FC2ブログ
2018/07/18 23:42
2018.07.17

今日のカメラはFUJI X100F

片道3時間の乗り鉄で「栃木」に行ってきました。栃木と言っても漠然と広大な栃木県のことではなく、栃木県栃木市です。
東武日光線栃木駅で下車して栃木の町を歩いたり自転車で移動したり…かねてより一度訪れたいと思っていた町です。

住まいのある駅からほぼ3時間の乗り鉄です。特急に乗る選択肢もあったのですが、通勤ラッシュを避ければ早く着きすぎてまだ町が眠っているか、逆に遅くすれば次の行程に差し支えるかのどちらかいう事情がありました。この日は一部区間は急行だったりまた一部は鈍行になったりの、実にのんびりとした鉄道の旅でした。

01栃木駅
01 東武日光線栃木駅
栃木駅到着が9:20とまずまずの時刻。輪行を解いて走り出せば店や見学場所が動き出すちょうどいい時刻です。

02マメかんとゴマ団子
02 和菓子の武平作だんご
ひとまずコンビニで朝ご飯をと思いましたが、ふと見ると駅前のおいしそうな和菓子のお店が朝から営業しています。
とてもおいしくいただきましたが、これ以上食べると走る気がなくなるので我慢です。

甘くておいしい朝ごはんを済ませた後、自販機でドリンクを購入してボトルを満たします。
さて出発、この日は走行距離は稼げなくとも、徒歩でゆっくり観光するのがメインです。

03建物
03 とちぎ蔵の街
午前中からうだるように暑いこの日、しかし3時間もかけてここまで来たのだから、多少の(多少ではないが)暑さに怯んでいるわけには行きません。貧乏性故、費やした電車賃と時間の元を取らねばの強い決意で、メイン道路だけでなく路地から路地へ隈無く自転車押し歩きとゆっくりライド半々で移動しました。

04寺
04 とちぎ蔵の街

05サルスベリ
05 とちぎ蔵の街
栃木は蔵の町とも呼ばれ、また小江戸とも呼ばれています。自走で何度も通った川越もまさに同じサブタイトルがついた観光地です。

この前の日曜日は滅多にない厳しい暑さのサイクリングだったのに、その日に「川越まで自走したときは猛烈に暑かったですよね〜」という話が出たほど!なのになぜ内陸の栃木?
内陸の暑さがふつうではないことを忘れていたわけはないけれど、ここまでとは思わぬ酷暑でした。

06和菓子や
06 とちぎ蔵の街

07古い医院
07 とちぎ蔵の街

08蔵の扉
08 とちぎ蔵の街

09観光館
09 とちぎ蔵の街

10山車
10 とちぎ蔵の街
メイン道路の中心地に「とちぎ山車会館」があります。
秋まつりに披露される山車の一部が見られるというので入ってみることに。

11山車
11 とちぎ蔵の街

12山車
12 とちぎ蔵の街
「とちぎ秋まつり」には市内を練りあるくという見事な山車。
全部で13台あるようですが、会館では定期的に入れ替えながら常時3台が展示されています。まつりの時期に来られるかどうかわからないので、説明の映像と共にゆっくり鑑賞しました。全てが街に揃う秋のお祭りはさぞ絢爛豪華なものになることでしょう。

涼しい山車会館の後は今回の目的の一つ、船頭さんが棹さす和船で川面から蔵の町の光景を楽しむことに。
強い日射しの中、船着き場へと向かいました。(通り過ぎてしまっていたので戻って探しました)

※暑さでプロテクトレンズの内側が水蒸気で曇っているのに気づかず……数枚は補正しましたが

13和船
13 とちぎ蔵の街

14和船
14 とちぎ蔵の街
たまたま女船頭さんでした。乗船客には菅笠が貸し出されるのですが、ファインダーが覗けないので被れず、じりじりと照りつける日差しに耐えました。と言っても裸頭ではありませんよ。カメラマン用のつばの小さい帽子を被って行きましたので、毛無ゆえに心配して下さる向きはどうかご安心下さい。w

a乗船券
15 とちぎ蔵の街

b乗船券
16 とちぎ蔵の街
熱波に呑み込まれたかのようなこの日、乗船客は初老の夫婦一組と僕の三人です。
まもなく下船と言うとき、女船頭さんが「栃木河岸船頭唄」を唄って下さったのですが、合いの手を求められました。もちろんやりましたよ、老人三人で。
「ハーアー ヨイサー コラショ ♪♬」

30蔵の街
17 とちぎ蔵の街

16和船
18 とちぎ蔵の街

17和船
19 とちぎ蔵の街

18和船
20 とちぎ蔵の街
下船後も裏路地から表通りへ、そしてまた裏路地へと名所という名所はできるだけ回りました。自転車はもはや半ば荷物状態でした。

19図書館
21 とちぎ蔵の街
県立栃木高校内に保存されている図書館です。

20栃木市役所別館
22 とちぎ蔵の街
そして栃木市役所別館。かつてこちらが市役所だったのでしょうか。

21栃木市役所別館
23 とちぎ蔵の街
栃木市役所別館の周囲には掘り割りが巡らされています。

22教会
24 とちぎ蔵の街
市役所の前には石造りの教会があります。

23船着き場の問屋
25 とちぎ蔵の街
かつて巴波川(うずまがわ)が運搬舟の往来で栄えたころ、こちらは荷を捌く問屋だったのかもしれません。

当初の予定通り栃木の後は宇都宮に向かいます。距離はおよそ30km。1日で一番暑いこの時刻(正午過ぎ)には宇都宮の涼しい店内で餃子を食べているはずでしたが、なかなか予定通りに行かないもの。これはこの日に限ったことではなく、ソロサイクリングではいつものことです。せめて炎天下の暑さ凌ぎにコンビニでアイス休憩を二度。

その後も日差しは激しくなるばかり。「宇都宮餃子」をたらふく食べることを妄想しながらのサイクリングとなりました。
炎天下の昼下がり、排ガスの熱と照りつける日差しに熱中症の不安が頭をよぎりました。が市内を抜けて空いた国道での走行は覚悟したほど過酷ではなく(信号で止まるとき以外)、なんとかペダルを回し続けました。

ところが宇都宮市内に入ってからガーミンの衛星ロストが頻繁すぎてルート案内はネコの目のようにくるくる変わります。ない方がましなくらい。ただでさえ暑くてイライラしてるのに、加えてどこにも向けようのない怒りまで!しかもiPhoneのナビもおかしい。いや使い手がおかしいのかもしれません。それにしても宇都宮餃子が遠い……


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Facebook

Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

8 Comments

  • びび 

  • デローザさん!

    そしておじさま方ーこの暑さの中でのrideなんて!元気過ぎですよーいやいや危ないてますよー

    わたしゃはヘロヘロです(´д`|||)
  • 2018/07/19 18:44 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、暑いですね〜!
    人の顔を見るとこれが挨拶代わりになっています。仰るようにこの炎暑の下でのサイクリングは危険ですね。
    褒められるような元気はないのですが、暇人故に毎日どこかに出かけて誰かに会いたいのです。必ずしも自転車でなくてもいいのです。人が恋しいのは歳のせいかもしれません。
    トキちゃんはカナダで元気にやっている様子でちょっと安心しました。自転車も持って行ったんですね!しかも既に仲間に入れてもらって走ってる!さすがです。
    ビビさんも暑さ負けしないようにご自愛ください。
    彼が帰ってきたらみんなで会いましょうね!
  • 2018/07/20 12:10 | URL 
  • びび 

  • デローザさん!
    トキコーチの様子は配信されているのですね!
    共同生活のストレスを、少しでも自転車で解放出来ているようで良かったです。
    またメンバーがカッコイイ!!

    しばらく危険な暑さですから、運動はほどほどにトークを!
    今日はプールの監視をしていて、目が焼けたかと思う位の暑さでした。

    会いましょうねー!!!
  • 2018/07/20 22:33 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、今日も猛烈に暑いですね。
    今夜は中学以来の友だちと暑気払いをしてきました。合わせて286歳のポンコツ仲間です。w
    トキちゃんはFBに写真をアップしてくれるので、拙い英語でやりとりしています。彼のことだから感じているストレスを見せないようにしているのでしょうけれど、自転車で走って少しでもそれが解消できるならいいですね。
    熱中症にならぬよう、お互いに気を付けましょうね。トキちゃんの帰りを楽しみに待ちましょう。
  • 2018/07/21 00:37 | URL 
  • びび 

  • Mr. Derosa!
    I also exchange in English, but I rely on the best support of Google.
    Today I am working.
    I sweat as much as I ran Arima Pass. We also want to go to Canada!

    びびより(ここのコメントがすべて英語だとダメなようでした。)
  • 2018/07/21 06:30 | URL 
  • shimagnolo 

  • 昔を思い出しながらの英作文です。基本的な文法など間違いまくってますが、なんとか通じているのなら、それでいいかなと。
    FB上でのやりとりはみんな似たり寄ったりのEnglish skillなので、大胆に間違えることができます。今日もたくさんコメント入れました。
    だってトキちゃんは異国の地で一人寂しい思いをしてるかもしれないですからね。しかし帰国するまでの彼への貸しと考えていますので、いずれは元を取り返したいと思っています。
  • 2018/07/21 10:21 | URL 
  • びび 

  • デローザさん!
    ありがとうございますありがとうございます!
    支えてあげてくださいませー(涙)
    もはやブログのコメントからハズレてしまいすみません。

    デローザさんに出会えていて、わたしもトキコーチも本当に幸せです。
  • 2018/07/21 16:01 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、どういたしまして。
    彼がカナダに行ってからツッコミがないのでこちらとしてもやや寂しい思いをしています。ktyさんも休みも取らない忙しい日々ですから同様です。僕は若い人たちを支えるなんて全然できませんが、せめて下手な英語で突っ込んでカナダのトキちゃんに刺激を与えたいと思っていますよ。ビビさんも寂しいでしょうが、一ヶ月なんてあっという間ですよね。その時が来たら「もっと行ってればいいのに!」って憎まれ口をきいてやりましょう。www

    最後は過分なお言葉ですが……そう言ってもらえるとお二人が我が子同然に思えてきます。ま、実際そんなお付き合いでしたよね、これまでも。
  • 2018/07/21 20:34 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1491-4893b650

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク