2017/09/14 17:48
大袈裟でした。そんなに大きなことではありません。

2017.09.14

今日のカメラはCanon PowerShot G7X

溜まっていたブログ記事を何とか書き終えた昨日。
日にちが経っている記事は事実に反することや書きそこなったこともあると思いますが、これも通常営業です。突っ込まれる前に…w

一人で自転車で走る今日、やや久し振りです。
自転車はやはり気持ちがいい! テンションも上がります。
今日は「なるしまジャージ」に袖を通して初のお披露目をしに亜煉路館を目指しました。

横浜環状4号線を南下し、長後街道と交わる信号「和泉坂上」を左折すれば亜煉路館はすぐそこ…のはずでした。

その二つ前の信号でスタートするとリアタイヤの様子が変!
なんとパンクでした。

01パンク
久し振りのパンク
このところパンクの神様が降臨しないので油断していました。
しかも今日に限ってスペアタイヤを持っていませんでした。
でもしかし、これを虫の知らせというのでしょうか。
いつもは決して持つことのない「エアゾール式シーラント」と「輪行袋」を用意して家を出ました。

mariposa-e001.jpg
瞬間パンク修理剤 1:エッフェットマリポサ(ネットから拝借)
このシーラント「エッフェットマリポサ」には苦い思い出があります。
「エッフェットマリポサ」が発売されたばかりの頃です。山中湖でスローパンクしたチューブラーで使用したところ、バルブからシーラントのチューブが外れてあたり一面に泡が飛び散り、ほとんどがタイヤの外に漏れました。もちろんジャージもレーパンも泡だらけ…

この時のブログ記事を探したのですが…
「タイヤのトラブルとカフェでの午後のひと時」よりかなり前の記事なので、結局見つかりませんでした。

※もう5年も前のブログ記事にあると教えてくれたトキちゃん!本人が辿りつけなかったのに、侮れません。で、その記事は「山伏峠・富士山ツアー」だそうです。((^^;;

ともかく今回のチューブラーのパンクですが、その時の二の舞を恐れて「亜煉路館」まで押し歩きしました。そこからなら輪行も可能です。

落ち着いて取り組んだおかげで、極細の結束バンドで脱落防止の処置をしてうまく注入できました。しかし結束バンドを切断するための「ミニカッター」を持たず、亜煉路館でハサミをお借りして事なきを得ました。何かしら足りない…

現在も両者が販売されているならば、バルブへチューブを押しかぶせるだけの「エッフェットマリポサ」よりも、ねじ込み式の「HUTCHINSON Fast' air」の方が安心だと思います。

20130328155116.jpg
瞬間パンク修理剤 2:HUTCHINSON Fast' air(ネットから拝借)
でもウチには「エッフェットマリポサ」の在庫がまだ一つあります。

今日亜煉路館にお邪魔したのはちょうど昼時。マスターにはとても忙しい思いをさせてしまいました。暇人は店が空いているときに…ですね。パンクという不測の事態に見舞われたのでご容赦ください。

サンドイッチランチ
亜煉路館 1:サンドイッチ
亜煉路館でサンドイッチランチをいただいて珈琲もお代わりしました。コロンビアが美味しい!

コロンビア
亜煉路館 2:コロンビア
これは飲みやすく実においしくて、お代わりも同じコロンビアにしました。

スズメバチ
亜煉路館 3:スズメバチ(Kさんご提供の写真です)
笑い話にできてよかった事件です。
Kさんが境川CRを走っていたある夜のこと…ダンシングをしてサドルにお尻をつけたとたんに激痛!!
スズメバチが先客としてサドルの上に!
スズメバチも命がけでお尻を刺したわけです。
それにしても痛かったでしょう。圧死してしまったわけですから…あ、違いますね。

瞬間イガイガの植物の実がサドルに落ちていたのかも…と思ったそうですが、その痛さはそれどころではありませんね。
これもケツ圧ですね。最近ケツアツには縁があります。ww
引き返して写真に撮った気持、よくわかります。
ご本人がネタにしないので代理で!ww



今回のブログは「なるしまジャージ」のお披露目もその目的の一つでした。
僕を見るなり、マスターのKさんが「ジャージがまぶしい!」とおっしゃいましたが、"ヤツら"なら、「頭も…以下略w」とか言ったに相違ありません。

なるしまのクラブ員になることは1年前からktyさんとの間で議題wに上っていましたが、ようやく実現しました。
クラブの本拠地から離れていることもあり、そうそう参加はできません。
しかし参加・不参加・途中合流・途中離脱…すべてに強制や義務はなく、それぞれ各自の判断にゆだねられているとのこと。
それが入会の決め手でした。縛られるのが嫌なので一切のクラブから距離を置いていましたが、むしろ入会することで仲のいい友だちと一緒に走れる機会も増えます。

04逆光で
気恥ずかしい自撮り、せめて逆光で!
そして数ある種類のなるしまジャージの中から、いつか袖を通したいと思っていたデザインのジャージを身に着けて走れた今日でした。



一方僕には十数年間かけて互いに大事に育ててきた掛け替えのない仲間がいます。自転車一年生の時から励まし合ったり苦しんだりしながら、数えきれない思い出を作ってきました。
その仲間との両立が果たせないなら新しいクラブへの参加はなかったと思います。
その意味では両者に感謝です。



今年の夏はやや不運な不調にも見舞われましたが、いろいろな事を吹っ切るきっかけになりました。
災いは常に災いであり続けるわけではなく、転じていいことに出会わせてもらえることもあります。

ほんの昨日の夜のことですが、義理の息子(娘の亭主)やその子供たち(孫たち)と一緒に海釣りも愉しませてもらえることになりました。今月中に第1回目のトライアルをし、それ次第ではこれからも続けていかれる趣味になるかもしれません。

人生70年を過ぎて、まだまだ楽しいことが待っていそうな今日この頃です。


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1367-12ca269a

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク