FC2ブログ
2018/02/15 21:27
2018.02.14

今日のカメラはFUJI X100F

幕張メッセで開かれている「第13回こだわり食品フェア2018」に今年も出店している朝霧乳業株式会社

自転車友だちであり、同社の経営陣の要でもあるktyさん。忙しいのにこの日の夜を空けて新橋での食事に誘ってくれました。

前日はブースの設営、そしてフェア初日のこの日でした。
わざわざ幕張から新橋まで出てきてくれただけでも大いに感謝です。

この日は仲良しのトキちゃんにも声をかけてくれたのですが、彼は目下激務のさなかで時間がとれず、泣く泣く欠席となりました。トキちゃん&ビビさんにもしばらく会っていないのでとても残念でした。会えれば預かり物を返すいいチャンスでもあったのですが…w

いい機会だからktyさんをご存じの僕の友人知人にもお声がけすることも考えましたが、この日は差し向かいで聞いていただきたいことがあるようなないような、聞かせていただけそうな話がありそうでなさそうで…

結果的に二人だけの飲み会(僕にとっては食べ会)になりました。

年に10回にはなりませんが、何回もお目にかかるktyさんです。しかし自転車を介してのことが殆ど。今回のようにゆっくり会えることはありそうであまりないのです。
あ、雨の清水で拾っていただいた時も自転車は輪行袋に入ったままでした。(^^;


18:30〜19:00に新橋西口SL広場で待ち合わせしたのですが、18:10頃「今、有楽町」とのメッセージがktyさんから。
カフェを出て急いで約束の場所に向かいました。

01新橋駅
01 JR新橋駅西口広場のSL前
フェア会場のブースで親しくなった社長さんからご紹介いただいたというお店「丸富水産」を目指します。iPhoneナビで位置を確認するktyさん。
誰が見ても間違いなく老眼。近くを見るときはいつもこの様子です。


さすがにおじさんサラリーマンたちの街、新橋です。「丸富水産」もお酒で盛り上がるおじさんたちで席が埋まっています。奥まったテーブルに案内していただいたら、ktyさんがフェアで親しくなった方たちのグループとお隣の席になりました。事情がわかっていて案内していただいたのではなく、そこが空いていたという幸運!
本当にお店に来てくれて会えたことを互いに喜ぶ皆さんでした。
やや的外れな立場の僕でしたがで、磊落なおじさんたちとすっかり打ち解けました。下戸にもお酒の席は愉しいですが、飲めたらこの数倍は愉しいのでしょう。しかしそれは叶わぬ夢です。

居合わせた方の中に自社の本拠を静岡に置く方(丸富水産新橋店の他に何店舗も構えている)がいらっしゃって、いろいろなお話が聞けました。
豊穣な駿河湾がもたらす海の恵みが、静岡県の県民性を形成する元になっていることも知りました。お茶や柑橘類や石垣イチゴなど、恵まれているのは海の幸に限りませんが、恵まれすぎているが故に商売に対してはやや鷹揚すぎるところがあるのだそうです。
そして静岡の牛乳は実においしいのだと口々に仰います。とりわけ製造過程で鮮度を最も大事にする朝霧牛乳は、実際に試飲されて別格だと! それを加工した製品は言うまでもありません。僕は決して朝霧乳業の回し者ではありませんが、あさぎりフードパークでいただいた味を思い出しながらちょっと嬉しくて、ニコニコと耳を傾けました。

※ 顔を合わせるなりわ〜っと話が始まったので、関係をちゃんと把握せぬまま…ここに書いた人間関係やお立場が事実と異なっていたら、関係者の皆様にはご容赦ください。

02丸富水産女性
02 新橋・丸富水産:お店の女性スタッフ
その後はktyさんと差し向かいの時間…
のんびりと、ゆっくりと、かつ騒々しく賑々しく過ごしました。

いや結局はゆっくりでものんびりでもなく、改札で見送るまでの4時間はあっという間に飛び去ったのでした。
しかもつい興奮して声が大きくなっても誰からも咎め立てされない中での会話の時間!
実に愉しく、至福の時でした。

03丸富水産買手屋さん
03 新橋・丸富水産
そこでの話は胸にたたんで大事にしたいと思っています。公にできない別の備忘録に秘蔵することにしました。

04丸富水産白ハマグリ
04 新橋・丸富水産:北海道産白ハマグリ
まずは焼きに時間がかかる「白ハマグリ」を焼いてもらいます。
即座にカメラを取り出す我々を見て「私も写真やりたいんですよ」と先ほどの女性スタッフさん。
彼女を何枚も撮らせていただきましたが、非公開で!w

05丸富水産買手屋さん
05 新橋・丸富水産
二人揃って写真を撮ってから箸をつけるという、世間から見れば煩わしい様子です。ww

06本日のなめろう
06 新橋・丸富水産:本日のなめろう
魚が新鮮でなめろうにしてしまうのが惜しまれるほど。いや、だからうまいのか!本当においしい。

07本日のなめろう
07 新橋・丸富水産:本日のなめろう
海苔で巻いてショウガ醤油で! しゃりの代わりになめろうが詰まった手巻き寿司ですね。

08あじフライ
08 新橋・丸富水産:あじフライ
ふかふかサクサクの食感! やはり熱々の揚げ物はおいしい。

10白ハマグリ
09 新橋・丸富水産:北海道産白ハマグリ
食べ頃になった頃合いを見計らってトングで貝の身をひっくり返してくれれば食べ時♪
口に頬張りきれないほどの大きさ! やけどしそうな熱々がたまりません。

11濃厚生ソース
10 新橋・丸富水産:オリジナルソース(非加熱製法)
「あじフライに試してみてください!」とおすすめしてくれたオリジナルソース。熱を加えず素材や調味料をミキサーだかプロセッサーだかで混ぜ合わせたものだとか。野菜や果物のフルーティーな感じが残るまろやかなソースです。

12大関
11 新橋・丸富水産:刺身盛り合わせ・大関
豪勢! 盛られた魚介はこの上なく新鮮! ご飯好きなんだけれど、次々登場するどれもがおいしくて白飯のことを忘れていました。白飯は下戸ならではです。

13鰯の濃厚煮
12 新橋・丸富水産:社長のおごり「鰯の味噌煮」
今日幕張で知り合いになったばかりのktyさんがその晩に新橋のお店に現れてくれて嬉しかったのでしょうね。
甘辛で濃厚な、大きくて立派な鰯の味噌煮!社長のおごりです!
  
見た目は缶詰風でしょ。でも違います。骨まで箸で崩れるほど柔らかいのに身は缶詰のように固まって素っ気なくはありません。うま〜〜い! ここで白いご飯が食べたくなりましたが…

14牡蠣フライ
13 新橋・丸富水産:牡蠣フライ
大粒の熱々サクサクの牡蠣フライ。生牡蠣も鍋もバターでソテーも、どう調理してもしなくても好きな牡蠣ですが、フライが一番好きです。

食べ物に感激した記事ではなく、4時間一時も休まず交わした話、そしていただいた暖かい励ましは心に記録しました。がしかし、やがてホワイトアウト(僕の記憶がすぐに白く飛ぶことw)してしまう恐れがあるので、他の非公開日記に秘蔵しました。


22時頃にはかなり酔っ払ってきたktyさんでした。いつもの語り口からやや脱線して酔っ払いのそれになりました。
しきりに握手を求めてきたり、ちょっと涙もろくなりかけてきたり…思いがけずそれが伝染しそうになりました。

「じゃそろそろ行きますか」の声を潮に席を立ちました。

15烏丸口から
14 JR新橋駅カラス森口改札
ちょっと心配になって「どこまで帰るかわかるよね?」と尋ねると、「横須賀線1本ですよ。千葉ですよ」とちゃんと確かです。総武線に乗り入れているから今は便利なんですね。

JR新橋駅烏森口改札まで一緒に行って後ろ姿を見送りました。
その後、一人で銀座線新橋駅へまっすぐに行かれなかったのは秘密です。酔っ払いのお世話を焼いている場合ではありませんでした。

それにしても愉快な晩でした。
ktyさん、忙しい合間を縫って誘ってくれてありがとうございました。
いろんな話をしました。そしていろんな夢も語りました。実現したいですね。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1434-348b06fa

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク