FC2ブログ
2017/12/25 20:40
2017.12.24

今日のカメラはX100F

第3回冬の宮町まつりは、富士宮浅間大社前の目抜き通りを閉鎖して歩行者天国にしての開催です。町中が興奮のるつぼと化す勇壮で華々しい富士宮まつりと舞台こそ同じですが、宮町まつりは食べ物中心のおよそ30の会社が露店を並べるまつりで、賑やかな中にもより家族的で穏やかな雰囲気がいっぱいです。

浅間さんの門前で開催される宮町まつりですが、老若男女がカップルで、或いは子供や孫の手を引きながら三々五々で、露店を覗いては買い食いを楽しむというイベントです。こういう催しに多くの会社が協賛し、労を取る方がいらっしゃっての富士宮の商店街だと思いました。

この日のイベントについてはしばらく前からktyさんにお誘いいただいており、当日の夜はご家族と夕ご飯に同席させていただけることになっていました。さらに奥さまのお気遣いで、泊まらせていただけることに!そして翌朝はktyさんに早朝の朝霧高原の冬富士に案内していただけるというものでした。

今冬、FBにktyさんが投稿した冬ならではの凛とした朝霧高原の写真にすっかり魅了された僕でした。その時、「近々に早朝の富士山が見られる予定を組みますね」とおっしゃったその言葉を実行してくれたこの日でもありました。

特に予定もなかったし、泊まらせて下さるという一言で遠慮なくお言葉に甘えることにしました。夜がとりわけ楽しいのです。
昨年の富士宮祭りに泊まらせていただいて以来二度目のこの日でしたが、楽しみで仕方ありませんでした。

1泊旅行さながらの用意をし、当日はいつもの新幹線で新富士へと向かいました。

新富士に迎えに来てくれたktyさんのクルマでご自宅まで乗せてもらい、保冷庫付きの軽トラに乗り換えてすぐに現地へ向かいます。昨日のうちに露店関係の品が整理よく積み込まれていました。

00準備中影山さん
01 第3回 冬の宮町まつり
会社の軽トラとKGYさんのクルマから露店関係の販売品やじゃがバター製造の用具等を降ろして歩道上に積み上げ、道路が通行止めされて歩行者天国になるのを待ちます。

02準備中買手屋さん
02 第3回 冬の宮町まつり
と言ってもぼんやり待つわけではありません。まずは販売拠点のテントの設営です。
この時は僕も少し手伝いましたが…写真撮っているわけですからね、たいして役に立ちません。

04準備中影山さん
03 第3回 冬の宮町まつり
大きなジャガイモを蒸かすには時間がかかります。まずはせいろ2段に大きくて粒がそろった北海道は北見産のジャガイモを並べるKGYさんです。この頃になると僕は完全な見学者になっています。

03準備中買手屋さん
04 第3回 冬の宮町まつり
ご自宅からお湯の入ったポリタンクを用意してきたktyさん。せいろの下の容器に湯を張って、ガスコンロと言っていいのか、せいろとの一体のセットですが、に火をつけて湯を沸騰させます。
その後せいろを載せてちょうど開店時に蒸かし上がるように準備します。
今年初めて参加する宮町まつりとのこと、並べては蒸かすを繰り返すわけですが、販売個数より多くても無駄が出るし、少なければお求めになるお客さんに迷惑をかけてしまいます。

01準備中影山さん
05 第3回 冬の宮町まつり
次いで商品を並べたり、ディスプレイ関係の準備です。両面テープ、ハサミ、クリップ…その他こまごまとしたものが過不足なく用意されています。僕や僕と同類の人にこういう準備をさせたらどうなるのでしょう…

05準備中
06 第3回 冬の宮町まつり
あらかたの準備が整い、まもなく通行止めが実施されて歩行者天国となります。

06 参加費支払い中
07 第3回 冬の宮町まつり
主催の役員の方でしょうか。もちろんktyさんとは昵懇のようです。お仕事上いろいろな場面に顔を出されるので広い人脈をお持ちのktyさんです。
これは参加費をお支払いしている場面です。いよいよ宮町まつりが始まります。

07準備完了カウントダウン
08 第3回 冬の宮町まつり
他にもお知り合いが多く、お互いに声をかけてご挨拶です。
どこか愛嬌のあるコンビで、なかなかいいと思いました。身びいきでしょうか。w

08間もなく蒸けあがる
09 第3回 冬の宮町まつり
最後の点検をしているのか、何かを確認している様子です。

09準備完了
11 第3回 冬の宮町まつり
準備が整ったところで写真撮影するktyさん。この後は写真を撮って興じていられたのはぼくだけですから。


近くの露店に偵察に行ってみました。
休憩スペースを挟んだ向こう側の露店もじゃがバターを販売していましたが、誰がどう考えても「朝霧の露店」の勝ちでしょう。身びいきか。w


10近くのJAも準備完了
12 第3回 冬の宮町まつり
通行止めされた会場の一番端にはJAの野菜販売の露店がありました。野菜が高騰しているこの時期、販売開始とともに主婦の人気を集めていました。

11富士宮焼きそばもほぼ準備完了
13 第3回 冬の宮町まつり
こちらは富士宮焼きそばの販売露店。調理する方はかなりの巨体でした。食べ物売るにはふさわしい感じです。
その点ではわが露店も負けてはいません。ww

12唐揚げやさんも準備完了
14 第3回 冬の宮町まつり
このおじさんはカメラを向ける僕に、「逆光になっちゃうよww」と笑うので、僕も帽子を取って「同じです!ww」とご挨拶しました。

13準備完了して談笑中
15 第3回 冬の宮町まつり
こちらのやや派手なおじさんもさっき朝霧の露店でktyさんと言葉を交わしていたのでおしりあいでしょう。
キッチンカーで乗り込んできたので、余裕でおばさんたちと談笑していました。

14準備完了して余裕の表情
16 第3回 冬の宮町まつり
さて、歩行者天国に続々と人が集まってきました。親しみを込めて通り過ぎる人たちにじゃがバターや商品をお勧めする二人です。スポーツ少年になれない子がゲーム中や応援で声が出せないのと似た感覚で、僕はろくに言葉が出てきません。お二人はさすがです。

15桜ではありません
17 第3回 冬の宮町まつり
チケット制になっているのでまずはチケットを購入し、僕はじゃやがバターを露店の目の前でおいしそうに食べることぐらいしかできません。いや、実際こんな良質な本物のバターでじゃがバターを食べさせてくれる露店はありません。マーガリンやせいぜいそれにバターを多少混ぜた程度のものです。


16江戸屋
18 第3回 冬の宮町まつり
滑り出しは好調で当初の予定を上回る売れ行き!
頑張るお二人に江戸屋さん(ケーキの名店)でコーヒーを買って差し入れました。ま、僕が一番飲みたかったのですけど…


以下お二人の様子です。

17販売中
19 第3回 冬の宮町まつり
お客さんが次々来てくれるのにすっかり安心して、僕は撮影係に専念することができました。

18笑顔で呼びかけ中
20 第3回 冬の宮町まつり
いい表情で楽しそうに販売する姿に安心して人が集まってくれるのだと思いました。

19いいコンビネーション
21 第3回 冬の宮町まつり
お祭りや縁日の露店と違い、専業の方たちではなく普段は別のお仕事をなさっている方たち、この手のことは素人に近いところがいいのだと思いました。

20aいいコンビネーション
22 第3回 冬の宮町まつり

20販売中
23 第3回 冬の宮町まつり

21販売中
24 第3回 冬の宮町まつり

22賑わってきた会場
25 第3回 冬の宮町まつり
気温も思ったほど下がらないこの日の午前中でした。続々と人が集まって、会場がにぎわってきました。

30店もの露店が歩行者天国に並んでいるので、よその露店の撮影は諦めました。
こういうイベントの時には露骨にカメラを向けても気を悪くする方はいないので、実に撮影しやすいのですが…

露店はお二人に任せて(僕はそもそも役に立たない)、麗らかな冬日の下を撮影しながら歩きたくなりました。

『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください

Twitter : @pa_hoehoe



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1414-d7337c6a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク