2011/03/05 20:51
脚が回らないってこと、あるんですねぇ。
乗ってた自転車が悪いのか、お腹にまだバリウムが残ってるのが悪いのか…、なんだかわからないけれど、とにかく脚が回らない一日だった。

朝の気温は低いがまぶしいほどの日差しに後押しされて今日もロングライドに出かけた。
春を迎えたら思いっ切り遠出をしたいので、季節の変わり目の今走らないと、短い春が一層短くなってしまう。

そこで、五日市から桧原街道、甲武トンネルを抜けて上野原、相模湖・津久井湖を通って帰宅という比較的好きなコースにした。
甲武トンネルGPSログ


そんなに甘くない登りではあるが、上川乗から本格的に上りはじめ、暫くするといつもと調子が違う気がする。脚が重い。ついでにお尻の収まりも悪くペダリングがうまくない。最近平地や勾配がさほどきつくない登りでは引き脚が使えるようになったのに、今日はうまく回せないから引き脚も効かない。
甲武トンネルへの上り
甲武トンネルへの上り

ぐずぐず上りながらもようやく甲武トンネルにたどり着く。
栗坂から甲武
栗坂トンネルから甲武トンネルへの入り口

甲武トンネル
甲武トンネル

ここからはほぼ下り基調だ。路面に滑り止め、ところどころにバンプ。だから決して快適とはいえない。
ほぼ下りきると鶴峠から下ってくる道と合流する。
鶴峠方面
正面の登りが鶴峠方面。画面の左方向が上野原市街方面。

数年前に5~6人のグループで上野原から鶴峠を越えて奥多摩湖に抜けて青梅街道から帰ったことがある。
それはわがサイクリング史上最悪の出来事だった。その当時は峠の走り方のイロハも知らなかった。
峠まで道半ばにして両脚に痙攣がきて、自転車に乗れなくなってしまった。
ちょっと休んでは乗ってみる。すぐに痙攣が来る。またちょっと休んでは乗ってみる…の繰り返し。焦ってるから覚悟を決めて十分に休憩ができない。
もの知らずの僕も、いよいよダメだと悟って自転車をずるずる引きながら相当の距離を歩いた。これが奏功して、その後はなんとかゆっくり上ることができた。
さんざんみんなを待たせてしまった。仲間のアドバイスで、水分やエネルギーをしこたま補給して生き返った。

こんなことやあんなこと、たくさん失敗して、なんとか今は峠を楽しめるようになった。
スポンサーサイト

5 Comments

  • 大和のイジリ虫 

  • 脚が回らないのは、少々走り過ぎと違いますか(笑い)
    私は何時も気持ちだけ”空回り”ですが・・・

    昨日、初めてメンテ上がりのユーラスを履いてみました。

    剛性が高く、安定感バッチリですが、私には少々硬く感じ、オーバースペックのようでした

    詳しくは次回と言うことで!



  • 2011/03/07 22:02 | URL 
  • shimagnolo 

  • >大和のイジリ虫さん
    走りすぎは間違いないのですが、脚が回らないのはどうも理由が別のようです。

    意外にも意外なことなのですが、ビブタイツのパッドの性能がよくないのではないかと思います。
    zero-rh+の製品なのですが、以前にも同じようなことがあったことを思い出しました。
    メーカーのために言っておきますが、同じzero-rh+の製品でも長時間快適に走れるものもあります。
    今回身につけていたものも普通に100キロ程度走るには何の問題もありません。山岳を長距離走るような、ややハードなライドの時が問題です。
    合わないパッドを補うように体が自然に余計な筋肉を使うため、ペダリングスキルが低下するだけでなく、筋肉にも大きな疲労が残りました。

    ASSOSの価格設定は納得の域を超えているかもしれませんが、長時間ライドには絶対の信頼が置けます。
  • 2011/03/07 23:00 | URL   [ 編集 ]
  • shimagnolo 

  • KKさん、拍手にコメントありがとうございます。
    KKさんの今の走りでたいていの峠は楽しめます。要は自分のペースをキープすることです。自分より力のある他人の背中を追ってはいけません。ましてや峠ではドラフティング走法なんてほとんど意味を持ちません。平地だって40キロ以上の速度を出すか、向かい風でもない限り、人の背中にへばりついてもたいして楽はできないと思います。

    機会があればお誘いさせていただきます。無理のないコースでお付き合いいただけるのを楽しみにしています。
  • 2011/03/08 20:36 | URL   [ 編集 ]
  •  

  • このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011/03/09 22:05 |  
  • shimagnolo 

  • KKさん、近々に是非輪行でご一緒しましょう。
    練習にはいつでもお付き合いさせていただきますよ。まずは田園都市線を使って渡良瀬遊水地か日光方面にチャレンジしましょう。気負わずに輪行ができるようになれば、KKさんのサイクリングのステージは何段階も上がります。
    来月は九州へ飛行機輪行に行きますので、その報告をさせていただきます。
  • 2011/03/09 22:22 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/16-6759aaa1

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク