2011/11/30 17:30
本日の走行ルート
本日の走行ルート

事故には至らぬものの、STIレバーの破損と軽い打撲!

先頭のHTさん、次いでTIさんが藤沢郵便局の交差点を通過すると正面の信号は黄色に!
三番手のNTさんは一瞬迷った様子だったが通過
四番手を走っていた僕は、迷った末にやや強めのブレーキングで停車した。
後について走っていたDSさんは通過するつもりで加速しかけたところだったらしい。
急ブレーキをかけたがホイールがロックして間に合わず、僕の後輪に軽く触れてジャックナイフで転倒してしまった。

DSさんは右肩を打って痛そうにしている。
いつも気丈な人なので「大丈夫です」とはいうものの、僕にはその時どのように転倒したのかわからなかったので、骨折でもしていたらと思うと気が気でなかった。

先に行った三人に電話するが誰も出ない!

DSさんの自転車を見ると、STIレバーの取り付け位置がずれている。
それだけならヘキサゴレンチでボルトを緩めて直せるが、二本のレバーが曲がっているということは内部のメカも壊れているかもしれない。歩道に止めて操作するDSさんがアウターには入らないという。

そうこうするうちに三人が戻ってきたので、近くのCOGGEY(NTさん行きつけのショップ)に持ち込んで見てもらうことに…

STIレバーの位置は直してもらったが、内部はほとんどブラックボックスのような状態なので安易に分解はできないという。結論としては、レバーの曲がりというか捩れのような状態は直せないので交換するしかないだろうということになった。
STIレバーの交換は結構な費用がかかるので、前を走っていた僕にも全く責任がないとはいえないので申し訳ない気持ちだ。
その一方で、「これを機にDi2にすれば!」なんて進言したのは些か不謹慎でした…スミマセン

なんとかアウターに変速できそうなので、そのままサイクリングを続けることになった。
予定より時間が遅くなったので、近めの小坪の"魚佐次"で昼ごはんにしようという事になったが、結局最初の予定通り横須賀の手打ちそば"風の姿"まで行くことができた。

風の姿
風の姿「せいろに、小天丼のセット」

味は可もなく不可もなしか…

体力不足か体調不良か…やや疲れているTIさんは渚橋で離脱! 実際の理由は家で何か用事があるらしい。
その後やや飛ばし気味のHTさんに牽かれてR134を快走して定番の"亜煉路館"で珈琲&デザートタイム
いただいた珈琲はコスタリカとパナマ。
僕はコスタリカが中煎りだったこともあり、こちらが好みだ。

帰宅後、DSさんの体に痛みなどが出なければいいが…
気持ちよくてついつい飛ばしがちだが、"喉もと過ぎればなんとやら…"にならぬよう、事故には気をつけたいものだ。


Twitter: @pa_hoehoe
スポンサーサイト

4 Comments

  • kazu+kano 

  • 今日は「インディアンサマー」か「小春日和」か、どちらでも同じ事なのですが、気温が高くポカポカでした。明日は、雨で寒気到来とか…。DSさん、大丈夫ですか?お大事に、何故か不思議…。日曜日はゆっくりさせてもらいましたが、初めてブレーキ調整にチャレンジしてみました。下りで音鳴りがしていたので、ネットで調べたところ「トーイン」が音消しには有効と記載されているので、試してみたら音鳴りが無くなりました。何故か不思議…。
  • 2011/11/30 18:49 | URL 
  • shimagnolo 

  • kazu+kanoさん
    大きな事故に繋がらなくて、不幸中の幸いというべきでしょうか。
    STIレバーは部品の中でも比較的高価なので気の毒です。
    おまけに痛い思いをしたのですからなおのこと…

    ブレーキの鳴きはおっしゃるようにトウ・インにすると大概おさまりますね。
    カーボンリムの鳴きはとりわけ大げさな音がするので、フロントはかなり強めのトウインにしてあります。
    トウ・インの加減を調節するには、何種類かの厚紙を用意しておくと便利ですよ!
    次回、お試しください。
  • 2011/11/30 19:01 | URL   [ 編集 ]
  • kudou 

  • 写真のそばはずいぶんと旨そうに映ってますね!
    今日は箸を付ける前に撮影できた様ですね

    DSさんは大丈夫だったのでしょうか?
    転倒直後はアドレナリンのせいで痛みが感じにくいと聞きます
    大事に至らなければ良いのですが・・・

    STIレバーは少々高く付きますね
    故障の程度はわかりませんがシマノでは「分解不可」に成ってますね
    分解した場合は保障外に成るそうです

    カンパなどは分解メンテの方法を動画で見ることができます
    (TouTubeですぐヒットしますよ!)
    どちらが良いかは個人の判断ですが、メーカーの設計思想の違いかなと思います


    私も気が付くとすぐ後ろを走っている事があるので気付けたいと思います
  • 2011/11/30 21:21 | URL 
  • shimagnolo 

  • kudouさん
    いつもガツガツ食べ始めますが、今日もそのはずでした…
    となりのHTさんから「写真!」、と言われて「最近、写真はどうでもいいんで…」と答えかけましたが、せっかくだから一枚パチリ!

    DSさんは我慢していたのかもしれませんが、直後はともかくその後は特に痛がっている様子はなかったので、大丈夫ではないか…、大丈夫だといいな…、と願っています。

    本日の接触と転倒は不運もありました。
    DSさんは決してぴったりくっついて走ったりしません。
    前後を走る者同士の「交差点を突っ切るか、或いは停止するか」の判断の齟齬や、「ブレーキングのタイミング」が合わなかった不幸が重なったものだと思います。
    でも、人の前を走っているときに瞬時でも判断を迷ってはいけないですね。
    今後は、迷わず安全策を選ぶようにしたいと思いました。
    重ねて言いますが、決してスリップストリームのような走りをしていたわけではありませんよ。

    そもそも我々の走行速度では、ドラフティング効果は現実的なレベルにはなりませんね。
    気分の問題か、おまじない程度でしかありません。

    プロや実業団クラスのスリップストリームはタイヤとタイヤの隙間が2~3cmだといわれていますが、それは互いにスキルが高いこと、信号などで急な停止を強制されないことなど条件が整っている場合にのみ可能なことなんですね。

    今日のことを教訓に、信号のある一般道では車間を十分にとって走りたいと思いました。どうせドラフティング効果はゼロなんですから!
  • 2011/11/30 21:58 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/148-35b22ec4

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク