2017/08/13 19:33
2017.08.13

今日のカメラとレンズはX-T2 + XF56mmF1.2 R APD

このところ家にいることが多い日々…でもないですが、久し振りに北鎌倉へ出かけました。暑いので電車で!

北鎌倉駅から石かわ珈琲へ行く道すがら、写真を撮りながらのんびりと歩きました。

01石かわ珈琲
石かわ珈琲へ 1:看板
明月院入り口のそばの電柱に掲げてある石かわ珈琲の看板ですが、お店が混雑するアジサイの時期は外してしまいます。なんだか商売人らしくないお人柄を感じます。

02石かわ珈琲へ
石かわ珈琲へ 2
途中にまだ現役の手押しポンプがあります。保存状態が素晴らしい。
僕が子供のころはこれが当たり前の水くみ用具でした。
水が落ちきってしまうと呼び水を差す、子供でも知っていました。しかし今は何の用具かさえ知らない子供もいます。

03石かわ珈琲へ
石かわ珈琲へ 3
こんな水路があちこちにある北鎌倉です。敢えて有名寺社を訪れなくても、散策路には事欠きません。

04石かわ珈琲
石かわ珈琲 1:長い階段
僕の前を歩いていたカップルも石かわ珈琲へ…席がありますように!
もちろん僕の席がです。w

05石かわ珈琲IS
石かわ珈琲 2:ISさん
いつもの隅っこが空いていました。
ここしばらく珈琲を飲んでいなかったのでいつも以上においしい。
珈琲をドリップするISさんをパチリ!

06石かわ珈琲K
石かわ珈琲 3:Kさん
レジでお客様に珈琲豆を渡すKさん。暑いので珍しく髪をまとめています。
いや石かわ珈琲の店内は秋のように爽やかでした。
「なんだか季節が過ぎるのが早くてさびしいですね」とKさん。ほんとにそうですね。

07石かわ珈琲パフェとコスタリカ - コピー
石かわ珈琲 4:パフェとコスタリカ
今日はおすすめのコスタリカとコーヒーゼリーパフェ。この写真のみ、XF23mmF1.4 Rで撮影しました。
「やっぱりおいしい!」と言うと、「久しぶりだから余計にですね」とISさん。確かに!

08帰り道ピンクの芙蓉 - コピー
帰り道 1
混んで順番待ちのお客さんが出る前に豆をいただいてお店を辞すことにしました。
外へ出ると4人のお客さんが階段を上がってきました。いいタイミングでした。

珈琲をいただいた後は北鎌倉で撮影を楽しむつもりでしたが、外は日差しが強くやや暑いので撮影は駅への道すがらにとどめました。

09帰り道瀬戸のカタツムリ
帰り道 2
塀の上に飾られた陶のカタツムリ。何度も通いなれた道なのに、はじめて気づきました。

10帰り道紺色の実
帰り道 3
これは何の実でしょうか。普通よりはるかに植物に疎いので知りません。

11帰り道赤い葉
帰り道 4
まだしばらく先のはずの秋を、しかも小さな秋を見つけました。

12帰り道白の芙蓉
帰り道 5
今の季節は花が少ないからか、芙蓉の花が目立ちます。
芙蓉はアオイ科の花とありますが、ハイビスカスとも近いようです。言われてみれば似ています。

13帰り道門の飾り
帰り道 6
この手作り風の飾りは以前にも撮らせていただいたことがあります。透明感のあるガラス玉と錆びた鉄の感じが好きです。

14帰り道門ノウゼンカズラ
帰り道 7
そしてノウゼンカズラ。数少ない知っている花の名なので、敢えて名前を…。w

15帰り道門円覚寺
帰り道 8
北鎌倉駅前の円覚寺総門への階段は両側を彩る立派な楓とともに目を惹く光景です。

16帰り道横須賀線車内から
帰り道 9
お盆のこの時期、身近な方のお墓参りに訪れた様子のおばあちゃん。電車を待つ間お隣に座らせていただきましたが、バッグからお線香の束が覗いていました。
お疲れの様子でしたが、それで電車を1台見送ったのか、あるいは北鎌倉駅でどなたかとの待ち合せだったのかもしれません。
ドアが閉じる寸前に横須賀線車内から撮らせていただきました。

17帰り道読書する少年
帰り道 10:読書する少年
大船、藤沢と乗り継いで小田急江の島線の車内。
高校生くらいの少年でしょうか。落ち着いた面差しからすると思ったよりも上、青年時代に足を踏み入れようかという時かもしれません。どちらにせよ、いろいろな意味で多感な年ごろです。

空いた席に座らずに立ったまま、たくさんの付箋を貼りながら、実に真剣な眼差しを本に落とす様子。大変聡明そうな顔立ちで、昭和の面影も感じられる少年、いや青年かもしれません。
なぜか何を読んでいるのか気になって仕方ありませんでした。

最後の乗換駅でケンタッキー・フライド・チキンに寄りました。ときどき無性に食べたくなります。
映画「ミッドナイトラン」で刑事役のデ・ニーロが容疑者を連行する列車内で食べていた一場面があったような…。
映画そのものが実に面白かったので、記憶に自信のない僕が覚えているのかもしれません。もしかすると記憶違いかもしれませんが。
連行する容疑者から、「フライドチキンをあんまり食べると体に良くない」と言われると、「大きなお世話だ!」とやり返す場面があったような記憶があります。
その容疑者はアウトローではなく善良そうな弁護士で、最後は罪に問われなかったような……記憶違いか。ww

このケンタッキーで面白い親子連れの隣の席になりました。
やや不思議な感じがしたのは…

先に席を取って奥さんと子供を待っていた方はいかにも韓国人の雰囲気の男性でした。
奥さんが赤ちゃんをベビーカーに乗せて現れるとご主人らしき方が席を立って注文に行きました。
赤ちゃんに話しかける奥さんらしい方は普通に日本語を話していました。日本人と韓国の方は似てるからただの勘違いだと一旦は思いなおしました。

やがてトレイを手に戻ってきたご主人。ここからが面白かったのですが…

ご主人は韓国語で、奥さんは日本語で会話を始めたのです。どちらも耳では相手の言語が理解でき、スムーズに進行していきます。ところがお二人ともしゃべる方はまだらしく、簡単な返答のみ相手の国の言語です。傍で聞いているとカオス状態です。ww
それでも絶え間なく進んでゆく不思議な会話に耳をそばだてながら、健康に良くないフライドチキンを食べたのでした。

18帰り道ブラスアンサンブル
帰り道 11:ブラスアンサンブル
自宅のある駅前でブラスのアンサンブルが演奏していました。
最後の曲「ごんべさんの赤ちゃんが風邪ひいた」を聞かせていただきました。

動物も植物も昆虫も自然の風景や美術も興味を惹きますが、到底人に及ぶものではありません。好きな友人知人はもちろんのことゆくりなく出遭う巷の人も。

今日は石かわ珈琲で愉しいおしゃべりのひと時、そして道中いろいろな方の様子を拝見して実にいい一日でした!


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1351-83caee3e

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク