FC2ブログ
2018/03/01 22:23
2018.03.01

今日のカメラとレンズはFUJI X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR

日本列島で春一番が吹き荒れたこの日、関東地方でも気温がぐんぐん上昇して春の陽気!
3月1日はCP+2018の初日ですが、混雑が予想されるパシフィコ横浜です。
目的のものは東京ミッドタウンでも見られるので、この日はそちらへ…

00X-H1.jpg
01 東京ミッドタウン
FUJIFILM本社で撮影してきたものをパソコンに取り込み、カタログを眺めるのみ。買いたい衝動は起きませんでした。よかった!w

動画撮影に興味がないことも今回のニューモデルに特別な魅力を感じなかった理由の一つかもしれません。しかし気持ちが動かなかった最大の理由は、静止画のクオリティがX-T2と殆ど変わらないこと、そして価格が高すぎることです。

そうは言ってもX-H1の一番の売り、強力なボディー内手ブレ補正にはぐらっときました。またFUJIFILMのフィルムシミュレーションは大変魅力的だと思いますが、新たに加えられた”ETERNA”は動画用に開発されたものなのでしょうか、どうなんでしょう。

さすがに新たに開発されたモデル、動体を追従するAFはかなり進歩していると接客の方から説明がありました。室内でもあったので、それを試すことはできませんでしたが。

FUJIのシャッターの感触は必ずしも好きではないのですが、X-H1のシャッターボタンの軽くソフトな感触は悪くありません。いやかなりいい感じです。いい意味でソフトで敏感、とっさの時にはさらに使い勝手がいいかもしれません。

とかくデザイン優先&小型化優先のFUJIのミラーレス一眼。必ずしもホールド感に優れていませんでしたが、X-H1のボディーのグリップフィールはとても好ましく感じました。中判ミラーレスGFX 50Sに近づいた感じです。デザイン的にもGFX 50Sを彷彿とさせるもの。実際、機能的・性能的かつサイズ的にもGFX 50Sをダウンサイジングしたイメージです。

いずれにしても今回は見送り、X-T3が開発されるのを待つことにします。

富士フィルム六本木
02 東京ミッドタウン:FUJIFILMエントランス
記事が前後しましたが、FUJIFILM本社で開催されていた写真展を鑑賞したあと、展示されているカメラを試させていただきました。

プロの写真展では思わず引き込まれる写真との出遭いもありましたが、それは改めて記事にしたいと思います。

ニューモデルを手に、その特徴を伺いながら試し撮りさせていただいた長閑な午後。
「CP+2018よりもこちらの方がゆっくり試していただけます。あちらはおそらく混んでますからw」とは接客の方が仰るとおり。平日の昼下がりのこの時、僕一人でした。
撮った写真はSDカードに保存させてもらえばよかったのに迂闊なことをしました。

せっかく六本木まで出てきたので、このあとはX-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WRを提げてミッドタウンや檜町公園をぶらぶらしました。

02富士フイルム前
03 東京ミッドタウン

03富士フイルム前
04 東京ミッドタウン

04富士フイルム前
05 東京ミッドタウン

05富士フイルム前
06 東京ミッドタウン

06猫
07 東京ミッドタウン
ランチを食べたあとペットショップを覗いたら我が家のMUGIとそっくりなアビシニアンがいました。ネコを見つめていたら「あの時の記憶」がよみがえりました…

既に15年以上前のこと、僕だけになついていた凶暴な黒猫でしたが、可能な手を尽くしたのに、2歳の誕生日より遙か前の8月の末に死んでしまいました。それは娘の誕生日と同じ日、しかもその娘がアメリカに留学中の時でした。
我が家の初代の三毛猫が21歳の長命だっただけに、その黒猫の喪失感は実に悲しく大きいものでした。しかもこの2匹とも息絶えたのは僕の腕の中でした。一方は大往生、他方は生き急いで天国へ旅立ったのでした。

最後の家ネコはアビシニアンに!との思いと、癒やされぬままの喪失感とで衝動で買ってしまった15年前でした。家族の誰にも相談せず、家に連れて帰ったのでした。もちろん呆れられましたがそこはネコ好きな我が家。MUGIは幸せに、そして我が儘いっぱいに日々を暮らしています。もうすぐ15歳になります。

ねこ

この日、ペットショップの他のネコはおとなしく眠ったり毛繕いしているのに、このネコだけが落ち着きなく動き回ってなかなか写真も撮らせてくれませんでした。それにしても我が家のMUGIにそっくりな顔、そして毛色でした。連れて帰りたくなりましたが、MUGIは決して他のネコを受け入れません。他のネコと同居させたら家出をするか死ぬかしてしまうでしょう。

07ミッドタウン
08 東京ミッドタウン

08ミッドタウン
09 東京ミッドタウン

09椿
10 東京ミッドタウン

10池の縁で
11 東京ミッドタウン
池の面を見つめてじっと動かないこの外国人男性。遠ざかり近づきしながら池の反対側に回って振り返っても、このまま微動だにしない様子でした。なにを想っていたのでしょう。

11スマホの女性
12 東京ミッドタウン

12走る幼児
13 東京ミッドタウン

13ミッドタウンのリンク
14 東京ミッドタウン
眠っているようなオープン前のスケートリンク。照明が輝く頃に若い人たちや家族連れで賑わうのでしょうか。

14キューブのベンチ
15 東京ミッドタウン
キューブ型の腰掛けが並んでいるこの場所が気に入っています。光に対してどの方向から撮るかで写りが全く異なった情景になります。

15ミッドタウンギャラリー
16 東京ミッドタウン

16ミッドタウンギャラリー
17 東京ミッドタウン

17見ミッドタウンギャラリー
18 東京ミッドタウン
ダイナミックな吹き抜け! 最下のフロアから見上げて撮ればよかったと思いつつ、改めて降りていく気力はありませんでした。

18ミッドタウンギャラリー
19 東京ミッドタウン

19イチゴ
20 東京ミッドタウン
なんと目が飛び出るお値段! 上段の極上品は一粒1000円! どなたかお偉い方の退院祝いとか快気祝いに紅白揃えて差し上げる…なんてシチュエーションを想像しましたが、いやいやそれにしても高価です。東京には庶民には手が出せないもの、近づけない場所がたくさんあります。

X-H1.jpg
21 東京ミッドタウン
帰宅してやはり気にってカタログを眺めました…買いません、いや買えません。w


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

3 Comments

  • さくら 

  • 突然の訪問、失礼いたします。
    私はこちら⇒b--n.net
    でブログをやっているさくらといいます。
    色々なブログをみて勉強させていただいています。
    もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
    「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
    私もリンクさせていただきます。
    よろしくお願いします^^
  • 2018/03/02 10:59 | URL 
  • びび 

  • デローザさん、相当のご無沙汰でございます。

    デローザさんは風邪をひいていたと聞いておりましたが大丈夫ですかー

    今年度トップが変わり、年度終わりにドカーンと疲労が出てしまいました。身体ならまだしも厄介な気持ちの面で。
    トキコーチにも迷惑をかけました。

    いま、伊豆に向かう踊り子号の中です。
    ゆっくり本を読んで改心します!!!
    また走りはじめます!!

    お会いしましょうねー!!!
  • 2018/03/03 12:51 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、こんばんは
    コメントありがとうございます。ご返事が送れて申し訳ございません。

    誰にも迷惑なんてかけてませんよ。トキコーチは当然の報いですから、そちらも気にすることはありません。僕が見当外れなことを言う立場ではないですね。ww

    なんとなくビビさんのことは勘が働いてわかっていました。気持ちの面での落ち込みは、まず心にたまったものを吐き出すのが大切ですね。その相手が身近にいてよかったです。その意味ではヤツを大事にしてやってください。

    伊豆に行ってるんですね。ちょっと場所を変えてみること、気持ちの転地療養はとてもいいことです。改心じゃなくて、元の様子に戻ってください。

    またご一緒できるのを楽しみにしています。
  • 2018/03/03 21:14 | URL 

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1437-0528ec7b

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク