FC2ブログ
2018/04/30 22:33
2018.04.29

今日のカメラはFUJI X100F


aあさぎりフードパーク
01 あさぎりフードパーク
早朝から半日あまり一緒に走らせてもらい遊んでもらった仲間を見送り、ktyさんにご挨拶をし、今日の自転車と彼のジャージのショットを撮って富士宮市街へ下るつもりでしたが、ふと振り返ってベンチを見ると……

aイヌ
02 あさぎりフードパーク
立派なシェパードと愛嬌のある秋田犬を連れたご夫婦が目に留まり……思わぬ長話をしてしまいました。
東京の三鷹市にあるお住まいから山中湖にある別荘に来ているとのことでした。大会にもエントリーするというジャーマンシェパードくん! いかにも賢そうで、しっかり躾されたワンくんです。そして愛くるしい秋田犬。どちらの犬種も実家で飼ったことがあるので一層親しみが涌きました。

もう一度ktyさんとKGYさんに簡単にご挨拶し、せっかくだから本栖湖の富士芝桜まつりに行くことにしました。渋滞する車をすり抜けて……ktyさんがおすすめしなかったわけです。しかも会場内もクリート付きのシューズではやや難儀です。

b朝霧高原
03 朝霧高原
富士芝桜まつりへ行く途中の野焼きが行われてまだ日が浅い朝霧高原。まもなく柔らかい緑に覆われることでしょう。

dシバザクラ
04 富士芝桜まつり
混雑した芝桜会場の中で、ここはゆったり見られました。美しいロケーションの場所ですが、芝桜がまばらなので人気がいまいちの様子です。

cシバザクラ
05 富士芝桜まつり
わずか2階ほどの高さの展望台に上るために長蛇の列をなす人々。列があれば取りあえず後に並ぶのは国民性でしょうか。

01シバザクラ
06 富士芝桜まつり
通路は人の列で埋まっています。

お腹が空いてきたので、もう一度あさぎりフードパークに戻って「じゃがバター」をいただくつもりでしたが……

気がつけば富士ヶ嶺へと上る道を左折していました。

02牛
07 富士ヶ嶺へ
人なつこいウシさん!

03牛
08 富士ヶ嶺へ
レンズをなめられそうになりました。

04富士山
09 朝霧高原から富士宮へ
今日は一時も雲に隠れれたり霞んだりすることがなかった富士山でした。
この時期ではこう言う日はそう多くはないそうです。(ktyさん談)

04牧場主
10 朝霧高原から富士宮へ・牧場主
トキちゃんとビビさんはこの方を覚えていますよね。
へぼカメラマンがミニ三脚で手こずっていたときに助けてくれた方ですね。
集合写真を代わりに撮っていただきました。

僕のことを覚えていてくださいましたが、お仕事中なので眼とお辞儀で挨拶しただけでした。

05桜の木の下
11 朝霧高原から富士宮へ・思い出の桜の木の下
自転車を止めた桜の木の下に三人並んで撮ってもらいました。
ミニ三脚を持ってきた意味がなかったトキちゃん。w

08富士山
12 朝霧高原から富士宮へ・菜の花と富士山
まだ菜の花が咲き乱れていました。
富士山と菜の花コラボレーションはいかにも春の光景でした。

09富士山
13 朝霧高原から富士宮へ・本日見納めの高原の富士山
この日の朝霧高原の富士山はこれで見納めです。
最後まで惜しみなく美しい姿を見せてくれてありがとう!

10牧場主
14 朝霧高原から富士宮へ・牧場主と再々会
後ろにタンクのようなものを牽引している車を運転していたのは、あの若き牧場主さんでした。

11富士山
15 朝霧高原から富士宮へ・愛する富士山の光景
夕暮れ時にここを下って出会ったときの光景が今も忘れられません。
実際は昼間の景色であっても、心で見ているのはあの時刻のあの光景です。

12牛
16 朝霧高原から富士宮へ・好きな牧場&可愛い牛
ここも好きな牧場の一つ。かつて傾きかけた光がへぼカメラマンの腕に力を貸してくれました。ktyさんからも褒めていただいたその時の写真はFBのカバー写真にしていました。

14富士山
17 朝霧高原から富士宮へ・富士山に抱かれる暮らし
富士山にうっすらとたなびく雲! 人の営みが感じられるこんな光景が好きです。
農作業の手を休めるる人の様子に郷愁のようなものさえ感じました。


そしてこの後は浅間さんへ……
幾度も訪れたので撮影は目的にはなりません、いやできません。なにを撮ればいいのかわからない。w
15浅間さん
18 富士山本宮浅間大社

16浅間さん
19 富士山本宮浅間大社

17浅間さん
20 富士山本宮浅間大社

18浅間さん
21 富士山本宮浅間大社

19富士宮宮町通
22 富士宮市・大社通り宮町商店街の夕暮れ
この通りは「富士宮まつり」が盛大に行われるところ。初めて訪れたとき、緩やかな起伏を描く真っ直ぐに伸びる道の様子が実に印象的でした。望遠で撮ると特に!
ここも通るたびに祭りの屋台(山車)の競り合いとそれを取り囲む群衆の光景が目に浮かび、その喧噪が耳に響きます。

この日は富士宮駅前から出る高速バスを予約していました。普通に考えれば18:40発は決して早くはありませんが、正直なところもっと陽が傾く時刻までほっつき歩きたいと思い、JRと新幹線にしなかったのを少し後悔しました。

輪行バッグに詰めたり、車中で食べるものを買ったりするために18時にはバス停に行きました。
スーツケースを持った乗客がかなり多かったのでやや不安でしたが、無事に自転車を積んでもらえました。

バスはあしがらサービスエリアで10分の休憩時間があったので、飲み物や食べものを買いに外へ出たら寒い!かなり寒い!
自販機でホットドリンクを買ったらほとんどぬるま湯!(怒)
しかもバスが発車すると不運な車内アナウンス…「この先渋滞が発生していますので大幅な遅れが予想されますす。お急ぎのところ申しわけございませんがご理解ください」と

実際1時間以上の遅れでした。

「東名江田」で下車したのですが、商店街もない暗い住宅地の中。独身寮のような建物の門灯の下で自転車を組み立て、輪行バッグを片付けるのは容易ではありません。うっかりそこらに何かを置いたら見つけるのも困難です。初めての前回は自転車のライトで捜し物をしました。今回はその経験がかろうじて活きました。

そうは言っても不審者扱いされて警察に通報されてもおかしくない状況です。前回はもっと早い時刻だったので、イヌの散歩の人や帰宅するサラリーマン、宅配便の方たちから不審な目を向けられました。

そのあとR246を激走して(速いという意味ではなく、あくまでも単に激しくやや危険な走りということ)、自宅に着いたのはほぼ23時でした。

かなり疲弊して翌日はなにをする気にもなれず家に籠もっていました。

しかし翌日がどうあれ、出かけて良かったこの日!
実に愉しい一日でした。

声をかけてご一緒してくださった皆様、どうもありがとうございました。

『その1』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

4 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    んーどう改名しましょうかーねー
    嫌いではなければこのままが良いかな。

    「その2」も素晴らしい素晴らしい!
    写真から光景が伝わってきます!
    牛さんかわいいですねー!
    こんなに近付けるなんて!
    デローザさんも大型犬を飼っていたんですね!
    私はコリーの後、いわゆるペットロスです。

    GW&雨でなければ3日に朝霧高原走りたかったなー
    牧場主さんの存在も、たった数分でしたが知り合いが出来た気持ちで嬉しいですね!!
  • 2018/05/01 07:48 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、コメントありがとうございます。
    初めて会ったときにつけていただいた名前ですから、どうぞそのままでお願いいたします。広く認知されているようですし!www
    天気は明日からやや下りになるようで残念ですね。ビビさんトキちゃんが朝霧高原に行くときはできるだけ予定を合わせて僕も行きますよ。でもクルマ移動のトキちゃんビビさんは大渋滞になって大変すぎますかね。新幹線だってやや危ないかもしれません。
    ペットの話し、牧場主さんとの再会、そしてあさぎりFPのわんぱくセット!いろいろ期待が膨らみますね。
  • 2018/05/01 10:16 | URL 
  • いま 

  • 富士四湖周遊いいですね!
    この季節にはかなり珍しい位に富士山も綺麗に姿を見せてくれて

    まだ少し肌寒い位でしょうか?
    菜の花越しの富士山もいいですね。
  • 2018/05/05 22:00 | URL 
  • shimagnolo 

  • いまさん、コメントありがとうございます。
    関東に住む我々にとって、富士山と言えば山中湖の向こうや河口湖から眺める富士山でした。しかし富士宮に友だちができて以来、富士山と言えば朝霧高原から眺めた姿です。
    本当にこの時期には珍しいほど朝から日没まで姿を見せてくれました。
    まだ春が残っているこの地域、菜の花は嬉しいですが確かに肌寒いですね。
    これからも拙ブログをよろしくお願いいたします。
  • 2018/05/05 22:43 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1463-e30e3426

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク