2017/09/11 22:59
2017.09.10

今日のカメラはCanon PowerShot G7X

01トキちゃんとビビさん来た
あさぎりフードパーク 1:修善寺からトキちゃんとビビさん 1
途中で道を間違えて少し遅れて到着したトキちゃんとビビさん。
お互いが会うのを楽しみにしている関係はとても大切です。
決して長い付き合いではないのに「もう10年以上経つみたい!」というビビさんの言葉はみんなの実感でしょう。

02トキちゃんとビビさんが来た
あさぎりフードパーク 2:修善寺からトキちゃんとビビさん 2
ktyさんとトキちゃんは離れ離れの時間が長かったとはいえ、なるしまフレンドで青春時代を燃焼させた二人です。二十数年前からお互いの存在を知っていました。
そんな時代の思い出話をする彼らの表情に接する時、実に羨ましくも自分がやや遅れてきた自転車乗りであることを、少しだけ残念に思います。

トキちゃんは今日JCRCのレースで優勝し、その後ビビさんと西伊豆スカイラインを走る予定でした。ところが表彰式まで散々待たされてその時間が無くなり、朝霧高原へとやってきてくれたのです。何が幸いするかわかりません。

03ビビさん
あさぎりフードパーク 3:「ほろにが乙女の泡い夢」 1
「ほろにが乙女の泡い夢」は初めてのドリンクでした。

04ビビさん
あさぎりフードパーク 4:「ほろにが乙女の泡い夢」 2
この名称:ほろにが乙女の泡い夢が似合うのは唯一ビビさんだけ。他のおじさんやおじいさんにはミスマッチですね。
みんなktyさんプレゼンツの柑橘系のおいしい炭酸を楽しませてもらいました。ごちそうさまでした。

05優勝の戦利品
あさぎりフードパーク 5:優勝賞品のブドウ
トキちゃんプレゼンツの優勝賞品のブドウをいただきました。自走で帰る人には困った賞品だと笑い合いました。
ほろにが乙女の泡い夢で乾杯しましたっけ?!
ktyさんと僕はお二人が来る前に飲み終わってましたネ。

06フードパーク食事
あさぎりフードパーク 6:わんぱくセットをシェア
バターチキンカレー、モッツァレラピッツァ、じゃがバターのわんぱくセットをシェアする二人!
さっきまでの蒸し暑さはどこへ…さすがに標高900mの朝霧高原、じっと座っていると吹きすぎていく風がむしろ涼しすぎるほど。やや肌寒でした。

再会が嬉しくて話は尽きません。
面白おかしく話をするktyさん、大笑いしながらも愉しい時間はあっという間に過ぎていきます。

07チェーン落ち
あさぎりフードパーク 7:チェーン落ち
ミルクランドまでトキちゃんとビビさんが付き合って走ってくれることになりました。
ここでチェーンを脱落させたトキちゃん。

08スタート
あさぎりフードパーク 8:出発
さて出発!

09_20170911232131fc1.jpg
朝霧高原サイクリング1
ktyさんが先頭で絶景ポイントを案内しながら前を牽いてくれるのはいつもの通り。
僕は一応背後からビビさんを護ります…そのつもりです。

10_20170911232133d7a.jpg
朝霧高原サイクリング2
毛無山のこの光景が好きです。走りながらシャッターを切りました。
ktyさんによれば毛無山に連なる山は雨ヶ岳というそうです。道理でよく雲が湧いているわけです。そのお陰で暮れ方には天使の階段が楽しめるわけです。

11_20170911232134e37.jpg
朝霧高原サイクリング3
トキちゃんはいつものように前になり後になりしながらカメラマンの役を果たします。
振り向きざまに撮る写真にちゃんと水平が出ているのは感心させられます。しかも今日はスマホ!自転車の操り方の次元が違います。
ktyさんは慎重だから振り向いて撮影はしませんが、その長い自転車歴が自転車の扱いからも見て取れます。

書道をする人の筆使い、職人さんの道具を扱う美しさ、勉強ができる人の鉛筆の扱い、根本はみな同じです。
最後はちょっと違うか。ww

13_20170911232137adf.jpg
朝霧高原サイクリング4
牧草地の向うに富士山が見えないのは致し方ありません。トキちゃんが修善寺からこちらに来ると伝えてきた瞬間からず~っと雲の中です。

14_20170911232139979.jpg
朝霧高原サイクリング5
遥か彼方で豆粒になるトキちゃんは追いすがる我々の写真を止まって前から撮ってくれます。
この場面でもそうですがktyさんの牽きは実に気持がよく、背中が広いのも風よけとして秀逸なのですが、サイクリングを楽しむのに最適なペース運びです。

15_201709112321409a4.jpg
朝霧高原サイクリング6
いぇ~い! 自転車が本当に好きなトキちゃん。一緒に走るときは笑顔が絶えません。

16_201709112321428b6.jpg
朝霧高原サイクリング7
毛無山も今日はそろそろ見納めです。それにしてもすぐだと言ったのにミルクランドが遠い!
かなり下ってきたので帰りがちょっぴり不安なビビさんでした。わかります。

17陣馬の滝へ
陣馬の滝へ
陣馬の滝を訪ねたことがないお二人を案内して遠回りをしたktyさんでした。
ここを左折すると東海道自然遊歩道へ、そこを突っ切ってどんどん進めば毛無山への激坂が待っているそうです。あれ、違ったかな…
間もなく今朝走った東海道自然遊歩道にぶつかり、そこを左折すれば陣馬の滝へと向かいます。
この説明が正しいかどうかはやや自信がありません。

18a陣馬の滝
陣馬の滝 1
日暮れが近いので人の数は減りました。今朝とは異なる雰囲気です。
トキちゃんが滝つぼへと降りていくので、他の大人たちは飛び込むんじゃないかと心配で後に続きます。w

19陣馬の滝
陣馬の滝 2
はい、ツーショットの記念撮影です。

20陣馬の滝1
陣馬の滝 3
この写真の三者三様の表情がおかしい。
スマートに撮らないのがやや不満なktyさん(それは土台無理なのですがw)、滝に集中するビビさん、訳の分からない表情の僕…

21陣馬の滝
陣馬の滝 4
時間も押しているのでそろそろ退散します。笑顔!

22陣馬の滝
陣馬の滝 5
トキちゃんを見守るビビさん!

23陣馬の滝2
陣馬の滝 6
そんな二人を並んで撮影するktyさんと僕。

24aミルクランド
ミルクランド 1
次のミルクランドでトキちゃんビビさんとはお別れです。
次々クルマが繋がってくるのでなかなかミルクランドへ入れません。ここでも笑顔!
※ここはミルクランドの入り口ではありませんでした。ミルクランドへアクセスするための右折だそうです。

24ミルクランド
ミルクランド 2
ktyさんと僕はお二人に見送られて富士宮へと下ります。またね~と後姿であいさつ。

25再びあさぎりフードパークへ1
再びあさぎりフードパークに向かう二人 1
このあとトキちゃんたちは、ktyさんの息子のカズくんと走った朝霧高原への道でフードパークの駐車場へと戻ります。
ちゃんとサクラ通りを左折していくようです。記憶力と方向感覚だけは優れているトキちゃんです。

26再びあさぎりフードパークへ2
再びあさぎりフードパークに向かう二人 2
この道をまっすぐ進めば…

僕たちは富士宮へと下り、kty家でシャワーを浴びさせてもらい、上だけでもとktyさんのLサイズのTシャツを奥様が貸してくださいました。そして足元はカズくんのブルーのクロックス、そしてビブショーツ!なかなかイケてる扮装でした。ww

27蒲原館
「蒲原館」 1
そしてクルマで蒲原の食堂「蒲原館」で晩ご飯をいただきました。両手に孫!w
ここはどれを食べても外れがないとktyさんが言う通りです。一人で旧東海道を歩いた時もここに立ち寄りました。
今日で通算三回目、醤油、塩、味噌、どれもうまい!

28蒲原館
「蒲原館 2
向かい側で並んで食べるktyさんご夫妻!
我が家の子供や孫との食事は我が家のダイニングが圧倒的に多いので、新鮮です。
今日は晩ご飯もごちそうになりました。ありがとうございました。

このあとkty家恒例の毎月第二日曜日の食材の仕入れにもお供しました。すごい量! しかもその家の食生活がわかって面白い。
それにしても安くて品物豊富!食材の値段を知っている僕にはやや驚きでした。
わざわざ買い出しに来たいくらい。ww

買い物の後は途切れることのない会話を愉しみつつ、お子さんの話にも相槌を打ちつつ、家族総出でクルマで新富士駅まで送っていただきました。

前日のkudouさんとのウォーミングアップライド、そしてこの日のアップダウンを織り交ぜた本格的なライド!
これで明日からこれまでの自分に戻れます。よき自転車友だちに感謝です。

今日は朝から晩まで12時間もお付き合いいただいたktyさん、最後に楽しませてくださった奥様とお子さんたち、そして修善寺から駆けつけてくれたトキちゃんとビビさんにも感謝の一日でした。
次の再会が楽しみです。ありがとうございました。

ちょうど入力し終わった時、階下からかみさんが「虹が出てるわよ!」というので急いでカメラとレンズの用意をしましたが…時すでに遅し! 虹は凝視しなければ見えないほどに薄らいでしまいました。
かみさん曰く、「こういう日の夕暮れ時はきっと空が美しいのよ。こんな日に海辺にいたらいいだろうな~と思って外を見たら虹が出てたのよ!」
ダテに撮影会に行ってるわけではなさそう…僕は何も気づかずにパソコンに向かっていました。


やっぱり写真の説明が誤っていました。
気をつけていたので自信満々だったのに(´;ω;`)ウゥゥ 
以下のように間違いを教えていただきました。
それを踏まえて今一度ご覧ください。
東海自然歩道のくだりは、正確には以下のようになります。
「猪之頭にて湯之奥林道へと折れて進むと、東海自然歩道と交差するので左に折れ進むと陣馬の滝です」
あと、ミルクランドに入るとされている写真は国道139号から猪之頭へと入る場所ですね。(^^)
それらを踏まえても上出来です!

ktyさん、いつもありがとうございます。しかし最後の一文は喜んでいいのか……((^^;;
何度案内していただいてもわかっておりません。どうか見捨てないで、何度でも繰り返し教えてください。m(._.)m

『前編』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

2 Comments

  • びび 

  • デローザさん!
    久しぶりのADTwithB集結!トーク!嬉しかったです!!
    朝霧高原で、着いて早々にたらふく頂き大満足!
    ミルクランドまで、かなり下ったので、不安だけは残りましたが、何とか戻ることが出来ました!!
    わき水!最高でしたー!

    朝霧高原に戻ってから牛乳やらクッキーやらを買っていると、スタッフの方に「あれ?戻って来たのですね!」と声をかけて頂きました。

    やはり、走るにも食事を頂くにも最高の場所ですね!
    また近いうちに集結願います!!

    今回も待っていてくださりありがとうございました!
  • 2017/09/13 09:29 | URL 
  • shimagnolo 

  • ビビさん、こんにちは
    お互いに離れたところに住んでいるのだからそうそう集まれないのはわかっているのですが、次はいつだろう…と楽しみにしてしまいます。それでも僕は富士宮に出かけてはktyさんと走り、神奈川ではトキちゃんビビさんにお誘いいただいて逗子~北鎌倉あたりを走ることができます。でも4人揃うからこそ、朝霧高原だからこそ愉しい時間が共有できるのですね。そもそも初めて一緒に走ったのが、道の駅すばしり~籠坂峠…県道71号~大室山西展望台~富士ケ嶺~朝霧高原のコースでしたからね。
    あれからまだ2年も経たないなんて…なんだか感慨無量です。今では僕もあさぎりフードパークのスタッフさんと顔なじみになっています。ww
    トキちゃんは沖縄を目標にしばらくは本気で走るのでしょうから、残る3人でまとまって足手まといになってやりましょうか。ww
    沖縄後に2周年ライドで集まれるといいですね。
    わざわざ修善寺からきてくれて、本当にうれしかったですよ。待つくらいなんでもありません。
  • 2017/09/13 13:46 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1365-9db031c9

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク