FC2ブログ
2017/11/08 14:17
2017.11.04

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

今年も富士宮市在住のktyさんに「浅間大社 秋の例大祭 富士宮まつり」に誘っていただきました。祭りは毎年11月3日から5日までの3日間執り行われますが、我々が参加したのは昨年同様メイン行事が行われる「本宮(ほんみや)」の11月4日でした。

昨年の富士宮まつりの記事はこちらをクリックするとご覧いただけます。

a_201711081254239ec.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:1

b_20171108125424eed.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:2
秋祭りはその年の五穀豊穣と無病息災への感謝を神様に奉納する大切な神事、今年も参加させていただいたことに感謝です。


c_2017110812542595d.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:3
富士宮祭りは富士山本宮浅間大社に奉納される歴史と伝統のある神事であり、富士宮市民の誰もが待ちに待つその年最大の行事なのです。
「この日のために1年があると言っても過言ではない!」とおっしゃる知人の言葉からも想いの熱さが伝わります。

p_2017110813170214d.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:4

d_201711081254278c9.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:5



r_20171108132904c57.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:6
その佇まいの美しさゆえにしばしば訪れる浅間大社ですが、この日はまさに富士宮の中心そのものであり、その大鳥居の前で富士宮まつりの共同催事が執り行われます。


まつり5
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:7


t.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:8
ktyさんと待ち合せした時刻は共同催事が執り行われる30分前の午後3時半、場所は本宮式典の会場となる大鳥居前の浅間大社前交差点でした。正確にはそこの交番です。

各地区の山車や屋台(現在21基か)がここに大集結!式典が滞りなく済むと山車や屋台を富士宮市の目抜き通りを引き回し、各所で競り合いが行われます。秋祭り本宮の火ぶたが切って落とされるのがこの場所なのです。


*****************************************

県指定無形民俗文化財にされている富士宮囃子が一日中響くこの日、本宮ならではの激しくも華麗な祭りが展開されます。

s_20171108135706643.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:9
日中の市内を引き回す山車には、おそらく祭りの次代の主役を担うであろうと思われる若手が乗り、この一年間鍛え抜いた鉦と笛と太鼓で富士宮囃子を響かせます。

j_201711081254368c8.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:10
そしてその次の次の時代に祭りを担ってくれるに違いない幼い子供たちやそのお母さんが周囲に集まり、屋台の移動に伴って市内を練り歩きます。

o_20171108125443ba5.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:11



催事が近い時刻になると若手から代わった手練れの方たちが屋台の上へ周囲へと登場するようです。年齢的にも経験的にも脂がのって堂々とした様子、風格と貫禄にあふれています。

k.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:12

m.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:13

世代から世代へと受け継がれていく伝統行事の素晴らしさを目の当たりにした思いです。

*****************************************

今年は撮影レンズを変えて臨んだktyさんでした。
ボディは昨年と同じCanon EOS 5D Mark Ⅲ、そしてレンズは昨年までの EF70-200mm F2.8L IS II USM から EF16-35mm F4L IS USM へと持ち変えました。
恐れ入ったのは、前もって広角レンズ撮影に最適なポジションの目星をつけていたことです。写真の経験も地元での暮らしも共に長いktyさんならでは!

そこは共同祭事を撮影する絶妙のポイント、少し見下ろす感じになる高いところです。あっちこっち移動して撮影することしか念頭にない撮影者たち(もちろん僕も)は想定しない場所だったのです。

昼過ぎから市内の祭りの様子を見物していた僕は、待ち合せする頃にはすっかり疲労困憊し、ktyさんが撮影に選んだ神社の石柱直下のベンチでしばらく休んでいました。まさか彼がその頭上に陣取ろうとは…w

まつりの最中はそれぞれに被写体を求めて別行動…そして時折出会い、そしてまた別々に…

f_20171108125430556.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:14

l_201711081254391e5.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:15

勇壮な競り合いを堪能させてもらった後(完全に見学者になっていた僕はろくに写真が撮れていません…数だけは下手な鉄砲の通り)、ktyさんと連れだって浅間神社の境内へ。
露店のテーブルについて喉を潤し空腹を満たし、久しぶりの再会に話は尽きません……

そしてようやく腰を上げて祭りの現場へ戻りました。


q_20171108131704994.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:16
露店で過ごす時間がやや長すぎました…

知り合いの地区の第2回目の競り合いには間に合わず、残念なことをしました。
しかしまつりはこの後もまだまだ続きます。屋台に照明がつけられて、昼間にはない別の華やかさに包まれます。

v.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:17
夜空の月が煌々と照らす富士宮の町、まつりはいつ果てるとも知らず、まつりを楽しむ人々も倦むことを知らず、このまま果てしなく続くかのようでした。

やがて時刻は間もなく8時。熱く燃えた本宮の夜でしたが、そろそろ幕を閉じて収めてようという時です。
普段の静かな富士宮の夜へと姿を変えていこうするこの刻、夜の帳に包まれて人通りが徐々に退き、まばらになっていきます。この瞬間は寂しくもあり、周囲の空気が冷え込んでいくような感覚さえ覚えました。

各地区へと戻っていく屋台の後を追いながら、路地から路地へと歩きます。一日歩き続けた疲労と祭りの熱気に当てられた心地よい疲労とを感じながら、風に吹かれてそぞろ歩く心地よい時間でした。
祭りの後の少しの虚脱感と爽やかさと、そんな気分がない交じる不思議な感覚でした。そして疲労の中にもじんわりと湧いてくる静かな充実感。それらが一身に感じられた夜でした。

n_20171108125442b8b.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:18

u.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:19
間もなく本宮を終える祭りの主役たちも満足感で清々しく穏やかな表情、そして屋台の周囲も和やかな雰囲気に包まれていきます。

このときふと思いました…
もしかするとこんな人々の様子が一番撮りたかったのかもしれない…
しかし体力を使い切っていたこの時、撮影のための集中力は完全切れていました。
その前に日中から昨年以上に祭りの雰囲気にのまれ、望遠ズームをつけたカメラは時に無用の長物と化していました。
「身一つで祭りに参加…」が現実味を帯びたこの日でした。

i_2017110812543416d.jpg
2017 秋の例大祭 「富士宮まつり」:20

撮影は言うまでもなく愉しかったですが、年に一度あるかないかの自転車に乗らずにktyさんとともに過ごす時間も実に貴重でした。
富士宮発20:31の列車に合わせて富士宮駅までまつりの余韻に浸りながら夜の散歩を付き合ってくださったktyさんでした。
今年もまつりに誘っていただき、この一日を最後までご一緒できたことに感謝しています。
ありがとうございました。

*****************************************

こうして備忘録を綴りながら改めて今年の写真に目を通し、同時に去年の写真を紐解いています。
反省と後悔が……しかしそれと向き合うのは別の機会にしたいと思います。
今はやはり祭りの余韻に浸りたいと思います。

※掲載した写真とテキストが一致しないものがあると思いますが、いつものことなのでご容赦ください。
※写真はFBにも掲載致しましたので、ご覧になれる方はそちらでお願いいたします。

Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1395-e8b97040

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク