fc2ブログ
2012/01/17 09:41
切迫早産で未熟児出産か!と騒いでから早くも2ヶ月
そして本日、正規の予定日を迎えた。
それはそれでめでたいのだが、この2ヶ月の騒動はなんだったのか!
今日はKKさんから「生まれましたか」のメールまでいただく始末!
お騒がせ致しております…

昨日の朝、待ち合わせ場所の片瀬江ノ島駅に向かう途中、孫のkouくんから携帯に電話があった。
"やや、これはいよいよ出産か!"と電話に出ると元気な娘の声
「kouちゃんがおじいちゃんに会いたいといってるのよ」という。
本人が電話の向こうで何か言ってるがよく聞き取れない。
待ち合わせ場所に遅れてはならないので、「じゃぁ、明日一日遊んであげるよ」と気軽に約束して電話を切った。

午前10時前には車で迎えに行き、「羽田空港で飛行機見せてあげるからね」というと、両手でヘリコプターの形を作って、「これ見たい!」といって喜んでいる。
彼は飛行機よりヘリコプターがすきなのだが、名前が難しくてうまくいえない。

空港に着いてお茶とおにぎりを買って屋上の展望スペースへ向かう。
寒い寒い! 
飛行機には興味がさほどないこと、飛行機がやや遠いことなどもあってたいして喜ばない。
嬉しいと過剰にテンションをあげるはずなので、飛行場はやや期待はずれだったのか。
おにぎりを目当てに集まってきた雀たちにご飯をあげたり追い掛け回す方が楽しそうだ。

早々に引き上げて移動することにしたが…
羽田駐車券

クルマはP1のA6に停めたことだけ覚えていて、何階だか忘れてしまった。
A6はそれぞれの階にあるのだ!

連絡通路のある4Fはハズレ! やや焦ってkouくんを脇に抱えてエレベーターに戻り他の階を探すことに…
そんなに上らなかったから、2Fか3Fだろうと見当をつける。
2階で発見! 何しろ広いので、この程度ですんだのだから事なきを得たということにしておこう。

ナビを山下公園にセットして走り出すと、kouくんは後ろのベビーシートですぐにお昼寝だ。
公園の駐車場に着く少し前に目を覚まし、「お船、見る~!」と寝ぼけ顔なのに嬉しそうに催促。

遊覧船乗り場に着くと、ちょうどシーバスが出るところだったが、これではあまり楽しめそうもないのでマリーン・ルージュで横浜港一周クルーズをすることにした。
船が出るまでに40分もあるので、公園内で遊ばせて時間をつぶすのも容易ではない。

乗船券発売開始を待って改めて窓口に行くと、「ただ今お一人様のみのご予約で、お客様はお二人目です。あともうお一人のご予約がなかった場合は欠航になりますので、ご了承ください」だと!
マリーン・ルージュ乗船券

幸いにも後から5~6人のお年より客がやってきた。
kouくんは彼らの孫以下の年齢なので注目の的だ。
乗船料は大人一人分だけで、2歳児は無料だ。
しかし、いかに平日とはいえこれでは営業を続けるのは難しいだろう。

マリーン・ルージュ1
マリーン・ルージュ1
乗客と同じかそれ以上の人数のスタッフがいて、なかなかのもてなしである。
kouくんには特別にホットココアを用意し、わざわざ居場所を探して届けてくれた。
やがて女性のスタッフがやってきてこの写真を撮ってくださったのである。
その後も「記念に写真を撮りましょうか」と何人ものスタッフに声をかけていただいた。

マリーン・ルージュ2
マリーンルージュ2
船上結婚式を行う設備もあり、バンケットルームのような船室もある。
この写真の船室は船尾にあってレストルームのようなものだ。
洗面室も広くてきれいだ。

ティーテーブルの上には、船上結婚式の模様を収めたアルバムが置いてある。
それを見たkouくんが「ダダとママだよ」という。
ハワイで挙げた結婚式の写真を両親から見せてもらって、それと重ね合わせているのだろう。
※ダダというのはパパのこと。口がよく回らないときにそう言ったのが気に入って、今もそのままだ。
ちなみに僕も今だに"ぎーたん"と呼ばれることが多い。理由は同じだ。

ニコニコしながら突然、「おかあさん、ごめんなさい」という。
普段は頑固で謝らないといわれているので、「kouくん、いけないことをした時にはちゃんとごめんなさいできるよね」というと、「ヤダ!」だって。 やっぱり!
どこかで覚えてふざけて喜んで言ってるだけだった。

いや~、それにしてもよく歩いた。2歳児って普通はこんなに歩かない。
こんなにって、5キロは歩いただろう。
おんぶとか抱っことかの要求は一切なし!
えらいぞ、kouくん!


Twitter: @pa_hoehoe

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/173-a2e26e3a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク