2011/12/25 23:07
kazu+kanoさんと二人で都内サイクリング
"パンダーニ"で超軽量輪行袋を買う!のが目的だったのだが…

今朝も寒かったが、三軒茶屋で10時に待ち合わせた。
奇跡的にも二人は同時に三茶の交差点に到着! 約束の時刻より早めだったにもかかわらず、である。

"パンダーニ"の開店時刻は午後1時。先にランチを済ませて帰りに寄ることにしたが、どうせ近くを通るので場所を確認しておくことにした。

GPSナビが故障して使えないのでやや心配だったが、昨日の晩にしっかり確認したのでほとんど迷うことなく行き着いた…そのはずだったが、しかるべき場所にない!
手分けして周囲を確認することに…
やはり間違っていなかったのだ。ただショップが予想していたより小さかったので見落としていた。

お台場を目指し、船の科学館で初代南極観測船「宗谷」を見学した。
見学は無料だが、「保存協力金のお願い」(だったかな?)とかかれた募金箱があった。
ささやかながら協力させていただいて宗谷に乗り込んだ。
宗谷8
宗谷1
宗谷はとても小さな砕氷船だ。映像で見ていた感じより、想像していたよりずっと小さい。
第一次南極大陸越冬隊派遣の1956年、日本は貧しかったのだ。

宗谷1
宗谷2
海上保安庁の職員が海難救助の訓練をしている最中だった。

宗谷2
宗谷3 会議室か?
どの船室も狭く粗末なつくりだ。

宗谷3
宗谷4 船室
士官たちの船室の多くは一人部屋だが、この写真にあるのは二段ベッドの二人部屋だ。中には三人部屋もある。
もちろん娯楽施設のような余分な部屋はないので、航海はストレスの溜まるものだったことが想像される。

ベッドは船の揺れで転落することがないように柵が設けられている。
ベッドの幅が狭いのはスペース上わかるが、どう考えても縦が短か過ぎる。
同行したkazu+kanoさんは「私には小さすぎて寝られないなぁ。膝を曲げてじゃぁ寝られないよ」と言っている。身長が180cm以上あるので確かに無理そうだ。

宗谷4
宗谷5 診療室

宗谷5
宗谷6 無線室
アナログ機器がたくさん並んでいる。

宗谷6
宗谷7 操舵室

宗谷7
宗谷8 船尾のヘリポートから船首方向を望む

お台場を後にして、築地場内の龍寿司でランチ!
龍寿司
龍寿司
満席で順番待ちの客も5人ほどいる。ま、ランチ時の寿司屋だから長っ尻の客も少なかろうと待つことに…
ほどなくカウンターにつく。
初めての客にはにぎりセットの「菊」か「蘭」がおすすめとある。
とりあえず試しということで「菊」を注文。
寿司としては値段が安いのだから仕方ないが、ネタは新鮮でうまいのにかなり小さい!
カウンター席の隣のカップルが食べている「おまかせにぎり」にすればよかったと直ちに後悔するが手遅れ…
次回食べに来ることがあったら、「おまかせにぎり」を食うぞ!

もう40年以上前、大学の時に行ったことのある「カフェ・ド・ランブル」に向かって銀座通りを銀座八丁目方面へ走り出す。
銀座通りは歩行者天国で、交通警官があちらこちらで見張っているので自転車を下りて引いて歩く…と目の前に「銀座とらや」が!
銀座とらや1
銀座とらや
となりのHokkaido Dishesと書かれた店のシャッターが閉まっているので、その前に駐輪してデザートタイム。
kazu+kanoさんは「お汁粉」、僕は「抹茶つきのあんみつ」
銀座とらや2
お汁粉

銀座とらや3
抹茶つきあんみつ
さすが「とらや」!とても美味!
そしてさすが銀座とらや!お値段はいつのも甘味の2倍!
暖房が効いた静かで居心地のいい店内だ。
甘味を前にのんびり話しているのは年配者ばかりだ。
みなこぎれいな身なりをしているので、我々の姿はとんでもなく異形に映ったに違いない。
そんなことは一切かまわず、小一時間も話し込んで外へ出てみれば気温は下がり、かなたには雨雲か雪雲か!

本日のもう一つの目的の「カフェ・ド・ランブル」は次回の楽しみとすることに!
そして第一の目的の「パンダーニ」も次回に延期して、帰途に着いた。

kazu+kanoさん、本日はご一緒していただきありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

※写真はXPERIA携帯カメラ


Twitter: @pa_hoehoe 
スポンサーサイト

2 Comments

  • kazu+kano 

  • 車の多い246号線を経由してのサイクリングとならざるを得ないのが残念ですが、日曜日の都心は比較的快適なサイクリングが楽しめます。寒い一日でしたが、冬だから仕方ないですネ。築地場内の寿司は一番安いセットでしたが美味しかったので正解でした(量が足らないですが・・・)。虎屋も良かったですネ。値段は銀座ですから致し方ありません。日曜限定で、また楽しみましょう。
  • 2011/12/25 23:54 | URL 
  • shimagnolo 

  • 都内サイクリングは、見るところ、うまい食処、さまざまな行事など何でもあって、一年を通じて飽きそうもないですね。
    仰るように246でのアクセスだけが楽しくないし、危険です。

    やはり新年になったら、早速パンダーニの超軽量輪行袋を購入します。
    これがあればどこでもストレスなく乗り降り自由ですからね。輪行に新たなバリエーションが加わりそうです。

    来年はいろいろと下調べをして、大江戸サイクリングをもっともっと充実させましょう。
    日曜日限定で!
  • 2011/12/26 08:02 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/160-793b649e

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク