FC2ブログ
2017/11/13 18:06
2017.11.12

今日のカメラはCanon PowerShot G7X

好きな曲を聴きながらだらだらブログを書き終えて読み直したら「なんのこっちゃ?!」という内容になってしまいましたが、よろしければお付き合いください。

この前日、ktyさんからやっぱり急なお誘いでした。いつもの通り。w

富士宮のktyさんのお宅をスタートして富士山周辺を走るのは大好きです。ご家族にも歓迎していただけるし、荷物を預けて身軽に走れるし、朝霧高原のあさぎりフードパークのスタッフとも知り合いになれたし。
何よりもktyさんに牽いてもらうサイクリングはなぜか疲れない。これはいまだに変わりません。時々意地悪されますが…w

いつもの新幹線で新富士駅へ!
改札の向うにはクルマで迎えに来てくれたいつも通りのktyさんの笑顔!
そして暑がりなのはかねてより知っていますが、この日も薄着! しかし朝霧高原に向かっての上りで、むしろ僕の扮装がやや防寒過剰であることが判明します。
ともかく自転車を積み込み、ktyさんのお宅へと向かいます。

輪行を解き、荷物をお宅に預けてスタートです。

01唯一の富士山
朝霧高原へ 1
「ここで写真を撮りましょう!」と止まってくれたktyさん。揃って富士山にカメラを向けます。

02農作業中のおばあさん
朝霧高原へ 2
おばあちゃんが早朝から畑仕事に勤しんでいました。かなりのお年とお見受けしましたが、こういう日々の暮らしが健康の秘訣なのですね。

03買手屋さんとおばあちゃん
朝霧高原へ 3
互いに挨拶をし、言葉を交わすお二人。
富士山にはうっすら雲が浮いているものの、久し振りに自転車で走り出せたktyさんには恵みの好天でした…そのはずでした。

04買手屋さん休憩中
朝霧高原へ 4
この日は行いに問題のある連れがいないので終日絶好の秋晴れと信じた我々、朝霧高原へ向かう上りではやや厚着の僕には暑いくらいの気温でした。
がしかし、「うっすらと汗ばむほどです」と言うktyさんの発言にはたまげました。あの薄着で、しかもうっすらではない汗!ww

06買手屋さん休憩中
朝霧高原へ 5
忙しくてほとんど走れていない最近のktyさん、「ちょっと休みましょうか」と言うセリフが早々と飛び出します。
もちろん異存のあろうはずがなく、僕はいつもその言葉を待っています。

07駿河湾が望める絶景ポイント
朝霧高原へ 6
駿河湾が望める地点で撮影タイムを取ってくれました。

08駿河湾が望める絶景ポイント
朝霧高原へ 7
間もなく冬を迎えるとは思えない霞…なんだか雲行きがよくありません。もっと晴れていたら解放感が素晴らしい眺望だったでしょうに!

「今日は問題児が沖縄に行ってますからね。誰のせいで天気が悪くなるのかこれではっきりしましたね!」とktyさんのまさかの発言。
二周年で師走に富士山を周遊するときまでこのセリフ、撤回なしですよ。男に二言はないのですよ。

09坂を上る買手屋さん
朝霧高原へ 8
僕より二回り近く若いとはいえ、忙しくてほとんど自転車に乗れなかったこの2か月ですから、さすがに疲労感が背中に滲みます。
いつもの調子が出ないのはやむを得ないでしょうが、僕にはありがたいペースでした。

10ミルクランド買手屋さん
朝霧高原へ 9
ミルクランドでちょっと休憩をはさみ、この先の上りに備えて呼吸を整えます。

11ミルクランドサイクリスト
朝霧高原へ 10
ゆったり走りそうなサイクリストグループ。
クルマや電車で輪行して富士山の西側を走る自転車乗りが増えているそうです。(ktyさん談)

12牧草地越しの富士山
朝霧高原 1
富士山と向かい合うたくさんのポイントの中でも大好きな場所の一つです…が、もっと広角で撮らないとここの良さは伝わりません。
「見えないながらも頂上は見えたぞ!」と言う証明をしたくてズームしちゃいました。

12牧草地越しの毛無山
朝霧高原 2
振り向くと背中側のこの光景!富士山と向かい合う毛無の山々は、富士山同様時間や天候次第で変幻自在な様子を見せてくれます。ワイドに戻しそこなった……(^^;

もう一つのビューポイント、富士ケ嶺からの光景は雲が立ちはだかって…残念!

13富士ケ嶺から本栖に向かう毛無山
朝霧高原 3
富士ケ嶺から本栖湖へと下っていくこの道は好きだなぁ…
ktyさんもお気に入りとのことでした。

お昼にはやや早かったので、一人で大室山西展望台方面はどうかと提案していただきましたが、既にお腹が空いていたので単独行動は止めました。
ktyさんと一緒に「あさぎりフードパーク」へ直行です。

14あさぎりフードパーク影山さん
あさぎりフードパーク 1
最近FBでお友だちになったKGYさん。実際はかな~り前から知っています。
彼こそが、ファンがたくさんいる朝霧乳業の露店のメニューの考案者です。
食べるの大好き人間!ピザを作っていただいてる様子をパチリ!
僕の友人たちも朝霧高原に来る最大の目的の一つがそれらのメニューをいただくことです。

15あさぎりフードパーク買手屋さん影山さん
あさぎりフードパーク 2
到着するなりジャージを着替えて露店のスタッフを手伝うktyさん。お休みの日にも関わらず…
そのお陰で朝霧高原サイクリングに誘ってもらって一緒に走れたこの日でした。

まだお昼には早い時刻でしたがお腹が空いて…
いつものメニューをいただきます。「バターチキンカレー」は後で一緒に食べることにしました。(結局他の人と一緒に「バターチキンカレー」を食べるチャンスはありませんでした)

まずは「じゃがバター」と「4種のチーズのピザ」、そして「ほろにが乙女の泡い夢」
自転車はお腹がすきます、とはいえ歳を忘れて食いすぎでした。

ktyさんに「朝霧ミルクコーヒー」をごちそうになりました。ありがとうございました。

16じゃがバター
あさぎりフードパーク 3
どれも写真を見ただけでもおいしそうでしょ!

17モッツァレラピッツァ
あさぎりフードパーク 4
自分でこの写真をブログに載せながら "たべたい!" と思ってしまいます。

17aほろにが
あさぎりフードパーク 5
おじいさんには似合わない名前の炭酸ドリンクですが、みかんよりも香り高いキンカンの風味です。

一人でやや寂しくはありましたが、おいいしいランチで満足。
何度も訪れたのにフードパークの朝霧乳業の製造施設をはじめ他の工房を見たことがないの?!と呆れられたので、この日はしっかり見学させていただきました。

ここでM月さんがお声をかけてくださいました。FBではその存在を存じ上げていましたが、僕の名前までご存じだったのは感激でした。

18b朝霧乳業工場見学
あさぎりフードパーク 6
「朝霧乳業」の製造施設内は本当は「撮影禁止」です。1枚だけアップさせていただきました。すみません。

18フードパークの紅葉
あさぎりフードパーク 7
フードパークのモミジはずいぶんと散ってしまいましたが、名残のような紅葉がきれいでした。

19フードパークの紅葉
あさぎりフードパーク 8

20フードパーク酒造
あさぎりフードパーク 9
「酒蔵 富士正酒造」では女性のスタッフにお声をかけていただいて、しばしお話しさせていただきました。一人だといろいろな方が話しかけてくださいます。
呑めないお酒ですが、酒瓶やラベルの意匠が好きです。

21フードパークたい焼き
あさぎりフードパーク 10
お腹いっぱいのはずなのに「富士宮鯛焼」を素通りできず…

ktyさんがお仕事している時間、フードパークを初めてのように歩きました。
どの工房も、見て歩きもショッピングも楽しめます。飲み食いは言うまでもありません。

しかしさすがに標高900mの朝霧高原です。今朝の暖かさからは信じられない気温の低下。
露店で仕事をする方はさぞ寒いだろうと見ると、青空キッチンにも、お客さん用のテントの回りにも防寒用のシートや透明ビニールシートを張っているKGYさんでした。
寒いのでさすがに外で食事をする方は少ないですが、外を希望する方もいます。

僕は寒さに我慢できず、朝霧乳業のレストランから出られませんでした。まずは新しいメニューの「カフェラテ」で温まりました。今日は牛乳多めをチョイスしました。
美味しく飲んで内側から体を温めているうちに写真は撮り忘れました!

18a牛乳ソフト
あさぎりフードパーク 11
最後にこれを食べずに帰れません。朝霧高原だけの「牛乳ソフト」はソフトクリーム好きなら外せません。


この後富士宮へと下るのでやや厚着の上にウインドブレーカを羽織りました…
がしかし、せっかく用意したウインドブレーカーを着ないで下るというktyさん、ちょっとおかしい。w

上りはともかく下りはいつも通りにビュンビュンで、kty家へ
奥様に熱い珈琲を淹れていただき、にぎやかな談笑タイム。いつもながらこれが楽しい。その最中も調子に乗るお子さんたち、おかしいくらいにこれまたいつも通りに叱られています。

奇しくもこの日は第2日曜日!買い出しデーです。それにお付き合いするのが実に面白い。山のような買い物!

22蒲原館
蒲原館で晩ご飯
その後、晩ご飯もごちそうになってしまいました。みんな大好きな「蒲原館」。僕もここのラーメンは大好きです。ごちそうさまでした!

5人が静かになるのはラーメンが運ばれてきて食べるのに熱中している間だけ。

蒲原館
ktyさんのブログから写真を借用いたしました

食事の後はこれまたいつものように家族全員で新富士までクルマで送ってくださいました。
これもいつも通りですが、いろんな話題が飛び交い大笑いしながらのドライブでした。
駅でお別れするのが残念なのもいつも通りでした。

ktyさん、この日も一日愉しませてくれてありがとうございました。

Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1397-3089ff9f

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク