫)の腕白kouくんをあずかれば双方の助けになるので、今日は"子守な一日"となった。

今日は気温が低く、おまけに北風がぴゅーぴゅーなので、kouくんの好きなアウトドアは無理だ。
さてどうしようと思案投げ首…
行かなければならないところがあることを思い出し、連れて行くことにした。

①頼んであるお米を取りに行く
②借りているCDをお返しに行く
③それでも時間があれば江ノ島水族館に行く

①は姉の家なのだが、新潟からまとめて取り寄せるお米に我が家も一口乗らせてもらっている。
そこいらのスーパーで買うコメと米が違う。炊き上がりの色艶、味、香り…納得の米である。
お米を受け取りがてら、成長したkouくんの姿もお目にかけることにした。
いつものことながら、昼ごはんをご馳走になった。
4月にはオランダを中心にヨーロッパ旅行に行く予定だという。
膝を痛めて諦めていた海外旅行にも出かけられるほどに回復したのだ。
よかった、よかった。

②はお馴染みの亜煉路館。マスターのKさんからお借りしたモダンジャズのCDをお返しに行った。
BGMにかけるCDだから商売道具の一つである。
そういつまでも借りていては申し訳ない。

チビをつれているのでいつものメニューではなく、"イチゴパフェ"と"オレンジジュース"をオーダー。
食べ物に釣られて、kouくんはすっかり亜煉路館のファンになってしまったようだ。
「また来る?」と聞くと、「うん、kouくんまたくるよ!」という返事。
前回も同じ事を聞いたのだが、そのときは「もう、おわり!」だったのに…

亜煉路館のkouくん
亜煉路館のkouくん

今日はご挨拶もちゃんとできたのだが、リラックスしてやや調子に乗りすぎ?
家のコーヒーストックが少なくなったので、マンデリンを200gいただいた。

kouくんが一番喜びそうな③は時間がなくてボツに…
次回のお楽しみとしよう。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

2 Comments

  • kazu+kano 

  • TYさんに似ているように思うのは、お嬢さんを知らないからか。愉しそうな一日ですネ。さてさて、寒さ厳しき昨日、今日。土曜日の反省しきり。グーグルの地図を見ながら検証してみました。世田谷通りと環八の交差する三本杉陸橋下を右折し、国立成育医療研究センター前を通過した後、坂を下り(左側に向きの変わる仏像がある)一番の難所である右折ライン付きの信号(砧小学校:上り斜面)にさしかかる。わずかな上り斜面なのだが道路が狭くなっており自転車が走れる幅が用意されていない。タイミングが悪いと赤になり、坂道発進で居場所が悪い。土曜日はタイミングよく通過、後は坂を下り、歩道橋付きの信号(左折:多摩堤通り、右折:成城方面)を通過し、多摩サイへ行くはずだった。何もないゆったりと右に曲がっていく坂道・・・なのに。全く認知していなかったが、地図を見ると坂の途中にヘアピンで曲がれる道がある(進入禁止になっていないのは路地先の地形からか)。どう見ても多摩川方面に向け路地から世田谷通りへと出てくる道に見えるが、並走していた落ち葉マークの軽自動車は坂を下りながら加速し、ヘアピンを左折しようとしたのだ(バカ野郎!)。進路を失い困った私、歩道に乗り上げたかったけど段差があって登れなかった。うーん、やはり警察を呼ぶべきだったかな。shimagnoloさんの言う通り、ひょっとしたら危なかったかも・・・。ご心配かけました。
  • 2012/01/30 19:03 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん
    kouくんは基本的に娘似ですが、弟(kaiくん)はTYくん似です。
    愉しいことはたのしいですが、なかなか疲れる一日でもありました。

    kazu+kanoさんの怪我は擦過傷程度で済みましたか?
    その後痛むようなことはありませんか?

    自転車乗りの唯一のプロテクターはヘルメットだけで、他の部分は歩行者と変わりません。
    それなのにそこそこの速度で車道を走るわけですから、危険と隣り合わせです。

    日本の道路は決して歩行者や自転車には優しくありませんから、我々自らが自衛能力を高めるしかないわけですが…
    弱者が自衛能力を高めるのはなかなか難しいですね。
    今回のように予想を裏切る動きをするクルマの前で、我々の自衛能力など吹けば飛ぶようなもの。
    強者の協力(彼らが原状認識を改めること)がなければ、事態のの改善は難しいのでしょう。
  • 2012/01/30 23:25 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/178-cca4fafc

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク