2011/12/12 21:13
せっかく7時に目覚ましをかけたのに寒くて起きられない。
で、結局家を出たのは10時近くになったorz

日が短いので帰りの日没を考慮して輪行袋を持参!そしてデジカメも!
チューブレスタイヤがややスローパンク気味だが、時間がないのでエアを入れてそのまま走り出す。
途中で空気漏れがひどくなったらチューブを入れてクリンチャー仕様にし、そこから引き返すことにした…こういうのは、横着というより危険だ…反省
【チューブレスタイヤの威力については、ページ最下段で改めてご紹介することにして…】

昨日のサイクリングが不完全燃焼だったので、昨晩から今日は遠出することに決めていた。
コースを決められずに走り出したが、大雑把に【道志みちを走って、暗くならなければ小田原まで】という目標で…
この出発時刻でこんな杜撰な計画は無理だとわかっていたが、それならば行かれるところまででも…
暗くなったり、寒くなったり、つまらなくなったら、輪行袋という強い味方もあることだし!
本日の走行ルート
本日の走行ルート
※最初に記事をアップした時に、間違えて一日前の「走行ログ」を載せてしまった。
kazu+kanoさんからご指摘をいただき、急いで差し替えた。お知らせありがとうございました。

津久井湖を過ぎると後ろから2名のローディーが追いすがり、ガンガン漕いで抜き去っていった。
"ああいう走りをするローディーがまさか山中湖に先陣を切ることはあるまい"と思って、マイペースで三ヶ木の交差点を左折して道志みちへ右折する交差点まで来ると、先ほどの2名が信号待ちしている。
よくあることだが、抜き去るときばっかり勢いがよくて、後続が見えなくなるとペースダウンするというヤツだ。
後ろを振り返ってからそのまま厚木方面へ直進して行った。
本日この後自転車乗りに出会ったのは、山中湖から山伏峠に登ってくるクロスバイク1台だけ

道志みち・両国橋
道志みち・両国橋
山はとうに紅葉の時期を過ぎてはいるが、枯れ葉だって捨てたもんじゃない。
今日のようなきらめく日差しがあれば、枯れ木でにぎわう山だって青い空と見事なコントラストをなす。
さて、カメラを取りだしてブログ用の写真を、と思ったら…なんと!カメラにはカードが挿入されていないとのメッセージ!!
カメラはただの荷物になってしまった。
仕方ない、性能も使い勝手もよくないXPERIAの携帯カメラが代役だ。

道志みち・つり橋
道志みち・つり橋
このつり橋のたもとに、顔写真つきの尋ね人の紙が貼ってあった。ご家族が手作りしたものだ。
当然警察には捜索願が出されているのだろう。
この11月27日に山に入って行方がわからなくなっているのだという。男性で年齢は僕と同じ。
道志みちに入ると気温は低く、日陰の路肩には今朝の霜が解けずに白く残っている。
山の中では降雪もあったかもしれない。
実際、標高が少し上がったところは、山ばかりでなく畑にも解けきれない雪が残っていたくらいだ。
行方がわからなくなってから既に2週間が経つ。
通りすがりの者でさえ、無事を祈って胸が痛む。
ご家族の心配はいかばかりだろう。

山伏峠
山伏峠
峠までくると、日陰は雪で真っ白になっている。
だが、思いのほか寒さを感じない。空気が乾燥し、風もなく、十分な日差しがあるからだろう。
先日登った風張峠の2℃に比べればずっとらくだ。

山伏トンネル
山伏トンネル

山中湖の富士山1
山中湖の富士山1
道志みちから見た富士山は真っ白な雪をいただき、実に優雅な姿だったが…
麓までたどり着いたとき、富士山は逆光の真っ只中!
堂々としたシルエットは見事だが、冬の富士山特有の優雅でたおやかな姿ではなかった。

山中湖の富士山2
山中湖の富士山2

山中湖
山中湖

山中湖畔
山中湖畔

籠坂峠
籠坂峠
御殿場に下る道はそこかしこで工事中!
片側通行なので、しばしば信号待ち。
下りは風を切って体感温度が極端に下がるので、停止自体は自転車にとっては救いの神でもある。
ただ下り始めるとすぐ後ろに車が迫って、どけどけのオーラを出し続けるのには参った。

御殿場の富士山
御殿場の富士山
結局、冠雪した美しい富士山を間近に見ることはついになかった。
もう少し時刻が後なら、夕焼け空に浮かび上がる富士山のシルエットが見られたかもしれないなぁ。

あたりが暗くなってきたので、やむを得ず御殿場から輪行することにした。
疲労感もなく、気力にもまだ余裕があったので、返す返すも残念だった。
"御殿場から箱根を越えて小田原に下りたかったなぁ…"
ま、これは日が伸びる来年の春の愉しみにに取っておくことにしよう!

※チューブレスのスローパンク
確かにスローパンクをしていたのだが、100キロ以上走ってもまだ走れる状態だった。
クリンチャーではどんなに軽度のスローパンクでもこういうことはない。
パンクの程度にもよるが、チューブラーもチューブレスもパンクして空気圧が下がりはじめると、内側のラテックスの層が縮んでパンクの穴も縮むのではないかと思う。
はじめてチューブラーがパンクした時、シューっと空気の抜ける音がしたと思うとすぐに止まり、その後は一定の空気圧を維持してくれた。もちろん何時間もというわけにはいかないが。
これはタイヤの内部のゴム層で上記のようなことが起こっているのではないかと思うのだが…
正しい事実をご存知の方がいたら、ご教授ください。

写真はXPERIA携帯カメラ


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

4 Comments

  • kazu+kano 

  • 冷たい空気がただよう日々が続いていましたが、今日の日中は、どちらかと言えば暖かな日差しで気持ちの良い一日でした。峠は雪で寒そうですネ(走行ルートが先日バージョンですヨ)。ところで、自転車道論議が盛んになっています。先週、月曜日に珍しくジムに行かずに都内を走ってみました。例によってお台場まで行き、帰りに銀座通りを端から端まで走ってみましたが、平日の都内は命がけですネ~。路肩は駐車している車で一杯だし、タクシーは急停車・割り込みで自転車は急ブレーキ・停車です。ブルーレーンは引けませんネ、無理です(ラインを引く必要のない裏道にブルーレーンがあったりして…)。野田政権同様にあっちの顔立て、こっちの顔立てして、結論を出さぬまま、こうだ、ああだと言い続けているより他、無さそうな気がしました。
  • 2011/12/12 22:05 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん
    いつもコメントありがとうございます。
    途中席を立って、記事はまだ半ばですが…
    走行ログが前日のものだったんですね。全然気がつきませんでした。
    おっちょこちょいなので、記事を書きながらもたまに見直さないといけないですね。
    ご指摘ありがとうございました。早速差し替えました。

    確かに都心の自転車走行は命がけですね。
    【原則車道を走る!】には大賛成ですが、実現までには課題山積というところですね。

    クルマどもは"Share the road"などどこ吹く風!
    「そこのけそこのけ、クルマ様が通る」が当たり前ですからね。
    一方、自転車や歩行者は日陰者扱い!

    歩道橋なんてその最たるもの。
    信号のない横断歩道で立っていても、まず止まるクルマはない。
    それで拗ねてグレちゃってるのか、交通法規を遵守する精神がまるでない人や自転車が多い。
    歩行者や自転車が信号無視をするのは枚挙に暇がないですものね。
    わが国の交通に関しては、哲学も行政も教育も全てが間違った道を進んできちゃったから、なかなか本来の姿には戻れないでしょうね。
    困ったものです…
  • 2011/12/13 00:20 | URL   [ 編集 ]
  • kudou 

  • 遅く出られたのに随分と遠くまで行きましたね
    輪行ならではの技ですね
    行動範囲がぐっと広がりますね

    私はと言うと、土日の休日出勤が日曜だけに成り、土曜は真鶴に行って来ました
    LSDでのんびり一人ツーリングです
    昼飯所を探して真鶴半島の上に登りましたが料亭、割烹、寿司と値の張る所ばかりで「今日はコンビニかな」なんて思っていたら地元の中華店が有ったので入ってみました
    期待せず入ったのですが、”当たり”でした
    店内からの景色が絶景なんです
    半島の頂上に位置して窓から三浦半島まで一望なんです!
    機会が有ったら皆さんとご一緒したい所です
    大ラーメン900円を食べましたが、味は可もなく不可もなく・・・

    帰りの早川口近くでみかんを売ってる道店により”二個三個売ってくれますか?”と声を掛けると”どうぞ持ってって下さい”と私の手にみかんを二つ載せてくらました
    稼業のお手伝いでしょう
    中学生ぐらいの御嬢さんが私にみかんをくれて”気を付けて帰ってくだい”なんて声を掛けてくれて・・・
    心がほんのりと満たせらました
    こんな出会いも自転車ならではでしょうか
    近い内にまた行きたく成りました

    茅ヶ崎付近ではミヤタのクロモリに乗った方と同走し、クロモリ話に花が咲くなど、楽しいサイクリングでした

    これだから自転車は辞められません!

    kudouでした!
  • 2011/12/13 21:42 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん
    冬の真鶴半島もよさそうですねぇ。今度みんなで行きましょう。
    三浦半島まで見渡せる店で大勢で大盛ラーメンも楽しそうですね。

    僕の方は陰口を叩かれるように"遠~くへ行きたい病"ですかね。
    時々襲ってくる禁断症状で居ても立ってもいられなくなります。
    だから計画性も何~んにもなく、しゃにむに走り出してしまうことがあります。
    ただこの季節は日の出は遅く、日没は早く、早朝は凍え、夜は寒い! 走れる時間が短いのが残念です。

    御殿場まで下ったときには4時近くなっていて、たとえ箱根を目指しても乙女峠あたりで日暮れを迎えそうでした。とても残念でしたねぇ。
    帰りたくなくて電車の切符を間違えて買ってしまいましたよ(笑)
    ウソです。ぼんやりしていて松田で小田急に乗り換えることに気づかず、小田原まで切符を買ってしまいました。JRに300円ほど寄付…トホホでした。
    年内にどこかへご一緒できるといいですが。
  • 2011/12/13 23:48 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/153-a04ccfef

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク