2017/06/22 15:08
2017.06.20

今日の機材はX-T10 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OISです。

実質自転車で走ったのは箱根湯本から国道1号線の最高地点まで。つまりあまり好きでもない上りだけでした。後はおまけのように惰性で下っただけで、サイクリングとも言えないサイクリングでした。
しかし山小屋にお邪魔するのが目的だったので、今回はそれが果たせたことで良しとします。

41山小屋
山小屋
事前に在宅の有無を確認しない突撃訪問でしたが、オーナーのクルマが停まっているのでいらっしゃるようです。
門の脇の訪問をお知らせする鐘の隣にはアジサイの原種のコアジサイが花の盛りを迎えています。
※確かそう教えていただいた気がしますが、昨年のことなので記憶が定かではありません。いえね、昨日のことだって怪しまれている最近ですからあてになりません。

42山小屋
山小屋
いつものテラスからの風景ですが、今年も山桜の花に出会えませんでした。でも毎年春になって「今年こそ!」と思えるものがあるのも悪くありません。あながち負け惜しみでもなく、そういうものがあるからこそその季節の到来が楽しみであるのも事実です。
来年こそ!ww

43山小屋
山小屋
先ほどまで先客がいらっしゃったようですが、お邪魔したときには僕一人。珈琲とケーキをいただきながら高知県への旅のお話を聞かせていただきました。そう言えば前回お邪魔したときに高知への旅を楽しみにしていらっしゃいました。
1年前にはスペインへの旅にお出かけになって、その後写真を楽しませてていただきました。

44山小屋
山小屋
薪ストーブに火が入っているのはまだ経験がないと言うと、梅雨寒のころにもストーブを焚くことがあるとか。さすがは箱根の山です。ちょっと肌寒い時にはストーブだと温まりすぎる上にすぐに消せないので、石油ストーブで部屋を暖めてお客さんを迎えるのだという。

やがて顔見知りのご婦人がいらっしゃいました。僕の自転車置き去りのブログ記事をご覧いただいていた方だと思います。
鎌倉のカフェのお話もその時にした記憶があります。お会いするのは三回目かもしれません。初めての時は読書をなさっているのに大きな声で話をしてお邪魔をしてしまいました。
お話をしていると過ぎた時に出会った場面が次々思い出されます。

やがてその女性と同い年の知り合いの女性がおいでになってさらに賑やかになりました。
どなたもお客さんと言う雰囲気ではなく、知り合いの家にひょっこりやってきたという気軽さです。僕でさえそんな気持ちにさせてもらえるのはオーナーの人柄と山小屋の持つ雰囲気故でしょう。

45山小屋ヤマボウシ
山小屋
結局山小屋を最後に辞したのは僕でした。庭までお見送りくださって(いつものことです)、大事にしている植物の説明をしてくださいました。説明し甲斐の無い忘れん坊で申し訳ありません。
これはまさに今花が咲いている(ただし葉の上に上向きに咲くので下からはうかがえません)ミズキ科のヤマボウシだと教えてくださいました。山小屋では山桜に次いで好きな木かもしれません。

46お玉が池
お玉が池
山小屋から短く緩い上りの先にあるお玉が池。
関所破りの罪で打ち首獄門になった少女お玉の伝説とともに心霊スポットにもなっているようですが、いつ来ても人の気配がない静かな池です。

47天山湯治郷
天山湯治郷
今日はなんとしても温泉に浸かるつもりで、山小屋を辞した後は一気に下ってきました。ワイヤ錠もタオルも忘れることなく抜かりのないこの日でした。

48天山湯治郷
天山湯治郷
隣り合う「湯屋一休」にするかどうか一瞬迷いましたが、結局天山に!
自転車は駐車場の階段の手すりにつなぎましたが、人の目がないので盗まれない保証はありません。

温泉でゆっくりと疲れをほぐして、一人の割には長湯をしました。やはりサイクリングのおしまいにお風呂に入れるのは極楽と言うほかありません。
この季節なら湯冷めの心配もなく、下りだから汗をかく気づかいもありません。

49小田原城アジサイ
小田原城アジサイ
既に花ショウブは終わり、アジサイ祭りも18日で終了したので日が落ちてもライトアップはありません。しかしそのお陰で人出はめっきり減って、ゆっくり散策ができました。

50小田原城アジサイ
小田原城アジサイ
ショウブが終わってしまったのがやや残念ではありましたが、お城の一角にショウブ田と崖を覆うように咲くアジサイは見事です。

51小田原城アジサイ
小田原城アジサイ
これは好きなアジサイです。スミダノハナビだったでしょうか…

52小田原城アジサイ
小田原城アジサイ
様々な種類と色のアジサイが混在していましたが、日本の梅雨に似合うのは青系や白系だと信じています。ハイドランジアのような鮮やかすぎるアジサイにはどうも親しみが持てません。

53小田原城アジサイ
小田原城アジサイ
変わった花の様子にシャッターを切りました。一口にアジサイと言っても色も形も様々です。

54小田原おでん
夜の小田原の街
小田原駅からほど近い路地裏に「小田原おでん」がありました。
三島で撮影を楽しみし、湯本の「箱根湯寮」で温泉に浸かり、最後に「小田原おでん本店」でおいしいおでんをいただいた、Mさん&ようさんとの一日を思い出しました。

55ダンスショップ
夜の小田原の街
早朝から開いていたダンスショップ、夜はやはりシャッターを下ろすようです。

疲労感との闘いのような何とも言えないサイクリングと撮影の一日になりましたが、過ぎてみればやっぱり出かけてきたよかった一日でした。

『その1』に戻る←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1333-652f2f0b

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク