2018/05/11 10:31
2018.05.10

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

よかれと思ってしたことが結果よくないことに……
前回練習したモノクロ写真の続きとしての狙いもあり、前夜のうちに意図するブラケット撮影の設定を準備しました。
ところが現地でシングルモードに切り替えぬまま撮り続けたので、写真の枚数が3倍になってしまいました。

連写ならさすがに気づくのでしょうが、保存の様子(音も時間も)がシングルモードと変わらないので気づきが遅れました。
途中で気づいたもののほぼヤケでその後もしばらくそのままに……

設定したブラケット撮影は
①Velvia(鮮やか) ②ASTIA(ソフトな色合い)③ACROS(モノクロ)のフィルムシミュレーションブラケットでしたが、全部見て整理はできないししたくない……

苦肉の策として、モノクロから選んで完全に記録としての備忘録としました。
枚数は多いものの、次回訪れるときのための単なる記録となりました。
ご覧いただける方は枚数が多いのでくれぐれもご注意ください。

01旧東海道
01 旧東海道を歩く
JR金谷駅下車、ここをスタート地点とする

02旧東海道
02 旧東海道を歩く
JR金谷駅前の嚴室神社鎮火祭の観光案内標識

03旧東海道
03 旧東海道を歩く
旧東海道石畳入り口・この日のウォーキングの実質的出発点

04旧東海道
04 旧東海道を歩く:JR金谷駅
急な舗装道を登って行くと旧東海道石畳の上り口に至る。
東海道金谷坂の上り口である。

05旧東海道
05 旧東海道を歩く

06旧東海道
06 旧東海道を歩く

07旧東海道
07 旧東海道を歩く

08旧東海道
08 旧東海道を歩く

09旧東海道
09 旧東海道を歩く
東海道菊川坂・下り口

10旧東海道
10 旧東海道を歩く

11旧東海道
11 旧東海道を歩く
東海道菊川坂

12旧東海道
12 旧東海道を歩く

13旧東海道
13 旧東海道を歩く
菊川の里、このあと日坂宿へ
「日坂宿まで一里」とあるが、なかなか長い行程

14旧東海道
14 旧東海道を歩く

15旧東海道
15 旧東海道を歩く
さらに日坂宿へと向かう

16旧東海道
16 旧東海道を歩く

17旧東海道
17 旧東海道を歩く
日坂の里は茶所として有名のようだ

18旧東海道
18 旧東海道を歩く
久延寺

19旧東海道
19 旧東海道を歩く
久延寺

20旧東海道
20 旧東海道を歩く
小夜の中山峠は、昔日の旅人の労苦が偲ばれる険しい道

21旧東海道
21 旧東海道を歩く
脇道を入ったところにあるいわれのある井戸

22旧東海道
22 旧東海道を歩く:JR金谷駅

23旧東海道
23 旧東海道を歩く
平日につき閉店中

24旧東海道
24 旧東海道を歩く
お茶をいただけると思ったのに平日は閉じている

25旧東海道
25 旧東海道を歩く
左を進んだ先の三叉路でさらに道に悩む

26旧東海道
26 旧東海道を歩く

27旧東海道
27 旧東海道を歩く

28旧東海道
28 旧東海道を歩く
日坂宿までまだまだ先が遠い……

29旧東海道
29 旧東海道を歩く

31旧東海道
30 旧東海道を歩く

32旧東海道
31 旧東海道を歩く

33旧東海道
32 旧東海道を歩く

34旧東海道
33 旧東海道を歩く
ようやく日坂宿を見下ろす山裾に到着

35旧東海道
34 旧東海道を歩く
日坂宿の本陣跡

36旧東海道
35 旧東海道を歩く
五十三次、険しかった「小夜(佐夜)ノ中山」を描いた浮世絵

37旧東海道
36 旧東海道を歩く
日坂宿の高札場

38旧東海道
37 旧東海道を歩く

39旧東海道
38 旧東海道を歩く
本宮山(本殿・拝殿)および奥社への入り口
行き着くまでの行程は険しい山道の階段で270段以上……少し上ってすぐに撤退

40旧東海道
39 旧東海道を歩く
事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)はパワースポットといわれている

41旧東海道
40 旧東海道を歩く
バスが全然来ない……

42旧東海道
41 旧東海道を歩く
バスで掛川駅に到着。このまま帰るか悩んだ末……帰らないのはいつもの選択

43旧東海道
42 旧東海道を歩く
掛川城(そのものではなく、周囲の建物)は想定していたよりずっと素晴らしい

44旧東海道
43 旧東海道を歩く
新幹線こだまに乗車してこの日の行程は終了


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

4 Comments

  • びび 

  • デローザさんこんにちは!
    朝から予報よりも長い雨になっていたので、どうしたかなーと思っておりました。
    沢山歩きながら沢山の感動があり、またよい1日になったようですね!
    伝わってきます!

    モノクロ写真の良さと、色で伝わる色合いの良さとありますね!(^^)
    ゆっくりゆっくり地方の空気を吸いながら、色々な事を知りたい気持ちになりました♪
  • 2018/05/12 09:09 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、お早うございます。今日は清々しい天気、しかし明日は下り坂!
    と言うわけでトキちゃんは早朝から朝霧高原目指して走り出したんですよね。

    昨日のこと、メッセンジャーで途中合流して走りませんかとトキちゃんからお誘いが(ktyさんに、ついでに僕にw)ありましたが、やりとりの最中に明日の午後の降水確率が上がったので、急遽土曜日になったのですね。

    ビビさんは穏やかな日射しの中で過ごすよい休日になっていますか。

    僕は何でも過度にしがちなのでセーブしながら楽しみたいと思います。自転車しかり、散歩しかりです。一昨日は険しい山中の道も含めて19kmも歩いて脚が棒になりました。でも今はこれがめちゃめちゃ楽しいと感じています。知らなかったことを知る喜び=知ったことを即忘れる悲しみww、ではありますが、自転車での楽しみと並行して続けていきたいと思っています。

    自転車でどこかに走りに行きましょうね。ご一緒させてください!
  • 2018/05/12 09:21 | URL 
  • びび 

  • デローザさん!
    早々のコメントをありがとうございます!
    19キロ!!!それは沢山沢山歩きましたねー!!
    でもそれだけ沢山の刺激があって、沢山の感動があったのですね!
    昔から実は「日本むかしばなし」が好きで、なんと録画をして観ているくらい(笑)
    でも、歴史も地理も苦手だったので、単純に何かが好きなのかなー

    走りに行きながらまた沢山話がしたいですねー!
    糸魚川が終われば少し楽になるかと(^^)d
    行きましょー!行きましょー!
    でも、わたくし山吹峠2回失敗しているのでガックリ中です。
  • 2018/05/12 09:39 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、こんにちは
    ぼくも同じような感じですね。地理がダメなのはみんなに散々言われてますが(その地理と違うかw)、歴史も日本人の大人として恥ずかしい程度です。「日本むかしばなし」が好きという世界は、ぼくの街道を歩く旅と同じ種類です。往時の雰囲気を脳裏に想像しながら歩く旧東海道は大好きです。それで歴史に詳しくなるかというとそうではないんです。その空間と想像の時間が今のぼくにはとても大切なことのように思われます。

    自転車で仲間と走るのは何を置いても最高かもしれません。また4人揃って走り、食べ、飲んで語り合いたいですね。
    時間を惜しみ、話が尽きない仲間はかけがえがないですね。山伏峠を2回失敗しても愉しければいいのです。それが全てです。
    また一緒に過ごしましょう。トキちゃんが糸井川を終え、ktyさんが蓼科ロングランを終えてからですね。
  • 2018/05/12 15:12 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1467-75e3e796

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク