FC2ブログ
2018/08/29 11:39
2018.08.15

今日のカメラはFUJI X100F

ブログが時系列になっていません。思いついたものから順に、或いは促されるままの更新なのでこんな事態になっています。デタラメなのは記事の掲載の順番だけでなく、内容も当てずっぽうなことが書かれているらしく、写真の掲載順まで間違えているようで、いろいろご指摘いただいてます。何だかもうブロガー失格の夏ですが、考えてみれば「そこ違う!」と言われているうちはまだしも、手がつけられないほど酷くなったら、その時こそブログ閉鎖の時なのでしょう。休みながらも細々と暫くは続けていくことにしましょうか。

********************

今書いている記事は8月15日のことです。
かねてより朝霧高原を走りたい、あさぎりフードパーク朝霧乳業の青空キッチンがオープンしているときに行きたいと仰っていた石かわ珈琲のご夫妻をご案内したのでした。この日は水曜日、石かわ珈琲の定休日でもあり、あさぎりフードパークの青空キッチンが平日営業の日でもあり、何もかもが好都合でした。

朝霧高原へのアプローチはいろいろあるのですが、先ずは一番楽なコースと言うことで、河口湖で待ち合わせです。
ご夫妻はクルマで「道の駅かつやま」へ。僕は電車をたくさん乗り継いで富士急河口湖まで輪行し、道の駅へと向かうという手はずにしました。

01河口湖駅
平日と言うこともあって観光客は比較的少なく、輪行袋の置き場にも困らず、座席もゆったりでした。ただ河口湖駅まで如何せん時間がかかるのが悩みです。


02かつやま
ほぼ約束の時刻通りに「道の駅かつやま」で無事合流となりました。快晴とは言わないまでも、翳っているお陰で煮えたぎるような暑さはないこの日でした。ただし富士山はまったくと言っていいほど見えませんでした。


ちょっと裏道を通ってR139に出ます。R139は交通量もさることながら舗装が劣悪で自転車が傷みます。というか乗り手は路面の振動でブルブルして疲労します。
雲が厚いと思ったら、ぱらぱらと雨が…やがてびしょ濡れになるほどの結構な降りになってきました。雨中走行で女性を引き回すのもどうかと思い、自転車を降りて奥様(以後Kさん)に感想を求めたところノープロブレムだと。山ガールだからあれしきの雨はものともしなかったのです。畏れ入りました。

早く県道71号線に入りたいのですが、その前に補給とお手洗いを済ませるべく、ろくに走らないうちにこの日二番目の道の駅へ。

03なるさわ
「道の駅なるさわ」でのツーショットです。サイクリングジャージは雨が止むと同時に乾いてくれるので助かります。ご主人(以後ISさん)はどこを見ているのですか?w


04県道71新一
路面はウエットではあるものの雨も止んで涼しい。前回の茹だるような暑さからすると天国と言っても過言ではありません。これなら脚攣りの心配もありません。なんとか先行して写真が撮れそうです。


05県道71二人


06県道71CF4
本日もSPDペダルをつけたCF4、備忘録ならではのブログと言うことで写真の端っこに入れました。


07大室山
緩やかな上りの走りを楽しんで本日の最高地点、「大室山西展望台」に到着です。
薄い雨雲が湧き上がって流れ、また涌いて……残念ながら南アルプスの眺望は拝むことができませんでした。


08大室山三人
カメラをオートに設定して居合わせた方にシャッターを押していただきました。本日最初にして最後のフルメンバー写真です。


09県道71二人
この後は基本下りなので一人だけ勝手に飛ばしました。そして先で待ってカメラを構えます。カメラが大きいのは理由でも何でもなく、小型コンデジでもスマホでもトキちゃんのように走りながらの撮影はできません。彼はいつも振り返りながらスマホで撮ってくれます。


絶景ポイントの富士ヶ嶺で停車したものの、富士山はまったく見えず。
右折して県道71号には及ばないものの同様に好きなみちを本栖湖方面へと下ります。
下ってR139に突き当たり、左折すれば3kmほどであさぎりフードパークです。

10あさぎりフードパーク着
はい、「道の駅朝霧高原」まで走ってきました。Kさんよく頑張りました。


フードパークの青空キッチンでktyさんやスタッフの方にご挨拶をしてランチにありつきました。

11バターチキンカレーとミルクコーヒー
最近小食になって「わんぱくセット」は食べられないので、何を省くかに悩みます。じゃがバターはもうすこし涼しくなってからの楽しみに取っておくことにしました。
先ずはバターチキンカレー! そしてミルクコーヒーで無事の到着に乾杯!


12モッツァレラピザ
そして未だにスルーしたことがない「モッツァレラのピザ」!しかしこれをオーブンで焼いてくれるKGYさんは我々が日射しが熱いなんてのとはまた違った熱さでしょう。いや暑さか。


食事を楽しんでいるとktyさんの二人のお子さんがひょっこり現れました。その後奥様も登場。
ktyさんのご家族を北鎌倉の石かわ珈琲にご案内したことがあるので、ISさんもKさんもかつて知ったる間柄です。

ktyさんのお宅で僕を話題にしてくださるのは嬉しいのですが、奥様にもお子さんたちにも僕の失敗やボケやドジが筒抜けになっているので、突っ込まれ放題です。w
手を休めたktyさんも我々のテーブルで一息つきながら話しに加わってくれました。

そこへなるしまフレンドの一行が合流!その中に存じ上げている方が二人。なるしまクラブ員のY田さんとなるしまフレンドスタッフのS藤さんでした。一つのテーブルで賑やかにランチをご一緒いたしました。
仕事の手を休めるいい口実を得たktyさんでした。www

そんなこんなで愉しい時間は過ぎ去るのが早く、我々も帰路につかなければなりません。
残念ながら富士山は見えませんでしたが、お二人には青空キッチンのメニューも気に入っていただき、何よりも朝霧高原が好きになっていただけたようなので、僕もそれなりに役目が果たせた思いでした。

13富士ヶ嶺
帰りの富士ヶ嶺ではかろうじてその雰囲気を伝えてくれる程度に姿を見せてくれました。
次回は絶景を拝んでほしいものと思いました。


14富士ヶ嶺くみこさん
あさぎりフードパークからここまで既に上ってきましたが、この後「大室山西展望台」までがこの日一番の難所!
克服してくれるのを信じて背後を走りました。行きと同じルートなのでフォトアタックの必要もありません。


大室山西展望台からは下りです。一休憩入れるべく帰路も「道の駅なるさわ」に寄りました。それぞれに飲み物やアイスをいただいてベンチで一休みし、本日の反省会はもちろんしませんでした。反省点は皆無でした!w

R139はクルマが渋滞しているので走りづらそう。と言うわけで、そのまま河口湖へ向かうのはやめて元来た道を少し戻り、県道71号の入り口を通り過ぎて西湖へと右折し河口湖へと走りました。
15かつやま
そしてこの日の朝合流した「道の駅かつやま」をこの日のサイクリングの終着点としました。
お二人にはどうもお疲れ様でした。
帰路は渋滞にはまらぬよう、温泉につかってゆっくりご自宅に向かうとのことでした。

僕は体力が余っていれば、お別れした後山中湖を経由して籠坂峠を越えで御殿場からの輪行もありだったのですが(トキちゃんビビさんと初めてご一緒したときのルート)、河口湖畔の神社に参拝したのみ。お腹が空いたのでラーメンと餃子で腹ごしらえしてから河口湖駅へと向かいました。

16河口湖駅
電車が来ません。どうやらこれは回送電車のようで、蒸し暑い夕暮れなのに乗客たちはプラットホームに佇んでまだかまだかと電車を待ちます。


17河口湖駅
ようやくやってきた電車! 
冷房が効いた車両でほっと一息つくことができました。
がしかし大月までが実に遠く、車内の英語放送がこれまた酷い。さすがに辟易して居眠りもできませんでした。生の車掌さんが外国人ツーリストのために極簡単な英語で生車内放送するのですが、これほど酷いのは聞いたことがありません。カタカナできっちり書ける英語、英語圏の方に通じるのか心配になるレベルでした。

帰宅はこの日も遅い時刻となりましたが、やはり愉しかった朝霧高原の1日でした。


Facebook
Twitter : @pa_hoehoe








スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    念願の朝霧高原rideですね!
    お二人も素敵ー!!

    そして、展望台の往復もこなすなんて素晴らしいですね!!行きはよいよい帰りはヒィーヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!コース!

    あさぎりフードパークの青空キッチンのメニューも食することが出来て!!
    あーいつでも食べたいです!

    いつかはみんなで一緒にride出来るのを楽しみにしています!
  • 2018/08/30 19:59 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん
    「いつかご案内しますよ!」といいながらなかなか実現しなかった朝霧高原ライドでした。青空キッチンが営業している日に行きたいとのご希望だったので、この日しか無いようなシチュエーションでした。それはあたかも「ビビさんトキちゃんと一緒に走れるといいね」、「ktyさんも交えて一緒に朝霧高原を走りたいね」と言っていたのと同じでした。一番肝心な休みが合わないですからね。一方青空キッチンは普段は週末だけですものね。365連休の僕だけが全てのお誘いに応えることができる幸せ者ですね。
    でもみんなで走れる日が必ず来ると思いますよ。少しずつみんなをその気にさせますので、しばらくお待ちくださいね。
  • 2018/08/30 21:52 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1503-2a4ae906

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク