FC2ブログ
2018/01/17 23:56
2018.01.17

今日のカメラはFUJI X100F

なんと言い訳してもほころびが繕えるわけではないのですが、「インド人もびっくり!」の総天然色な失敗のこの日でした。「インド人…」は死語以前ですが。

今朝はアラームを止めることはなかったものの、ベッドから這うように出たのが5時半。その後は電光石火の早業で支度を整えて家を出ました。さもないと当駅6時15分発の電車に乗れません。そうなればドミノ式にいつもの新幹線にも乗れません。駅への途中でグローブを忘れたことに気づきましたが取りに戻る余裕はありませんでした。

新横浜駅で由比駅までの往復切符を購入し、駆け込み乗車で飛び乗ったこだまの自由席でホッとして窓外を見ると、どうも雲行きが怪しい。家を出て1時間余りも経つのにこの時まで空は気にしていませんでした。まさかの悪天候の気配です。

しばらくすると雨粒が新幹線の窓を一筋二筋と濡らします。この時になって天気の崩れを1日勘違いしていたかもしれないことに気づきましたが、ここまできたら戻るに戻れません。

01由比駅
01 由比駅
由比駅に着く頃にはすっかり雨! しかもにわか雨ではなく、空をびっしりと埋め尽くした雨雲から確かな様子で落ちてきます。

普段は突っ込まれ&突っ込まれのコメント満載のFBですが、この日はFBに救われました。FBはブログ更新がリンクされた自動投稿が主なのですが、今日は何本かTwitterのような投稿をしたのが幸いしました。

由比駅に降り立って、「この雨ではもはや引き返すしかあるまい!」と観念して投稿した2本目に地獄で仏か、救いの神か!
何と言っても持つべきは友です。富士宮市在住のktyさんから泣きたくなるほどありがたいレスが届きました。

02由比駅
02 由比駅
なんと彼はこの日この時清水にいて、その後は伊東市までクルマで移動するとのこと。一緒にどうかと誘ってくれたのです。大事な仕事を控えていたにもかかわらず、僕の惨状を見るに見かねてのご親切だったに違いありません。迷惑も顧みずそのお誘いに一も二もなく乗ってしまいましたが、後になって考えてみればいささか思慮が足りませんでした。
通常営業というにはあまりに軽率な反応でした。このところのktyさんの激務を知っていながら...

約束通りの時刻に由比駅に迎えにきてくださいました。途中沼津での仕事を済ませ、頻繁に掛かってくる仕事の電話に応対しながら伊東までクルマでご一緒させていただきました。

移動の車中はもちろん、そのあとの伊東マリンタウンでも、自転車で走る時には経験できない楽しい時間でした。

03サザエの刺身
03 伊東マリンタウン:伊豆太郎
お昼ご飯を一緒にいただきました。新鮮で美味しいサザエの刺身でしたが、ツボしか写っていない写真。w

04天丼
04 伊東マリンタウン:伊豆太郎
食欲が今ひとつの最近ですが、健啖家を目の前にすると俄然高カロリーなものが食べたくなる不思議。お互いに食べ物の好みが近いのも一緒に食事をする楽しさの一つでもあります。

05買手屋さん
05 伊東マリンタウン:伊豆太郎
すんでのところで撮らずに食べ始めるところでした。

06買手屋さん
06 伊東マリンタウン:伊豆太郎
食事中も食事後も仕事の連絡が頻々と入ります。
話を聞いてテキパキと指示を出す様子です。


本来ならその後の仕事の打ち合わせをしなければならない時間だったはず。
なのに食事の後はマリンタウンのシーサイドスパにもお付き合いいただきました。
しかも入浴料もお任せした上、風呂上りの休憩室では示唆に富む話をたくさん聞かせてもらいました。

07二人
07 伊東マリンタウン:シーサイドスパ休憩室
休憩室に突然現れたK田さん。Ktyさんは午後3時から行われるパネルディスカッションのコーディネーターを務めるということで、その関係者でもあるK田さんが連絡事項を伝えに休憩室にktyさんを訪ねてきたのでした。一年半ぶりに思わぬ再会が果たせました。僕にとってktyさんは様々な方と巡り合わせてくれるコーディネーターでもあります。

08モカソフト
08 伊東マリンタウン:あさぎりモカソフト
噂のモカソフト! 一言で言えば大人のソフクリーム。ソフトクリーム本来の美味しさに加えてコーヒーエキスの適度な苦味と爽やかさが効いています。これはおすすめです。これもご馳走様でした。迷惑をかけた上、おもてなしをいただいたこの日でした。

09伊東駅
09 伊東駅
結局ギリギリまでお付き合いしていただいた上に伊東駅までクルマで送り届けていただきました。

10伊東駅から
10 伊東駅:黒船電車
ちょうど乗り合わせた黒船電車。普通料金ですがこの豪華さ!

親切なお申し出にすっかり甘えてしまったこの日、通常営業などと笑っている場合ではないと反省しています。父親の年齢でありながら息子のような方におもてなしいただき、お礼の申し様もありません。本当にありがとうございました。

次回は河津桜撮影を兼ねたサイクリングでご一緒できるでしょうか。
3年前を思い出しながら、その日を楽しみにしております。


Twitter : @pa_hoehoe
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1425-5b55de74

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク