2018/01/02 22:02
2018.01.02

今日のカメラはX100F

正月二日の今日、運動不足解消に撮影散歩に出かけましたが…

明日はkudouさんからサイクリングに誘っていただいてますが、箱根駅伝の復路の日であり、新年会などを済ませて多くの人々が出かける日でもあります。
藤沢駅近辺から湘南方面の道路は通行止めになり、沿道は応援の人々でごった返します。それが毎年繰り返される光景です。
鎌倉周辺が初詣の人々で溢れかえる様子も、年末から正月にかけての新聞記事やTVニュースで知るところです。

と言うわけで、三日に伺う予定だった石かわ珈琲に二日の今日お邪魔することにしました。自宅用の珈琲豆も尽きかけていたので…

01石かわ珈琲
01 石かわ珈琲
鶴岡八幡宮周辺はともかく、北鎌倉はむしろ普段の週末よりも静かでした。
この様子ならお店に入るのに並ぶこともあるまいと思ってドアを開けると…
席は確保できたもののたくさんのお客さん。

02石かわ珈琲
02 石かわ珈琲
新年のご挨拶をして、いつもの席ではないもののカウンターに着くことができました。
忙しいにもかかわらず新年早々話し相手になってくださるISさんとKさんでしたが、僕も "話を聞いてほしいオーラ" を発しているのかもしれません。人のことを笑ってる場合ではありません。

手が空かない時はどうかお仕事に専念していただきますように…

Kさんが、「Tさんご夫妻は鎌倉でランチ中のようですよ」とおっしゃるので、会えるかもしれないなぁと思いながらも、お店を失礼するころには忘れていました。


のんびり北鎌倉駅へ向かう明月院の参道で…
お友だち1人を加えたTさんご夫妻らしき方が三人連れで前方から歩いていらっしゃいました。近づくとやはり彼らでした。

「こんにちは!」と声をかけると奥様が駆け寄ってきてくださいました。とても喜んでくださったのですが、これまではなぜかお互いにすれ違いが多かったのです。
奥様の散歩友だちの方がスリーショットを撮ってくださいました。さて、どんな様子に撮れているのでしょう。w

「次回は石かわ珈琲でご一緒しましょう」と今日もすれ違いを残念に思いながらお別れしました。

少し疲れていたのでそのまま家に帰りかけましたが、この日の天気ならば江の島の落日が楽しめるかもしれません。

********江の島********

03江の島
03 江の島
地下道もいつにない人出の江の島です。

04江の島
04 江の島
あやや、雲が…しかも気温が高めのこの日は富士山も霞んでいます。
この時は藤沢駅からわざわざ反対方向の電車に乗ってきたことを後悔しました。

05江の島人波
05 江の島
江の島神社の参道はこの通りの混雑!
進むも退くも困難な人出でした。

参拝するつもりはないので途中で戻りました。

06江の島人波ネコ
06 江の島
このネコはこの場所でネコ好きによく可愛がってもらっています。
頭をなでられて気持ちよさそうなネコですが、ネコが大好きで仕方ない少年のしぐさと笑顔がかわいい!

07江の島弁天橋
07 江の島
雲が出ているものの、傾いた陽射しの明るさがまばゆいほどの江の島弁天橋。人ひとひと…

08江の島弁天橋から
08 江の島
霞みながらも富士山や伊豆の山々や箱根の連山…人々は桟橋で落日の瞬間を待ちます。

09江の島弁天橋から
09 江の島
朝霧高原の朝が明けてゆく光景を見て、一瞬一瞬の密度が濃く感じられて時の歩みがむしろゆっくりに感じられました。
しかし水平線に吸い込まれるように落ちていく太陽の動きが速く感じられるのはなぜでしょう。

10江の島
10 江の島
撮影と光景を楽しむこと、二つながら同時に楽しむのは難しいです。
この時も落日を楽しんでいる余裕はありませんでした。チャンスを逃さないようにシャッターを切り続けました。

がしかし、設定が不適切であったり、ぶれたり、フレーミングが計算できなかったり…撮影のいろはからしてわかっていません。
その一方で落日の光景に心が奪われているのでした。

機材の扱いがよくわかっていない&機能が多すぎて覚えきれていない。
座学で学ばないといけない点です。

12江の島イヌ
11 江の島
戌年だからと言うわけでもないのですが…
この犬の様子に惹きつけられました。

13江の島イヌ
12 江の島
飼い主が海に向って何かを投げると、果敢に冷たい海に飛び込んでいくのです。この小さな身体で波にはじかれながら目的の場所へと猛然と泳いでいきます。
獲物が取れないまま戻り、再び飼い主が投げるのをねだるのです。

14江の島イヌ
13 江の島
何を投げているのかと思ったら…
足元の砂をすくっては海に投げているのでした。

犬がいかに果敢に、いかに健気にチャレンジしようとも、砂は瞬時に海に溶けてしまいます。
獲物を咥えて持ち帰ることは絶対にできません。
その時「シジフォスの神話」や「賽の河原の石積み」を連想したのは大袈裟すぎますね。犬は純粋に喜んでいましたからw

15a江の島落日
14 江の島
一緒に飼い主と犬の様子を見ていた三人連れの少年たち。
座っている少年が僕に向かって言うのでした。「かわいそうっすね」と…
確かに…

16江の島落日
15 江の島
犬と飼い主の様子に気を取られているうちに落日間際!

少年のシルエットを入れてその様子を撮ろうと思ったら…
「邪魔になってすみません!」と立ち上がる先ほどの少年たち。
体は大きけれど気は優しくて繊細な子、こういう少年はいいですねぇ~。本当に可愛いなぁと思いました。孫のような子にいろいろなところで迎えてもらえます。

「いやいやそんなことはないよ。君たちと夕陽を一緒に撮りたかったんだから。ありがとうね!」と答えましたが、「撮ってくれるんだってさw」と言ったその時には少年たちは場所を変えていました。

この後も日が没するまで撮影を続けましたが、この少年たちとのやり取りで小さな幸福感に満たされた夕暮れ時でした。

17a江の島落日
16 江の島

18江の島落日
17 江の島

19江の島落日
18 江の島

20江の島落日
19 江の島


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    明けましておめでとうございます!!
    先日ご存知の通り、あさぎり高原をすこーしだけ走ってきました。
    前日まで身体が冷えて冷えてつらく、薬剤師さんに相談したくらいだったのですが、何故か一気に改善!!
    身体ホカホカ!乗らないとダメな身体になったと、コーチが申しております(笑)

    あさぎり高原で爆食べ、爆買いし、富士山が綺麗に見えるのは誰のおかげか語り続け新年を迎えました。

    いしかわ珈琲にも近いうちに!!

    デローザさん!
    今年もどうぞどうぞ宜しくお願い致します!!!
  • 2018/01/03 09:58 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、あけましておめでとうございます。今年も相変わらずよろしくお願いいたします。
    朝霧高原にご一緒できなかったのははなはだ残念でしたが、我が家の新年会だったので仕方ありませんでした。
    それ自体が羨ましかったというよりも、ビビさんがお元気そうだったと聞いて安心しました。トキちゃんは肝心なことをちゃんと伝えてくれません。
    自転車に乗らないとダメな身体になったとはヤツらしい都合のいい言い分ですね。ww
    でも無理さえしなければ、あくまでもやつのペースに乗らずに無理さえしなければ、自転車は身体にも心にもとてもいいと思います。僕もこの数か月で改めてそのことを思い知りました。

    「どうせ富士山がよく見えたでしょうよ!」とヤツに言ってやってください。「横浜から晴れますようにと念を送っていたことに感謝しろ!」とヤツに言ってください。w

    石かわ珈琲に行くときは必ず事前に教えてくださいね。ヤツに任せておくと騙されますので。w

    マウスが壊れて延期していたブログ記事を書いていたので、ビビさんからのコメントに気づきませんでした。
  • 2018/01/03 21:07 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1420-b02d4dc1

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク