2017/05/12 00:17
2017.05.11

FBからの過去の記事のお知らせによると、どうもこの季節のサイクリングでは風にやられているようです。季節的に仕方ないのでしょうか。

巨大扇風機で風を送るつけるトキちゃんやそれを陰で操るktyさんも、昨年のこのころはずいぶんと親切で優しいコメントをくれていたようです。

ま、時移れば人の心も変わる…のです。(笑)

今回は東武日光から走り始めて奥日光、山王峠を経て川俣湖・瀬戸合狭…と走る予定でした。しばらく前に日光ツーリングを友だちにも打診していたのですがお忙しい様子、今回も一人で撮影を楽しみながらのツーリングとなりました。

01新しい東武の特急
新しい東武の特急
今回は浅草経由で東武日光の特急に乗車します。新しく追加された特急車両です。確かにピカピカですが、新幹線に乗り慣れた身には揺れの激しさを感じます。
そんなにか!と言うほどではないのですが、下手なスマホの入力が一層下手になって間違える程度に揺れます。しかし新幹線に比べれが運賃は格安です。

02東武日光駅
東武日光駅
東武日光駅から輪行する方がもう一人。やや離れた場所で支度をしていたのでお声は掛けず仕舞いになりました。
青空が覗き、風もない穏やかな春の朝です。明け方まで雨が残るかもしれないという昨夜の予報でしたが、辺りにはその痕跡もありません。

しかしなぜか脚が重い今日…。磐梯吾妻スカイラインの疲労が残っているのでしょうか。強風下で自転車を押しながらロードシューズで歩いた5㎞あまりの道のりが堪えていたのかもしれません。

神橋を眺め、東照宮の杉の巨木を見上げながら勾配のある道をゆっくりと上っていきました。
空には雲が広がってきましたが、まさか降りはしないだろうと油断していたこの時でした。

ところが空模様がますます怪しくなってきました。進むか退くか微妙な心境になり、いつもの日光田母沢御用邸記念公園へ立ち寄って様子見をすることにしました。
03日光田母沢御用邸記念公園
日光田母沢御用邸記念公園
奇麗に手入れをされた庭に効果的に配置されたツツジやシャクナゲが咲いています。

04日光田母沢御用邸記念公園
日光田母沢御用邸記念公園
そしてヤマブキの黄色(山吹色?)も鮮やかです。
いつ訪れてもしっとりと落ち着いて爽やかな感じがするお庭、そして伝統と格式のある趣ある建物…

あれっ!ついに落ちてきました。ポツポツ…弱い風もざわざわと吹いてきました。
その後風はいったん止んだのですが、雨粒は数を増してきました。
天気予報によれば…なんて磐梯吾妻スカイラインでもおんなじこと考えてましたが、あの結果!

しかしここはまだ危険がない日光市街のはずれです。日光田母沢御用邸記念公園のすぐ近くの釈迦堂にも足を向けてみました。
05釈迦堂
釈迦堂
やや荒れたままになっている「釈迦堂」。世界遺産になっているほかの寺社が余りにも絢爛豪華なので一層その感を強くします。昨年、夕暮れ時に訪れて気に入ったさして広くはない境内を歩きました。もちろん他に訪れる人もありません。

06名もない社
小さな社
そしてその隣にある名もない社。
人気ランキングの上位に並ぶ名所旧跡はさすがにその価値を備えていますが、名もなく忘れ去られてひっそりと佇む姿も捨てがいたものですね。

雨やみを待つつもりでブラブラしていましたが、晴れる気配はなく、山の上には黒い雲が広がってきました。

「羹に懲りてなますを吹く」…この時に脳裏に

磐梯吾妻スカイラインほどではないにせよ、今日のコース上にある山王峠や瀬戸合狭で強風に晒されたら二の舞になりかねません。クマやサルに襲われることはあっても、手を差し伸べてくれる救いの神が現れてくれる可能性はありません。
特に山王峠では気候の異変に出会って、当たると痛いほどの雹に降られたこともありました。しかも駅や街へのアクセスがない点も磐梯吾妻スカイラインに引けを取りません。

*****************************************

ここは一旦おとなしく引き下がることに決めました。
こんな時でなければゆっくり立ち寄れない東照宮、観光客や修学旅行の小学生に交じって拝観しました。
そういえば、小学校の修学旅行は日光でした。半世紀をとうに過ぎた昔の話です。

東照宮は日本一有名な観光名所と言っても過言ではなく、訪れたことがない人でも画像や映像で目にしない人はないところ。
多くのカメラマンが素晴らしい写真や映像を残しているので、正面から撮影する気になれず、「ここはどこでしょう?」みたいなショットばかりになりました。

07日光東照宮
日光東照宮

08日光東照宮
日光東照宮

09日光東照宮
日光東照宮

10日光東照宮
日光東照宮

11日光東照宮
日光東照宮

12日光東照宮
日光東照宮

13日光東照宮
日光東照宮

14日光東照宮
日光東照宮

15日光東照宮
日光東照宮

16日光東照宮
日光東照宮

17日光東照宮
日光東照宮

18日光東照宮
日光東照宮

19日光東照宮
日光東照宮

東照宮を楽しんでいるうちに雨は極小降りになり、自転車で走るのに問題ありません。しかし東照宮で時間を消費しすぎて、当初のルートを走る時間は残されていません。
さてどうしよう…このままむざむざとは帰れません。代替ルートを考えながら駐輪場へと向かいました。


『その2』に続く←ここをクリックしてお進みください


Twitter : @pa_hoehoe

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment













 管理者にだけ表示

Trackback

http://biciclette.blog.fc2.com/tb.php/1307-b0c27cea

プロフィール

shimagnolo

Author:shimagnolo
2017年、ついに迎えてしまった"古希"
年々の衰えと戦いつつも、ロードレーサーでのつながりを機に写真の世界にもデビューさせてもらいました。六十の手習いをはるかに凌ぐ超遅咲き!
様々な面でペースを合わせて年齢差を埋めてくれる若い友だちに感謝しつつ、今しばらくご一緒させていただきたいと思う日々です。

My Blog Photo

Calendar 1.1

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最近の記事+コメント

訪問者数

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


40代のロードバイク日記(今年50になりましたがタイトルこのまま)

サイクリングの記録(東京多摩から)

モーツァルトな走りで

趣味悠々

そーめぐのブログ

最新トラックバック

pictlayer

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク