FC2ブログ
2017/12/27 15:53
2017.12.24 & 25

今日のカメラはX100F

本日のブログはほとんどテキストばかりです。写真はともかく、書き留めておきたいことを記録するのが備忘録としての拙ブログの本旨です。何卒ご理解ください。

「写真がないとみる気がしない…」と言う感想をいただいたことがありますが、駄文に下手な横好き写真の構成ですから、いずれにしても知れたところです。
よろしくお願いいたします。

********kty家での一夜********

kty家にお泊りさせていただくのは今回が二度目です。人を泊めるのは、食事はもとより寝具の準備や後始末まど、奥さまには大変なこととわかっているだけに申し訳ないと思いつつ、前回があんまり楽しかったので遠慮しませんでした。

ご家族の皆さんお一人お一人が歓迎してくれますが、とりわけ二人のお子さんは初めての時から変わらずに人懐こくて、大歓迎してくれます。むしろ度が過ぎるとktyさんから叱られることが多い程です。

クリスマウイヴの晩餐は豪華にしてスゴイ量です。健啖家揃いのkty家ですが、大食いと言う評判の僕が加わらせていただいたことで、その様々な種類のご馳走と量だったのではないかと思っています。

自転車の時はやや別ですが、かつての齢に似合わぬ大食の面影は鳴りを潜め、自宅での食事など妻にも負けそうになるほどに縮小しました。

鮨屋さんのピザ、実はこれがすごい! 切り分けられたピザの一切れずつに大きなエビが隠れており、他のトッピングも鮨屋さんの魚介のピザならではの贅沢さ!一切れのボリュームもたっぷり!
写真に撮り損ねて残念でしたが、他のごちそうに関しては僕が最初に撮影に気づきました。これは例外的なことです。

ピザは専門店で!の常識が覆されました。それはあさぎりフードパークの三種のチーズのピザで経験済みですが、朝霧のピザはもっと好きかもしれません。

握り寿司はネタが大きく新鮮!感激のおいしさでした。実は富士宮にある同系列のお鮨屋さんでご家族に同席させていただいてごちそうになったことがあり、そのおいしさとボリュームは記憶に残っています。

惜しむらくは胃袋が縮小した結果、大好きな揚げ物が少ししかいただけなかったことでした。流石の健啖家揃いのkty家ではあるものの、目の前に並んだ量を見て「寿司を先に食べましょう。他のものは明日に回せる」との統一見解が出されました。
僕が以前よりやや少なめにしかいただけなかったのは胃が縮んだ結果だけではありません。話が楽しすぎたからでした。

サイクリングなどのランチでも、話があんまり愉しすぎるとそちらに気を取られて残してしまうことがあります。トキちゃんビビさんとのランチではそんなことが度々ありました。

この夜のkty家のクリスマスディナーでもトキちゃんとビビさんの話題がテーブルをにぎわせたのは言うまでもありません。なんと言っても共通の大事な友だちですから。


豪華なクリスマスイヴの晩餐を共にさせていただいたこの夜、ご自宅のダイニングで同じテーブルに着かせていただいた初めての経験でした。
ktyさんはともかく、奥さまとも不思議なほど話が弾み、話題が尽きることがありません。
今日まで歩んでこられた人生での出来事やその時々の想いを飾らず衒わずお話ししてくださるお二人がますます好きになりました。

話ばかりでなくktyさんはお酒(ビール)もぐいぐい進み、僕がいかに天然であり粗忽者であるかをエピソード共に語る一方、奥様からも同様(それ以上かw)のツッコミがあり、大笑いしながらむしろ楽しませていただきました。
しばしばお子さんからもツッコミがあるということは、ご家族の暇の徒然に、いや退屈しのぎに僕のことが話題に上るということ、その内容いかんを問わず実に嬉しいことでもありました。

お酒が大好きだけど決して強くないktyさん(自転車も同じですがw)、ダイニングから姿を消したと思ったら隣のリビングのソファでイビキの時でした。

今日は朝から腰を下ろす暇もなく、得意とは思われるもののお客さんへの陽気な呼びかけも途切れることがありませんでした。翌日声が出なくなるのではないかと少し心配になるほど。

一緒に接客やお買い上げの方にサービスするKGYさんも上手に宣伝を織り込みながらのお声がけを怠りません。
いいコンビだと思いました。いわゆる縁日などの露店と異なる素人ならではの安心感や親近感があります。その点は他の露店にも共通する雰囲気でした。
この日は疲れたに違いなく、しばらく静かにお休みいただきました。

写真に撮るのは遠慮しましたが、吹き抜けの広いリビングには素敵な薪ストーブがあります。がしかし、忙しくて(たとえ忙しくなくても)燃料調達の時間が勿体なくて、代わりに大型(業務用の47畳用!)の石油ストーブが鎮座しています。FBで話題になったのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
複数の部屋が柔らかい暖かさに包まれて快適です。

沈黙の瞬間がなく、大人も子供もしゃべり続けるkty家ですが、その点は我が家も同じです。受信型よりも発信型揃いの我が家ですから。w

ktyさんがイビキの時は奥様と差し向いになりましたが、気まずい沈黙など一切なく、時々飛んでくるツッコミの矢を避けながらも和気藹々と時間が過ぎていきました。
もしかするとktyさんから聞いているかもしれない僕の個人的な話も改めて聞いてくださって、率直なご意見もいただきました。
「富士宮にも息子の家族が住んでいる!」そんな思いを新たにしたこの夜でした。

6時半ころから始めた宴ですが、話に夢中になったこの時すでに11時を回っていました。お子さんの生活のリズムを狂わせてしまって申し訳ないことをしました。

奥さまがお子さんの入浴を促す一方で、目を覚ましたktyさんとの話。話題は全然覚えていませんでしたが、眠るのが惜しまれてならないこの夜でした。

0時少し前になって「あ、今日はKGYさんの誕生日だ!」と言うktyさん。
ここまで親しくさせていただいているKGYさんなのでメッセージを送ろうと思いました。

が…スマホがありません。あっちこっち捜すものの見当たらず。ktyさんに僕のスマホに発信してもらいましたが、そもそもバイブになっている可能性があります。
僕の持ち物の辺りから振動が聞こえた気がしました空耳だったのか。

富士のお鮨屋さんの前に停めた車の中でスマホを手にしていた僕にktyさんも気づいていたので、よそに置き忘れたことはまずあり得ません。

クルマの中に置き忘れたかもしれないので確認に行こうと思ったら、パンツとTシャツ姿になっているktyさんが見に行ってくれましたがありませんでした。

"そのうちどこかから出てくるだろう"と諦めかけた時、「その上着の中にはないですか」と部屋の隅に置いた僕のダウンを指さすktyさん!
ビンゴでした。落とすといけないからジッパー付きのポケットの左右にそれぞれ財布とスマホを入れていたのでした。
お騒がせしました。思わぬところで新しい突っ込みネタを提供してしまいました。

お子さんの後、ktyさんや奥様を差し置いてお風呂を使わせていただきました。
翌日も忙しいktyさんには誠に申し訳ない遅い就寝時刻になりました。とうに日にちが変わってしまっていました。
申し訳ありませんでした。またこういうチャンスがいただける日があったら、この日の反省を活かしますのでお許しください。

********念願の早朝の朝霧高原への道********

翌朝は露店で使用した備品や道具類などを朝霧高原の朝霧乳業に片づけに行くということで、クルマで連れて行っていただきました。
以前より望みながらも普段のサイクリングでは決してみられない筈の早朝の朝霧高原を楽しませていただきました。

実際の光景を表現しきれない撮影の腕が残念でなりませんが、昨夜の楽しい晩餐とともに忘れられない素晴らしい光景が目の前に繰り広げらました。
一方で下手の横好き写真を撮りすぎて選ぶことができません。朝霧高原への道で出会った光景の掲載にとどめ、その他の写真は次回のブログに記録することにしました。

01早朝の朝霧高原へ
01 早朝の朝霧高原へ

02早朝の朝霧高原へ
02 早朝の朝霧高原へ

04早朝の朝霧高原へ
03 早朝の朝霧高原へ

05早朝の朝霧高原へ
04 早朝の朝霧高原へ

06早朝の朝霧高原へ
05 早朝の朝霧高原へ

07早朝の朝霧高原へ
06 早朝の朝霧高原へ

08早朝の朝霧高原へ
07 早朝の朝霧高原へ

ktyさん、そして奥様と二人のお子さん、楽しい1泊2日をありがとうございました。
冥途の土産は数々あれど、忘れずに携えなければいけない思い出として大事にいたします。
感謝に堪えません。重ねてありがとうございました。

『その4』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1416-73d58c18

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク