fc2ブログ
2012/01/22 16:56
去年の6月3日にフレームを破損して、蘇生をほとんど諦めていたKING3。
100%気に入って買った初めてのフレームだっただけに残念だった。
もちろん他のフレームだって悪くない。
むしろ気に入っているのだが、それでもなおKING3は別格だった。

"覆水盆に帰らず"、"It's no use crying over spilt milk."という諺がある。
洋の東西を問わず、人は取り返しのつかないことでも嘆かずにいられないものなのだ。

甲斐のない嘆きはよそう、取り返しのつかないことを後悔するのはやめよう!ときっぱり諦めたつもりだった。

KING3-1
KING3のフレームに穴が!①

KING3-2
KING3のフレームに穴が!②
そうは言ったものの往生際悪く、その後も検索サイトにアクセスして「カーボンフレーム修理」とか、「自転車用カーボンチューブ」などの関連するキーワードで検索をかけ続けていた。
そしてヒットしたのが、CarbonDryJapanだ。
修理後のフレーム強度を保証しているのが決め手となってメールで連絡を取った。

カーボンチューブの修理工房は数々あれど、たいていは強度の面で茶を濁している。
ユーザーにしてみれば、強度保証なくしては補修の意味はない。
カーボンフレームの破断は珍しいことではなく、状況によっては致命的な事故に繋がりかねないからだ。

KING3-b-1
KING3カーボンチューブ補修完了①
専門的なことはCarbonDryJapanのHPをご覧頂くとして、
カーボンプリプレグを巻いて補強した後、オリジナルフレームとの段差がどれくらいになるかが気になった。
無知な素人ならではだが、できる限り段差を少なくすることをお願いしてみた。
実は強度保証と段差のない滑らかな仕上げは二律背反的要素なので、両者のバランスのとり方に素人が口出しする余地はないはずだった。
最終的には「一に強度、二に見かけ」、でおまかせする他なかった。
強度に影響を及ぼさない範囲で、段差ができるだけ少なくなるよう作業してくださることになった。

KING3-b-2
KING3カーボンチューブ補修完了②
二律背反的要素の程よいバランスをとって補修していただいた結果が、この写真だ。
覚悟していたよりずっと滑らかで、納得のいく仕上がりだ。
フレームは、CarbonDryJapanからペイント工房RADICAL BRATS DESIGNSに直接送っていただくことにした。

ペイント作業にかかっていただく前にRADICAL BRATS DESIGNSに赴き、フレームを前に打ち合わせをさせていただいた。
全く新しいデザインで全塗装していただくか、トップチューブをオリジナル通りに部分塗装していただくか悩むところだった。
新しいデザインでペイントしていただくにしても、この時点で何のイメージも持っていなかったこと、もともとオリジナルのペイントが好きで購入したのにあまり乗っていなかったこと…
で結局オリジナルでの復活をお願いすることにした。

カーボン補修がほとんど滑らかに仕上がっているように見えたフレームだが、RADICAL BRATS DESIGNSのTUさんに促されて触ってみるとわずかな凹凸と段差がある。
強度保証を第一とする立場を尊重すれば、やむを得ないことと理解しているが…
TUさんはこの歪みを実に丁寧で時間のかかる作業で解決してくださった。

TUさんの仕事は完璧すぎるほど完璧で、作品(迷わずそう呼びたい!)を目の当たりにすれば誰もが認めざるを得ない程の、比類のないレベルだと思う。

KING3はきれいなシルバーメタリック塗装なので、下地の仕上げをよほど丁寧にしないとわずかな凹凸も目立ってしまうのだという。

KING3-a-1
KING3驚異の復活①
どうです! 見事!というほかない出来映えでしょう。
「メタリック塗装は、部分塗装だと塗料の金属の粉の並びが違ってしまうので、見る角度によっては少し暗く見えるかもしれない」と仰るが、どんなに目を凝らしても補修ペイントをしたようには見えない。
完璧とはこういう仕上がりのことだ!

KING3-a-2
KING3驚異の復活②
部屋の照明などが写り込んでいるが、実際はピカピカで新品をも凌ぐような塗装だ。
この仕上がりを実現していただいた裏には、下地の歪みの修正に手間と時間を惜しまず注いでくださった事実があるのだ。

普通はパテを塗って乾燥させて研ぎだし、凹凸を消して滑らかにすると思うのだが…
TUさん曰く、「パテは硬化してフレームのしなりに追従しきれないと、時間の経過にしたがって塗装がひび割れたりする」のだそうだ。
しかも硬化したパテはフレームのフレキシビリティーに影響し、さらに乗り味も変えてしまうだろう。

KING3-a-3
KING3驚異の復活③
で、比較的な柔軟なクリアウレタン塗料を塗っては乾燥させて研ぎだす。また塗っては乾燥させて研ぎだす…
完全に乾燥させるのに時間がかかり、しかもその工程を何回も繰り返すのだから大変な作業である。
KING3のロゴも、寸分の狂いもなく完全に復元していただいた。
この見事な出来上がりはその手間と技術があってのことなのだ。
一旦諦めていたフレームが生まれ変わってこんなに美しい状態で手元に戻ってくるとは、感謝の言葉もない。
RADICAL BRATS DESIGNSのTUさんには心より御礼申し上げたい。

KING3-a-4
KING3驚異の復活だが…①
ところが…
ヘッドチューブに一見クラックのようなすじがある。
TUさんが気づいて教えてくださったのである。
願わくば、カーボンチューブ修理の際に熱処理した影響で生じた塗装面だけのトラブルであって欲しい。
窯に入れて熱処理する時に塗装にトラブルが発生する可能性があるのは、事前に了解していたので、それであればノー・プロブレムなのだが…
ヘッドチューブの下方部分には、塗膜が浮いているようにみえるところもある。
フレームの他の部分にも熱処理時に塗膜が浮いたようになった箇所があるので、これらと同じ原因によるものだといいのだが…

KING3-a-5
KING3驚異の復活だが…②
コンポの組み付けなどをお願いしがてらフレームを I サイクルに持ち込んで相談してみた。
安心のためにも、輸入代理店「日直商会」に送って判断を仰ぐことにした。
なかなか乗れないなぁ~

※ I サイクルのU さんもKING3の仕上がりの想定外の見事さに感心することしきり!
そりゃぁ、そうだろうね。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト



14 Comments

  • kazu+kano 

  • ようやく出来ましたネ。お孫さんの無事誕生に続く朗報です、良かった。すぐに乗れないのが残念ですが・・・。次回は、「スーパー」KING3を見たいものです。先週ですが、天候が悪く不本意な日々を過ごす中、東京国立博物館に「清明上河図」を見に行きました。入場まで1時間、更に見るための列に3時間、計4時間を費やし(9時半から1時半)、約10分程係員にせかせながらの見学でした(パソコンでも30分では見終えないのに)。とりあえず、本物に接したといった1日になりました。故宮博物館でも今世紀に5回ほどしか展示していない逸品との前触れに触発されての事ですが、疲れました。天気も今週は回復すると思われます。ナビマスターを目指し出掛けたいと思っています。
  • 2012/01/23 09:40 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん
    美術品の鑑賞に興味はありますが、そんなには待てませんねぇ(笑)
    特別公開される名品や特別な美術作品を楽しもうと思ったら、日本では、とりわけ東京ではその程度の我慢ができなければ拝むことはできませんね。
    見たいものはたくさんあるのですが…必要なのは、まずは性格改造でしょうか!

    待てない性格ながら、こと自転車に関しては随分待ちました。
    しかしながら、その甲斐あって見事な仕上がりです。
    今後もしも皆様の愛車に同様のトラブルが発生した場合、今回の僕のケースがお役に立てるに違いないと確信しています。
    自ら言うのもどうかと思いますが、今回の補修は最上の選択の一つだったのではないかと自負しています。
    ヘッドチューブの問題は残りますが…これはまったく別の問題とするべきだと思っています。

    お互いに都合がつく時に、是非またご一緒させていただきたいと思います。
    お誘いお待ちしております。
  • 2012/01/23 21:14 | URL   [ 編集 ]
  • kudou 

  • ようやく、出来てきましたね
    随分と時間が掛かりまたが、納得の仕上がりの様ですね
    写真を見る限りでは心配してい段差もたまったく分かりませんね
    ”お見事”ですね
    実物を見るのが楽しみです!

    shimagnoloさんはご苦労された事と思いますが、今回の件でカーボンフレーム修理の一つの道筋を作って頂いたと思っています
    感謝、感謝です

    ヘッドチューブの件ですが・・・
    御存じかと思いますが、カーボンドライジャパンは「非破壊検査」でクラックなどの確認が出来るはずです

    日直商会で明確な回答が得られなかった場合はそちらも考えてみては如何でしょう!

    kudouでした!
  • 2012/01/23 23:14 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさんにはKING3の本日までの経緯をず~っと見守っていただき、ご相談にも乗っていただきました。
    おかげさまで本日を迎えることができたと感謝しております。
    ありがとうございました。

    僕の経験がネガティブな意味で皆様のお役に立てる日は来ないに越したことはありませんが、フレームの化粧直しというポジティブなチャンスだってありえますよね。その時には僕の経験を信じて名プロフェッショナルたちにお預けください。絶対に後悔はないと断言いたします。

    CarbonDry Japan Incではデジタル超音波探傷機を導入し、目に見えないカーボンのクラックなどの発見もできるようですから、それも視野に入れております。
    しかし、僕の希望的観測というか、ただの希望というか、或いはただの願いかもしれませんが、熱処理による塗装面の傷みのように見えるのですが…
  • 2012/01/24 00:01 | URL   [ 編集 ]
  •  

  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/07/24 00:04 |  
  • shimagnolo 

  • > 突然のコメントで失礼します。
    >
    > 私も先日の落車でトップチューブを割ってしまいました。
    >
    > 頭が真っ白になって検索したところ、shimagnoloさんのブログにたどり着きました。
    >
    > 記事を読ませて頂いてCarbonDry Japanに写真貼付をして見積もりをお願いしました。
    > おおよその修理代が52500円
    > 元のカラーへの復元塗装が47500円
    > ということでした。
    >
    > そこでご質問なのですが、RADICAL BRATS DESIGNSという会社はCarbonDry Japanと提携している会社なのでしょうか?
    > また費用はどのぐらいだったでしょうか?
    >
    > 私は東京在住なのでshimagnoloさんのように直に塗装会社と相談したいと思っています。
    >
    > お暇な時で結構ですので、お返事頂けたら嬉しいです。
    >
    > フレームを割って絶望していたときに、このブログに出会えて本当に良かったです。

    それは災難でしたね。大事にしていたフレームに傷がついてしまったときのショックは、お察しします。
    さて、カーボンチューブの補修とペイントの件についてご返事いたします。

    カーボンドライについてですが、補修後の強度保証をしているのはこの会社くらいなものです。少なくとも、僕のKING3に関してはその後全く不安なく使用しております。
    【カーボンドライへ発注】
    ・ペイント不要を必ず伝えること。さもないとクリアを吹かれてしまう可能性があります。
    ・カーボン補修が完了したら、ラディカルブラッツデザインズに直送してもらうこと(事前に、ラディカルにその旨了解いただくのは言うまでもありません)

    【ラディカルブラッツデザインズの宇谷さんとの打ち合わせ】:(宇谷さんはラディカルブラッツのオーナーでペイントしてくださる方です)
    ・フレームの写真を送って、塗装範囲など相談してください。ロゴやデカールにかかる場合、カーボンプリプレグをまきつける範囲などを事前にお尋ねしておいた方がいいかもしれません。僕の場合は「KING3」のロゴを再生していただいたので、これは必要なことでした。
    ・ペイントについての打ち合わせをする。オリジナルを再現するか、別のデザインにするかなど…
    ※ラディカルブラッツデザインズの塗装の見事さは、知る人ぞ知るです。まさに完璧な技術です。もしも現在お持ちのフレームに並々ならぬ愛着をお持ちなら、ラディカルでの塗装をお薦めいたします。
    宇谷さんにお願いする場合、僕のブログを読んで薦められたとお伝えしていただいてかまいません。
    ※カーボンドライとラディカルブラッツは提携関係にはありません。しかし、補修品の直送や受け取りなどには快く応じてくださいました。

    取り急ぎコメントを返させていただきましたが、ご不明な点や不安なことがありましたらいつでもご連絡ください。
    (鈴木と申します)
  • 2012/07/24 07:41 | URL 
  • shimagnolo 

  • > > 突然のコメントで失礼します。
    > >
    > > 私も先日の落車でトップチューブを割ってしまいました。
    > >
    > > 頭が真っ白になって検索したところ、shimagnoloさんのブログにたどり着きました。
    > >
    > > 記事を読ませて頂いてCarbonDry Japanに写真貼付をして見積もりをお願いしました。
    > > おおよその修理代が52500円
    > > 元のカラーへの復元塗装が47500円
    > > ということでした。
    > >
    > > そこでご質問なのですが、RADICAL BRATS DESIGNSという会社はCarbonDry Japanと提携している会社なのでしょうか?
    > > また費用はどのぐらいだったでしょうか?
    > >
    > > 私は東京在住なのでshimagnoloさんのように直に塗装会社と相談したいと思っています。
    > >
    > > お暇な時で結構ですので、お返事頂けたら嬉しいです。
    > >
    > > フレームを割って絶望していたときに、このブログに出会えて本当に良かったです。

    ラディカルブラッツでのペイント費用のお応えをしておりませんでしたね。
    確か、五万円ほどだったと記憶しておりますが…
  • 2012/07/24 07:55 | URL 
  • SING 

  • お返事ありがとうございます。

    つい半年前に無理して購入したバイクです。

    毎日掃除をするほど気に入っています。

    私の場合、目視ではどこまで割れているか分からないのでCarbonDryJapanで検査してもらい、修理が必要ならクリア塗装無しでRADICAL BRATS DESIGNSへ送ってもらおうと思います。

    出来るだけ元に近い状態になってくれるといいのですが・・・

    ご親切にしていただきありがとうございました。

    また分からない事があった場合ご連絡させて頂くかもしてませんが、その時はよろしくお願いします。
  • 2012/07/24 12:30 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • オリジナルペイント復元に関して参考までにコメントさせていただきます。
    そちらのバイクのロゴやデカールに関する情報が宇谷さんのところにあるとは限りませんし、入手できない場合を考慮して、デジカメで詳細に撮影しておいた方がいいかもしれません。彼は既成のシールなどに頼らず、ご自分の手作業で再生します。
    僕の場合は、宇谷さんが既にKING3のペイントをなさった経験があったこと、シートチューブのロゴとトップチューブのロゴが同じであったことなどで、問題はありませんでした。
    ラディカルブラッツデザインズの復元テクニックやオリジナルのペイントセンスと仕上がりは完璧です。安心してお任せしていいと思います。宇谷さんに直接お目にかかってご相談になってください。
  • 2012/07/25 08:48 | URL 
  • SING 

  • ありがとうございます。

    先日、直接ラディカルブラッツデザインズへ行ってきました。

    いろいろ親身に聞いてくださり、デカールの事も詳しく説明して頂きました。

    ついつい世間話をしてしまい、2時間ぐらいお邪魔してしまいました(笑)

    トレースもしくは、写真を撮影したいと思います。

    願わくばカーボンの層まで割れてない事を祈って・・・
  • 2012/07/28 20:16 | URL   [ 編集 ]
  •  

  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/10/15 02:33 |  
  • shimagnolo 

  • SINGさん
    愛車の復活、おめでとうございます。
    経緯は貴ブログにて拝見いたしました。
    美しい仕上がりに納得のご様子、ご同慶のいたりです。
    今後も、落車や事故に気をつけて自転車と長いお付き合いをお楽しみください。
    わざわざご連絡いただき、ありがとうございました。
  • 2012/10/15 07:59 | URL   [ 編集 ]
  • Bianchi乗り 

  • カーボン補修というキーワードで個のサイドにたどり着きました。
    納車1週間で携帯ポンプがシートチューブから外れ、チェーンステイに亀裂が入りました…
    泣きそうになりながら、インターネットで検索するとこのページにたどり着き、CarbonDryJapanさん⇒ラディカルブラッツさんへ修理に出すことが出来ました。2~3ヶ月自転車には乗れませんが、このページのおかげで買ったばかりのバイクをスムーズに修理へと出せたので、本当に助かりました!
    なんのことやらわかりにくいかもしれませんが、このページのおかげで修理に出すことが出来たお礼を言いたくコメントをつけさせて頂きました。
    ありがとうございました!
  • 2013/07/25 12:28 | URL 
  • shimagnolo 

  • > カーボン補修というキーワードで個のサイドにたどり着きました。
    > 納車1週間で携帯ポンプがシートチューブから外れ、チェーンステイに亀裂が入りました…
    > 泣きそうになりながら、インターネットで検索するとこのページにたどり着き、CarbonDryJapanさん⇒ラディカルブラッツさんへ修理に出すことが出来ました。2~3ヶ月自転車には乗れませんが、このページのおかげで買ったばかりのバイクをスムーズに修理へと出せたので、本当に助かりました!
    > なんのことやらわかりにくいかもしれませんが、このページのおかげで修理に出すことが出来たお礼を言いたくコメントをつけさせて頂きました。
    > ありがとうございました!

    Bianchi乗りさん
    僕のブログが役に立って何よりです。実はこれまでにも数人の方がブログにアクセスして破損したカーボンバイクを再生したという経緯があります。
    Bianchi OLTREを破損したオーナーの方の相談にも乗らせていただいたことがあります。先日ラディカルブラッツデザインズに伺った時に、その方のお話が出ました。
    CarbonDryJapanも今では自転車を多く手がけていますが、僕のKING3の補修の時には今ほどではありませんでした。ラディカルブラッツデザインズのペイント技術とセンスは超一流ですから、ほとんどどのような注文にも応えて頂けると思いますし、その仕上がりは間然するところがありません。安心してお任せできますよ。
  • 2013/07/26 20:25 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/176-afe0d590

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク